FC2ブログ

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

装甲悪鬼村正 魔王編 感想

2018年 03月01日 10:00 (木)

装甲悪鬼村正の醍醐味といえるルート魔王編の感想記事です。
俺はこのルートが一番好きですね。
maohen.jpg

村正の本筋で〆が村正屈指の名シーンなのでたぶん一番人気のルート。

茶々丸×景明は結構いいコンビだと思いますしその後が見たいので
ファンディスクなり何なりで補完してくださいね(切実)
めちゃくちゃ目立ってはいるものの完全にサブヒロイン扱いでつらみ。
アナザーでもいいので緑龍会をもっと掘り下げる話が欲しかったですね。

そして景明がめちゃくちゃ強気で魔王みたいになりかっこよくなるのですが
俺は自分の罪に悩み、自分は悪鬼なんだと言い聞かせる景明が好きなので
景明の洗脳が解けるまでは主人公が交代したという感覚で読み進めていました。

魔王編中盤以降は銀星号との戦いが色濃く描かれます。
本当に景明は光を殺せるのかと疑問に感じるほど
湊斗光に対しての感情描写が多かったので
終盤の展開にすごく感動できたのだと思います。最終決戦のパズルは絶許

銀星号である湊斗光は最期まで行動理由が分からないキャラでしたが
どうしても嫌いになれない不思議な魅力がありました。

俺の目には親の愛を求めていたら世界を滅ぼす兵器を
手に入れてしまった何も知らない子供にしか見えなかったです。

ついに湊斗光を殺せるところまで追い詰めたところで
光だけはどうしても殺せませんごめんなさい。
他の人を殺すことはできましたが光だけは、無理です。
みたいなテキストが延々と続くテキストと光の首を絞める
景明のCGは強烈に頭に残っているシーンのひとつです。

お世話になった人たちだけでなく一条や香奈枝さんすらも殺せた景明が
唯一殺せなかった光が景明に、父に愛されてない訳がないんですよね。

hfdhfsdfs.jpg
魔剣の話をしよう。

魔剣「装甲悪鬼」については泣くしかないですよね…。
光は最期の瞬間に父の愛を知ったのですから。
景明が最期に善悪相殺の呪いを利用して一番憎い自分を殺し、
光を一番愛していることを証明するシーンはそりゃあ胸が熱くなりますよ。
落葉も恐ろしいぐらい合っていましたしこれまでの展開を活かした展開に
ただただ脱帽しました。

プレイ時間 89:04

コメントの投稿

非公開コメント