06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

俺たちに翼はない クリア感想

2017年 05月18日 00:00 (木)

俺つばフルコンしたので感想を駄べります。
dehdhwq.jpg

これは"たとえば"の話だけど。
僕らが君に語るのは、たとえばそんなメルヘン。

簡単に良かった点や気になった点まとめます。

▼良かった点

・タイトルが良い
 →俺たちに翼はない。だけど地上でも羽ばたくことはできる。
 俺たちに翼はないこともないって一言が
 テーマそのものだと感じた。

・キャラの癖がすごい
 →まさかの多重人格モノで主人公込みでキャラに癖があります。
 渡来さんや惚れた相手に徹底的に依存する山科 京など
 珍しい個性の攻略ヒロインが多い印象です。

 メインヒロインの渡来 明日香さんみたいなどこか冷めてるけど
 上手く生きようとしているキャラクターはあまり見ないので貴重。
 CV森谷実園さんの「なんだと」、「なんだこれ」みたいな
 一言演技最高ですね。

 お気に入りのキャラは玉泉 日和子。外見は一番好きかな。
 堅物なところがありますが、自分が好きなことになるとスッと
 警戒が解けたり笑顔を見せてくるってそりゃ惚れますわ。
 腐れぬんこおおおおおおからのカラオケエンドは伝説。
 yfjug.jpg
 
・日常の掛け合いが面白い
 →王雀孫節全開で楽しませていただきました。
 みんな会話のテンションがおかしいですw
 おまえが厚生労働省かあああ!と言われ
 殺されるとは思いもしませんでした。

・設定が面白い
 →解離性同一性障害やそれぞれの視点の舞台等
 設定が相当凝っていて最後は一気にまとめて〆なので
 製作期間が非常に長い作品なのも納得。

・音楽が良い
 →雰囲気の違う多々のシーンにもしっかり合っているBGM
 主題歌Jewelry tearsはもちろんSky Sanctuaryも名曲です。
 Navel良い曲多いので単独ライブイベントいつかやってほしい

・最終章が最高に面白かった
 →終わりよければ全て良し、ってのも大袈裟かもしれませんが
 最後が良かったってところが俺つばの評価を底上げしてるのは
 間違いないです。一気に物語やテーマが収束していくテキストは
 読んでて爽快でした。
 オールクリア後のタイトル画面とJewelry tearsは鳥肌立ちました。

▼気になった点

・一部キャラ不快
 →伽楼羅編に出てくるキャラの半数は最後まで
 ノリが合わず進めるのが苦痛でした・・・。
 キエエエエエェエエみたいな奇声を何十回と聴くことになりますww
 高内さんは最終章ちょっと可愛かったので嫌いじゃないですw

・つり乙とは全く面白さが異なる
 →俺はつり乙きっかけで俺つばに手を出したクチで王雀孫さんの
 勢いのある面白いつり乙みたいなノリの掛け合いが見られると
 期待して購入しましたが、全然雰囲気が違って戸惑いましたw

 俺つばも会話は面白かったですがつり乙みたいな掛け合いを
 求めてプレイするのは個人的にオススメできないです。
 でもハマれば間違いなく掛け合いでトップクラスに面白い作品って
 評価になりえる一作だと思うので興味あればぜひ手を出してみてください。

コーダインが攻略できない。なんで?(殺意
hchgcfy.jpg

かなりのボリュームで楽しませていただきました!
めまぐるしい展開で55時間って長い時間を感じさせなかった良作です。
癖がありすぎて人を選ぶ作品だと思いますがキャラや世界観は
唯一無二で掛け合いも面白く、自分はやって良かったと思えたので
気になっていればぜひプレイして欲しいです。今なら安価で買えます。

では、最後はこの一言で締めようと思います。

世界が平和でありますように

プレイ時間 55:50
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント