09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

天使のいない12月 透子ルート 感想

2013年 09月10日 00:00 (火)

アダルトなゲームの駄べりなので追記での紹介とします。

今回はLeafの天使のいない12月です。
序盤の感想はこちらの記事です。
大図書館の羊飼いの感想記事の下にあります。

いやいやー。
良くも悪くも期待を裏切ってくれました。

天使121

このゲームにキャッチコピーがあるとするならこれでしょう。

そこにあるだけの「思い」から繋がる物語だったと思います。
この作品にはリアリティーがあるので、いろいろと考えさせられました。

ですが透子ルートをプレイし「このゲームは欝ゲーなの?」と聞かれたら…

違います。と俺は答えます。

確かに序盤~中盤にかけてはお互いの体を求め合うだけの関係でしたが、次第に2人の
心に変化が現れてきます。

救いのない話ではなく、最後に透子と主人公はスタートラインに立ちました。
天使12

これから2人の新しい関係が始まるのかもしれない。そう思わせてくれるEDでした。
俺はHAPPY ENDだと思ってます。

あと、ED曲の「ヒトリ」が良すぎて涙を誘いましたね。

透子ルートを一通りプレイしましたが、透子を嫌いになる事もなく、むしろさらに好き
になりました。(どうしてあんなに叩かれてるんだろう…)

思ったよりも「欝」もなく「泣き」の要素も薄かったので驚いてます。
しかし、1380円でプレイできるならやる価値は絶対にあります。

次のルートも楽しみです!!

コメントの投稿

非公開コメント