08月 « 2020年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

結城友奈は勇者であるを自粛中に全話見た感想

2020年 05月07日 18:30 (木)

お疲れ様です~まさんです。
家にいる時間が長いので動画とブログ更新が捗ってます。

前々から気になっていた結城友奈は勇者である(ゆゆゆ)
全話視聴したので感想を記していきます。
e5yrtygf.jpg

良かった点

物語の構成が面白い
 1期の結城友奈の章は作品全体の2章に当たります。
 2期前編の鷲尾須美の章が1章
 後編の勇者の章が3期になるので
 2期は結城友奈の章の過去と未来を追うストーリーになります。

 この構成だったからこそ鷲尾須美の章/勇者の章の
 設定や状況が掴みやすく、感動や絶望が何倍にもなりました。

作画や音楽、キャラクターと声優のマッチング
 上記には一切のマイナス要素はなく非常に高水準でした。
 作画が崩れることなくよく動きますし見応えあります。

結城友奈役の照井春佳さんの演技が半端じゃない
 明るい時はとことん明るさを、辛い時はとことん辛さを出す
 振り切った熱演が素晴らしい。ゆえに辛い!!
 無理に笑う痛々しさもしっかりと声で表現されていました。

乃木園子
 園子自身が弱さを見せるシーンはほぼ無く、
 なにげない日常回で周りを和ませたり
 いち早く友奈の変化に気付いたり
 いろんな意味でゆゆゆシリーズの勇者だったと思います。

 花澤香菜さんの声とも非常にマッチしていて
 個人的にベストオブざーさんキャラと言っていいです。

ハッピーエンドで締めた
 あまりに辛い展開が多すぎたのでどうなることやらと
 思っていたのですが、無理やりにでもハッピーエンドに
 持っていってくれたのでホッとしました。

 あまりにもみんなひどい目にあいすぎなので
 ご都合主義でもなんでも最後に勇者部みんなが
 笑ってるエンディングがあるならそれでいいです。 

気になった点

ストーリーが雑な印象を受けた
 悲劇を描きまくってハッピーエンドで締めたのは良いものの
 ストーリーが全然練られていない印象を受けました。
 友奈ちゃんが救われたのは本当にほんっとうに良かったのですが
 天の神の呪いをあっさり解いてハッピー!ってのは無理がありすぎます。

 締め方自体は大賛成ですがもっと尺を伸ばしたり
 ストーリーそのものを練っていれば
 さらに評価されていた作品だと思います。

まとめ

見ていて辛い展開も多かったのですが、最後は救いがありましたし、
改めて日常って尊いと思わせてくれた作品なので
このタイミングでゆゆゆを見られてよかったです。


結城友奈は勇者である-勇者の章-Blu-ray

コメントの投稿

非公開コメント

ストーリーはかなり練り込まれております

2020年07月24日 20:28

初見の方だとどうしてもアニメだけの印象だけになってしまうのですがそうではないのです。勇者の章で天の神を討伐するまでには西暦の時代から300年もかかったのです。その中で歴代の勇者達が必死に闘い、次の代へと自分達の想いを込めてバトンを繋げていきます。どうか、乃木若葉は勇者である等の小説の作品もご覧になってください!それらに触れることで無理やりのハッピーエンドという印象から300年間分の勇者巫女達の思いがついに叶った勝利だという印象になってくれるはずです。

とある勇者さんへ

2020年07月29日 18:47

すごく熱意を感じるコメントありがたいです。

あのエンディングの印象が変わる過程に何があったのか非常に興味があるのですぐにとはいきませんが小説にも触れてみようと思います。

ゆゆゆシリーズはブラウザゲームなどの展開もされているようですし、またアニメとして見られることにも期待したいですね。