03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

Aster 感想

2017年 01月25日 00:00 (水)

Asterをクリアしたので感想を残します。
jdfiror.jpg

プレイして良かったと心から思える傑作でした。
まずAsterを薦めてくれた友人2名に感謝。

珍しいマルチ主人公のゲームでしたがこの複数の物語があるからこそ
ここまで評価されている作品なんだなぁと感じましたね。
泣きゲーとしてそこそこ名前が通っている作品なのも納得。

それでは簡単に個々ルートの感想を駄べります。

柚月沙耶

恋愛に奥手な二人がゆ~っくりくっ付いていく展開(なんとこれだけでプレイ8時間!
恥ずかしそうにイチャコラするかわいいカップルです。

そして着実に主人公ヒロのバイト先や学校の人間関係も充実していきます。

そんな順風満帆かと思われた日々が突然終わりました。
沙耶が事故死。
衝撃の展開からOPムービーが流れたので君が望む永遠を思い出しましたよ。

しかもニクいことに沙耶が死んでしまったことを沙希が電話でヒロに
伝えるシーンの演出が凝ってて強く印象に残ってます。

OPを見た後はタイトル画面に戻され沙耶でも沙希でもない3名のルートを
攻略しないと先へ進めないという鬼畜仕様。Ruskさんやってくれましたね…

小田巻雛

沙耶が亡くなった事故のもうひとりの被害者。
こちらも可愛らしいカップルで日常シーンも全く苦じゃありませんでした。

失明してしまっても周りに心配をかけないよう無理やり明るくふるまう雛と
絶望してしまった京次の想いのすれ違いは辛い。

でも雛を一生支えていくと決めた京次はもうブレない主人公に
変わって見ていて気持ちが良かったです。
絵本のストーリーを楽しそうに話す京次とやれやれと思いつつも
楽しそうに話を聴く雛は幸せそうでした。

沙耶ルート後に開放される3ルートの中では頭ひとつ抜けて面白かったです。

山吹美幸

事件のきっかけになった人物。加害者側の話になります。
美幸が母の死のことで父と喧嘩してしまい、その勢いで道路に
飛び出してそれを避けた車が沙耶と雛に衝突。

人を殺してしまったと自分を責め続ける美幸は自殺を図りますが
主人公の正人(雛の兄)が止めます。
罪を償う為に死ぬなんて親父さん泣くわ

最後は2人で目を治せるような医者になること、
罪を背負って「生きる」ことを決めたのは良い〆だった。

姫萩はるな

事故を起こした運転手が主人公睦月の母。
母親も事故で亡くなってしまい、あげくには人殺しの息子と責められてしまう被害者。

母の生徒であったはるなさんがいじめられている睦月を支えていじめを解決。
最後は家族を超えて恋人になります。

ただいじめ解決やピアノのシーンは良かったものの他ルートに比べパンチが足りない。
本編はそこそこ楽しめましたがAfterは恋人になるまでが長すぎてちょっと退屈でした。

ただシーン回想は全キャラ中一番多いので優遇はされてると思う。

柚月沙希

ついに開放された沙希ルート。
事故直後の話なので主人公ヒロは沙耶の死を受け入れられず
ずっと塞ぎこんでしまいそれをなんとかしようと動く沙希にも冷たく当たってしまいます。

気を利かせた沙希との約束もヒロはうざがって破ってしまい
それがきっかけでお互いの怒りが爆発します。

沙希の「いい加減にしてよ!」「あんたに…何が分かるのよ!!」と
これまで我慢していた、辛かった想いを爆発させるシーンは凄まじかった。
沙希CV青山ゆかりさんの迫真の名演技はただただ感動しましたね。

ヒロがこれまで出せなかった涙を流し「弁当に100点をつけてやりたかった…」
辺りの台詞にも泣かされました。

奇跡なんて起こらないのがAsterの良いところでもあり、残酷なところでもある。
雛ルートでもそうでしたが決して目が見えるようになったり
沙耶が生き返ったりすることもない。時間を戻すこともできない。
安易にご都合展開に持っていかないAsterだからこそ死生観や
不幸から幸せになることに重みが出る。

少しずつ昔のような明るさを取り戻していくヒロは
自分を支えてくれた沙希に惹かれていき、
約束をきっかけに恋人になるのも感慨深くニクい話です。

ここまで長かっただけに感動は大きく、ヒロと沙希には
心から幸せになってほしいと感じました。

Aster

上記4キャラのAfterまでプレイした後に開放。
沙耶が沙希に残した言葉、ヒロと沙希のその後が描かれます。

30分かからないぐらいでAsterルートはクリアできますが、
全ルート中一番感動しました。

しあわせになってね 沙耶が残した最期の約束。
そして 3人で流星群を見る というもうひとつの約束。

2つの約束を果たす奇跡のようなルートを最後にもってくるとは・・・。
完全にやられました。間違いなく傑作といえます。

雪が星の様に降り注ぐ中、2人はしあわせになると誓い〆。
最後のテキスト「それは沙耶から祝福という名の_奇跡 だった。」は鳥肌立った。

エンディングの夢を見る夢がこれがまた良い曲です。
「ただ歩いてく 残された幸せ拾っていくように」ってサビ歌詞が特に好き。
不幸のどん底に落とされても、幸せになるため前に進むしかないという
Asterを通して感じたメッセージと重なり、またウルッとさせられました。

Asterで一番感動したところはオールクリア後のタイトル画面
efaer4f.jpg

まだまだ未プレイの良シナリオゲーがあることが分かったので
よりAVGのモチベが上がり、良い刺激を受けました。

しかし気になった点もいくつかあったのでまとめておきます。

・文字被り、誤字脱字がかなりある。
・日常パートは一部退屈に感じてしまい中だるみはあった。
・オートモードが遅すぎる。(最速に設定しても遅い

Aster製作会社であるRuskさんが解散してしまったことが悔やまれます。
今の綺麗な画質や充実したシステムでAsterクラスの作品が出せれば
美少女ゲーム業界で何かしらの賞を獲れるんじゃないかってぐらい
本当に良い作品だと思いました。

プレイ時間 38:18

オートモードが他ゲームに比べてゆっくりだったので
クリックしながら進めたらたぶん20~25時間ぐらいのボリュームだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント