05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

D.C.ⅡP.C. 音姫√攻略感想

2014年 11月30日 00:00 (日)

アダルトなゲームの駄べりなので追記での紹介とします。

今回はCircusのD.C.Ⅱ P.C.~ダ・カーポⅡ~プラスコミュニケーションです。
大本命の音姫√クリアしました。

cihjdiofhf.png

現時点ではD.C.ⅡP.C.の中で最も評価の高い話となります。
涙腺崩壊しました。今回も由夢√同様悲しくて泣いた。

まず序盤の話をします。他√よりも告白シーンはあっさりしてました。
音姉が風邪で義之が看病しにきたときに告白。斬新なパターンです。

2人が恋人同士になった後はニヤニヤしっぱなしww
いつもしてたスキンシップ(くっついたり手を繋いだり)に照れるとこも可愛い
恋人になった途端、義之だけご飯をえこひいきするのもたまりません(*゚ー゚*)

しかし急に初音島は事件、事故が多発するようになります。
これは他√で枯れない桜がどんな些細な願いも叶えてしまうという欠陥があったことが
明かされましたね。事故は多いものの死亡事件はなし、しかしこのまま放置しておいたら
もっと事件は悪化するかもしれない。

2人はそれを止めるべく初音島に起こっていることを調べ始めます。
なぜこの問題を音姉が解決しようとしているかというと音姉は母親の由姫から正義の
魔法使いとして初音島を守る役割を受け継いでおり、島を守る使命があります。

事件を調べ始めてからは急展開が多くさくらさんの様子も体調を崩して姿を消してしまい、
音姉は冷たくなり義之を急に避けるようになります。もちろんケンカ等はしていません。

正直、音姉に拒絶される校門や保健室のシーンは精神えぐられました
「わたしをいじめないでよ!ひとりにして」はダメージでかい(;△;)

そんな中、由夢やクラスの仲間達は変わらず優しくていい奴で泣きそうでした。
特に由夢の「2人は大丈夫だよ 絶対幸せになれる」は名台詞だと思う。ウルッときた

その後、義之は夢を見ます。ここからの展開が1番泣いたと思う。
さくらさんから明らかになった真実をまとめると・・・

・枯れない桜はさくらさんがアメリカから持ち帰った試作品
・さくらさんは家族が欲しいと桜に願い、その願いで生み出されたのが義之
・義之の母親=さくらさん
・枯れない桜が散ると義之も消滅する
・さくらさんが枯れない桜の力を制御できなくなり、枯らさなければならなくなった
・正義の魔法使い、音姉が枯れない桜を枯らさなければならない


dijiofdia.png

この衝撃の真実を一気に明かされた義之はさくらさんに

「俺は感謝していますよ 俺は幸せでした 
   大切な時間を与えてくれて・・・ありがとう。 母さん」


こう言いました。涙腺崩壊(T▽T)特に母さんの一言は震えました。
義之は迷わずに自分が消える道を選びます。

枯れない桜を枯らせることを躊躇する音姉に義之は「初音島の為に枯れない桜を枯らせるんだ」
と背中を押しますが音姉は普通の女の子としての幸せを望み、島の平和と義之の命どちらか
なんて選べないと拒みます。それでも義之は「自分の役割に全うしなさい」と残酷な願いを
突きつけます。さくらさんシーン直後にこれは号泣するしかなかった

枯れない桜が散った後は初音島のみんなが義之の事を忘れていきます。
誰も義之のことを認識できなくなった最期の日に枯れた桜の下で音姉とばったり会います。
義之は最期の時間に何もかも忘れてしまった音姉と会話をすることを決めますが、
音姉は義之のことを覚えていました。ただ消えかかっている義之は動けない。

djajifjpsffr.png

最期に「音姉・・・俺、幸せだったよ 俺を正義の魔法使いにしてくれて・・・ありがとう」
と伝えますが音姉に届いているかどうか分からないまま義之は消滅しました。
音姉は魔法なんていらない!弟くんを・・・私の大切な人を返してよぉ!!!と普通の女の子として
幸せを望み、泣き叫んでEDへ。由夢√同様ED後エピローグなし。

しばらく放心状態で何も言えませんでした。精神ダメージが大きすぎるよこの√
個人的な意見ですが朝倉姉妹√はD.C.ⅡP.C.の中でも頭一つ抜けている印象を受けました。
D.C.Ⅱの本筋に触れる話になっておりBADENDではありますが評価はめちゃくちゃ高いです。

姉妹√は最後にプレイ推奨ですね。途中でやっちゃうとエピローグを見るために隠し√
やるしかなくなります。エピローグが気になって仕方がないです(^▽^;)
朝倉姉妹を攻略するとついに隠し√Da capoが開放されます。どんな話か楽しみですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント