03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

サクラノ詩 A Nice Derangement of Epitaphs 感想

2016年 01月29日 00:00 (金)

アダルトなゲームの駄べりなので追記での紹介とします。

枕のサクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-の記事となります。
これは名作ですわ。そう確信させる完成度。
雫ルートが特にサクラノ詩の本筋をなぞる種明かしとなるルートですね。

fffyjkh.jpg

というかこれ健一郎ルートでね?
っていうぐらい健一郎視点の過去の回想が多いです。

俺は回想シーンがあまりにも多いゲームは好きじゃなかったのですが
サクラノ詩は別。過去編が本編といっても大袈裟じゃないぐらい大事なシーン
なので無駄がないです。

序盤シーンの数々の謎の複線はほぼ回想で回収されます。

中村家との攻め合いは燃えましたし何より終盤のシーンがすごかった。
プレイした方ならお分かりかと思いますが
直哉が描き草薙健一郎が名を残す最期の作品 櫻六相図 を
完成させるシーンは全身チキン肌…
iuguigui.jpg

櫻六相図に名を刻んでいく演出は本当に素晴らしかったです。

あと稟の千年櫻を描き、イメージを具現化してみせるシーンは衝撃だった。
稟が健一朗の弟子だったのは個別ルートにて複線があったので
そこまで驚きませんでしたが能力がチートすぎる。
次回作のラスボス説あるぞこれ

ほんとうにまとめきれないぐらいやりがいのある話だったなって感じる。
雫ルートまでは複線を張り巡らせたエピローグなのかもしれないと
感じるほどに濃いお話でした。

そしてA Nice Derangement of Epitaphsで分かったのは
サクラノ詩は思ったよりファンタジー色が濃いということ。
絵画や哲学、難しい言葉が飛び交うので魔法や奇跡、特殊な力に
頼らない作品なのかなと勝手に思っていましたが全然そんなことはなかったぜw

キャラクターについても駄べらねば・・・ww
そう とにかく雫がかわいい
おそらくサクラノ詩の中でもトップクラスの人気キャラクターになるのは間違いない

恋人となるまでの流れは急でしたがそこまで気になりませんでした。
やっぱ無口で物静かなキャラのデレはすさまじいものがある。
意外とHシーンも最多の4回。ちなみに俺は葛より短髪の雫派です。

この時点でサクラノ詩に90点ぐらいは付けたい出来。
やっぱ複線がしっかり回収される驚きのあるゲームが俺は好きなんだなって痛感した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント