05月 « 2019年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

後退を失くさないと前に進めない

2019年 05月01日 00:00 (水)

どうも!まさんです!

久々の『持論』記事!
最近、特に大事だと思うことを書きたいと思います。

タイトル通りの言葉を、僕は持論として持っています。
後退を失くさないと前に進めない

言い方を変えると、
「1歩進んで1歩下がると、結果はゼロ」だと思ってるってことです。


『後退を失くす』とは

例えばかっこいいカラダになりたくて、
めちゃくちゃ筋トレやランニングがんばってるのに
毎日好きなだけジャンクフードを食べていたら
目標を達成できるわけないですよね。

好きなだけジャンクフードを食べる『後退』を失くさないと、前には進めないわけです。

適切な努力をして前に進んでいるのに、後退している状態になります。
凄まじい努力をしていても、3歩進んで2,3歩下がっている。
後退があると、得られる結果はゼロに近づきます。

上記は極端な例ですが、見えづらい『後退』の例もあると思っています。

・ミスしたことをメモしたり等、対策をしない(同じミスを繰り返すリスクが高まる)
・さっき見たばかりのTwitterを無意識に開く(時間浪費)、
・寝る前にスマホを開く(睡眠の質、明日のパフォーマンス低下) などなど

1日を振り返ってみると自分を後退させてしまう要素はたくさんあります。

外部からの後退要員もあります。
ここの処理が1番難しい。

・行きたくもない会社の飲み会
・悪口が多い人や明らかに波長が合わない人
・好きでも嫌いでもないコミュニティの高頻度な誘い…などなど

これには一線引いて距離を置くか、完全に切ったほうが楽になります。

関係を切り離して、はじめて自分が消耗していたことに
気付くというケースが、ここ数年でいくつもありました。

イマイチ波長が合わない何かのコミュニティを抜けたり、
無理して付き合っていた誰かと縁を切ることで、
また新たな縁が生まれることだってあります。


目標、やりたいことがあるなら、
まずそれに対しての後退要員を洗い出して、
極力そぎ落としていくべきだと思います。


前進は困難、後退は簡単

ダイエットを例に話をしますと、僕の場合、
10kg痩せるのはめちゃくちゃ大変ですが、
10kg太るのはポテトにタルタルかけて食べまくればいいだけなので余裕です。

・1年禁煙したのに、付き合いで1回吸ったら、そこからまた吸い始めてしまった。
・資格試験の前日にあった飲み会を断れず、二日酔いで試験に臨んで落ちてしまった。

・・・というように一気に後退することはめちゃくちゃ容易です。

逆に、一気に前進することは、ほとんどの物事で不可能だと思います。
だからこそ一気に後退することだけは回避しなければなりません。

これは前進するための正しい方法なのかは分かりませんが、
僕はメンタルが激弱で、心が折れたら暴走することを自覚しているので、
減量時に時間制限付きのチートデイを設けて、減量を諦めてドカ食い・・・
という最悪な状況を回避するようにしています。


人生に無駄なことはない?

さっき言ったことに反する『人生に無駄はない』って言葉は、
何かを成し遂げた後に、言うことなんじゃないかなと思います。

・たくさん失敗したけど後悔はない
・努力は裏切らない
・すべてに意味があった

上記のようなポジティブな言葉も同様です。

いきなり成功するのは稀な例だと思いますし、
失敗しまくって、その度に修正して、再挑戦した先に何かを得たので、
その結果、「人生に無駄なことはない」と言えるんだと思います。

どんなことがあっても『それはそれで良かった』みたいなことは、
老後に言えたらいいかなって考えでいます。


まとめ

僕が最近気付いたこと、そして言いたいことは、
『良い習慣を持っていて、正しい努力をしていても
自分を後退させるものがあったらほとんど前には進めない』ということです。


今回のテーマはちょっと考えれば、当たり前な内容だと思いますが、
僕は25歳になるまで意識できていなかったことなので記事にしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント