08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow 総評

2019年 02月04日 00:00 (月)

はいこんにちは~!まさんです。

タイトルの通り、公開されてからちょうど1ヶ月のこの作品。
ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow
自分なりの総評をまとめようと思います。

正直に言うと良かった点、気になった点も多い映画でした。

あくまで個人の意見なので沼津の海ぐらい広き心で読んでいただけると嬉しいです。

▼良かった点

沼津愛を感じる映画だった

 映画がはじまって僅か7分程度の間に、新しい聖地やこれまで作中で登場した聖地で
 Aqoursが、スクールアイドルが歌い踊る。

 映画は沼津の「場所」だけでなく、松月の店主さんや淡島の従業員さん等
 沼津の「人」も登場していたのがとても印象的でしたね。

 沼津への感謝と、これからも沼津をよろしくお願いします!という
 作り手の熱い想いをOver the Rainbowから感じました。

綺麗に締めてくれた

 今後のAqoursや理亞ちゃんについての未来をしっかり描いて
 アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』を綺麗に締めてくれました。

 2期の締め方が完璧で、蛇足にならないかという不安も
 ほんの少しだけあったのですが、映画も後味の良いグランドフィナーレでした。

曲が抜群によい

 これは僕の好みの問題ですが、映画曲はどれも抜群に良かったです。
 ライブ現地行きたい欲が今までで1,2を争うレベルまでに上がってます。

 映画は凄い曲が生まれるだろうという大きな期待があったのですが
 その期待を遥かに超える曲が生まれてくれました。

月ちゃんが抜群によい

 めちゃくちゃタイプです(誰得情報

 かっこいい私服を見た後、可憐な制服姿を見て
 劇場でドキッとしたのはきっと僕だけじゃない。

 決勝戦の中継やイタリアナビ、スクールアイドル部の紹介時間確保など
 影でめちゃくちゃ頑張ってる月ちゃんこそが、この映画のMVPなのかもしれない。

もうひとつのラブライブ決勝戦が凄かった

 凄かった!!!(語彙終

 初見時のあの衝撃を説明できる気がしませんw
 どうか劇場で初見を迎えてほしいです。

 このシーンを見て「絶対に5th行こう!」って気持ちになりました。
 5thは本当にあの衣装でやるのか・・・ごきゅり・・・。

 Brightest Melodyに関してはフル次第でラブライブ!サンシャイン!!楽曲の中で
 1番好きな曲になるまであります。それぐらい衝撃でした。

▼気になった点

盛り上がりどころ、インパクトはSaint Snowが持っていった感があった

 僕はユニットではSaint Snow推しなのでとてもありがたいことなのですが、
 走る理亞ちゃん、もうひとつの決勝戦シーンのSaint Snowが
 映画の盛り上がりどころ、ピークを持っていった感じは否めなかったです。

 Saint Snowの掘り下げは丁寧、Aqoursのストーリーは駆け足って印象を受けました。
 駆け足ってことについては下記で触れます。

展開が早足な印象を受けた

 どこかでOver the Rainbowはラブライブ!サンシャイン!!3期のダイジェストという
 つぶやきを見かけたのですが、僕はすごく腑に落ちました。

 Next SPARKLING!!の間に流れる僅かなカットや、イタリア関係の話全般、
 マリーマザーへの説得のあっさり感等、尺が足りていないのは明らかです。

Next SPARKLING!!の見せ方

 気になった点で一番言いたいことです。
 ここに関しての意見をあまり見ないので気になった人は少ないのかも・・・?

 まずアニメとして最後の曲になるかもしれない重要なポジションの楽曲を
 Next SPARKLING!!にしたのはAqoursらしくてすごく良いと思いました。
 明日は今日より夢に近いはずだよってフレーズは相当、胸に響きましたね・・・。
 何度もリピートしてる大好きな曲です。

 でもこの曲は6人の『はじまりの歌』に徹してほしかったのが本音です。

 1番は新しいAqours6人の『はじまりの歌』を沼津特設ステージで歌い、
 2番は実際には存在しないであろう心象風景のステージに変わり、
 9人のAqoursはずっと繋がっていることを9人で歌う。

 9人はずっと繋がっていることや想いは消えないということは
 これまでの曲、特に最後に9人で歌った曲『Brightest Melody』から強く感じたので、
 『Next SPARKLING!!』は新しいAqoursの始まりの曲に徹して映画の〆を迎えたほうが
 ストーリーの辻褄があっているし、感動はより大きかったと思います。

 3年生が新しいAqoursを見守ることに徹するシーンをあそこまで作中盛り込んだなら、
 6人のAqoursのNext SPARKLING!!を3年生が最後まで見届けてそれぞれの道へ・・・
 という締め方のほうが良いのでは・・・と感じました。

▼まとめ(やや脱線

いろいろ言いましたが、僕はこの映画が大好きです。

観終わった後『よっしゃ頑張ろう!』って気持ちになれます。
もちろんAqoursをこれからも応援していきます。

ラブライブ!は有限の時間の中、精一杯輝こうとする姿を描いた物語だと思っているので
もしかしたら6thか7thがAqoursのファイナルライブになるかもしれません。

僕にとってラブライブ!サンシャイン!!は
何かに向けて頑張る力、動く力をくれる作品です。

僕もこの限られた時間、Aqoursから貰った熱い思いを
何かしらの形に残せるように日々、精進していきたいと思います。
絶対に腹筋割ります。

▼色紙特典、フォトセッション

特典の色紙はダイヤちゃん千歌っちでした。
1549195602178.jpg

今後の特典にどうかSaint Snowと月ちゃんの色紙を…(切実

僕が観に行った際のフォトセッションまとめ
1fwotosed (2)
1fwotosed (1)
1fwotosed (3)

どのフォトセッションもとんでもなく、とんでもなく可愛い。
来週のダイヤちゃんフォトセッションもとても楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント