FC2ブログ

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

この青空に約束を― 沙衣里 / 海己ルート クリア感想

2018年 10月05日 20:30 (金)

どうも~神津島行きが決まったまさんです。楽しみです。
今回はさえちゃんと海己ルート感想を駄べりたいと思います。

ぶっちゃけるとこの2人のルートは個別トップ2って言ってもいいぐらい
完成度が高く、面白い個別ルートでした。

桐島 沙衣里ルート

kfdgtthrd.jpg

ヒロインの中でも最年長の先生が一番ウブでくっそ萌えました。
「萌え」なんて単語2000日ぶりぐらいに使いましたね。

最初は完全にサブキャラかと思っていたのですが、
個別ルートの完成度(というよりはストーリーがツボに入った度合い)は
トップクラスでしたし、さえちゃん先生があまりに可愛かったので
主にとってさえちゃんが作中三本の指に入るぐらい好きなキャラクターになりました。
というか茜に次ぐ2位です。

さえちゃん先生と航が体の関係をもってしまったことで起こる
自業自得な部分も多いストーリーなのですが、この一件を通じて
さえちゃん先生自身が人としても先生としても成長する構成になっていたのはお見事。
ドタバタラブコメディになっていて終始楽しめました。

つぐみ寮を守る為に校長、教頭に立ち向かうさえちゃんのかっこいい一面が見られます。
ほとんどのシーンではデレデレでダメダメな姿を描いてるからこそ
そのギャップというか一生懸命な姿にやられた人は数知れぬ筈。
主もそのひとりです。

あと最後のCGはさえちゃんの角度がグリザイアのあれにしか見えなくてちょっと笑った

プレイ時間 23:08

羽山 海己ルート

gvnhisdgvgdf.jpg

やっぱり航には海己だわ・・・って思いました。
航にお似合いなのは断トツで海己だと思います。幼馴染 is GOD

内気にみえて一番我が強く、航に対しての思いは恐いぐらいに
絶対にブレない幼馴染ヒロインの鑑。強キャラすぎて勝てる気がしない。
あと一番ドスケベなヒロインだった。いろんなステータス持ちすぎ、故に無敵。

主は家柄都合で付き合えないの~みたいな話はそんなの知るかさっさとくっつけと思いながらゲームすすめちゃうタイプなので、
なんやかんやあったのち2人は認められる〆は
主の中では理想的な大団円だったのでとても感動しました。

つぐみ寮も家柄も失わない道を二人で模索して、最後の文化祭で
盛大に(良い意味で)やらかして島全体の心を動かすシーンは
こんにゃく屈指の名シーンだと感じましたね。

Pieces流れるところはず~っと泣いてる。
限られた夢のような楽しい時間は有限であることを
つぐみ寮を通して伝えてくるタイミングで毎回流してくるのほんとずるい

あと最後のCGは本当に尊くてちょっと泣いた

プレイ時間 27:42

解禁されたルート、約束の日はぶっ通しプレイできるよう
しっかり時間が取れるタイミングで心してプレイします。

コメントの投稿

非公開コメント