07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

ChuShinGura 46+1 武士の鼓動 鏡花水月/誉れの三百石 感想

2017年 10月17日 22:00 (火)

ChuShinGura 46+1 武士の鼓動の鏡花水月/誉れの三百石を
クリアしてから半年以上経過していますが感想を残しますw

MIBUROまでに武士の鼓動の感想をすべて更新しておきたかったので
なんとか間に合って良かったです。

ここだけの話、ChuShinGura関連の感想記事は書き終わったつもりでいて、
最近ブログを見返した時に誉れ三百石と新八エピソードの感想ないやんけ!
大好きな作品だし最後まで書かねば!と思ってすぐ書いて更新しましたw

プレイ時の記憶を頼りに書くのでどこか違ってたらスマソです。

時間経つと本編の内容を忘れちゃうので今後記事にしたいことは
早めに下書きしておくことにします。

まず新八のサイドストーリー「鏡花水月」について駄べりますが
この話を収録してくれたのは本当にありがたくて
神様仏様インレ様両手ぱんぱんですよ。
dgiugqw.jpg

本編でもそこそこ出番の多い山吉 新八朗ですが
直刃がすぐ赤穂浪士側へ戻ってしまうということもあり
戦闘シーンは多いものの日常の掛け合いは少ない印象。

新八はChuShinGura人気1位のキャラクターですし
もっと新八との絡みを見てみたかったユーザーも多い筈。
まさにファンディスクに相応しい内容でした。

そこそこボリュームもありますし新八かわいいしかっこいいし
優遇されっぷりが半端じゃない。シーン回想に収録されてない
Hシーンもあった気がします。とにかくイチャコラしまくってますw

CV:小倉結衣さんといえば新八ってぐらいには
自分の中でインパクトのあるキャラクターになりました。

そして新八の強さが本編以上にはっきりする話でもあります。
赤穂浪士に囲まれて戦って、生きて帰ってこれるのはすげぇよ
作中最強候補同士、ご城代との戦闘が見てみたいですね。
でも個人的にはご城代が1番好きなキャラなので
ご城代が作中で1番強いキャラであってほしいw

シリアスなシーンもちょくちょく入ったメリハリのある
ストーリーなので進めてて楽しかったです。
直刃を探し続ける新八の姿はちょっと泣けました。
最後はハッピーな〆だったのもとてもよかったです。

そしてChuShinGuraのラストエピソード「誉れの三百石」
これを最後にもってくるのはインレ、こよーてさんの
忠臣蔵に対しての強いこだわりが感じられますね。

登場キャラが赤穂浪士ですらない新キャラクター荒川十太夫。
hdiuwdeqw.jpg

なんと彼女が堀部安兵衛さんの介錯を務めます。
そしてこのルートはChuShinGuraの醍醐味である戦闘シーンもありません。

終盤まで物語の着地点が見えなかったのですが
タイトル通り最後は誉れの三百石とそれ以上の志を得ての〆。

十太夫とお仙の暮らしは質素かもしれないけど、でもすごく幸せそうでした。

ボリュームはかなり短いですが赤穂浪士亡き後の未来も
また新たな物語が生まれそうな余韻のある結末は好印象でしたね。
気持ちの良いエンディングが見られました。

プレイ時間 33:00

コメントの投稿

非公開コメント