03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

ATRI -My Dear Moments- 感想

2020年 12月05日 12:00 (土)

お疲れ様です
ATRIの影響でアサルトリリィを見始めたまさんです。

ATRI -My Dear Moments-をクリアしたので感想を記していきます。

ロープライスでしたがシナリオゲーとしてもキャラゲーとしても
完成度が高く、ボリュームも程よい高性能ですから!な作品でした。

特に良かった点、語りたい点を記していきます。

アトリが可愛い

これに尽きます。
作品名になって彼女一人だけのパッケージにするだけあるわ…。

主人公や竜司などアトリを取り巻く人達が
より彼女の魅力を引き立てています。

夏生がアトリに恋するのもわかりますし、
アトリの感情が作り物と分かって
夏生がショックを受けるのも分かるので
感情移入がしやすく物語に没頭できました。

その後、本当のロボットとしてのアトリと夏生が少しずつ
新しい関係を築いていく過程が丁寧に描かれていたからこそ
2人の成長と終わりが来ることの切なさに泣かされました。

ありがちな設定の王道展開

だがそこがいい。

終焉が近い世界で繰り広げるロボットと人間の恋物語。
アトリとの出会いで主人公の夏生が世界の為に
立ち上がる決意をする成長物語でもあります。

夏生が最期を迎えるとき、アトリとの再会を果たす。
分かりやすい王道展開ですね。

最期まで夏生を支え続けたもう一人のヒロイン、
水菜萌についてもう少し色濃く書いてほしかったのですが、
あくまでこの物語の中心はアトリなので
そこまでマイナスポイントではないです。

破格のロープライス!

倍の価格設定でも誰も文句いわないであろう出来。
2000円で出すし…みたいな妥協を一切感じさせない
クオリティに大変好感が持てました。

システム面はお気に入りボイスやシーンジャンプ機能まで
ついており文句なしの充実ぶりです。

水の演出やコポコポ…とかピシャピシャといった音など
フルプライス作品以上に拘っている要素があったのもGOOD

サントラ付で7000円でも全然出せるレベルです。

今年一楽しめたマルコと銀河竜も短編作品だったので
今の僕には短編の方が肌にあってるのかも

プレイ時間 12:38


ATRI -My Dear Moments- Original Soundtrack(初回生産限定盤)

コメントの投稿

非公開コメント