07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

UVERworld 男祭り FINAL KING'S PARADE 2019 東京ドーム 感想

2019年 12月21日 17:00 (土)

どうもです。まさんです!

UVERworld 男祭り FINAL KING'S PARADE 2019に参加してきたので
感想やセットリストをまとめていきます。
uverotm (1)
uverotm (2)

furesdxdfed.pngセットリスト

1. Don’t think.Feel
2. WE ARE GO
3. Q.E.D.
4. stay on
5. 境界
6. 在るべき形
7. ODD FUTURE
8. CORE PRIDE
9. 激動
10. KINJITO ~LIVE intro ver. ~
11. No.1
12. PLOT
13. PRAYING RUN
14. Making it Drive
15. 和音
16. CORE STREAM
17. First Sight
18. 23ワード
19. UNKNOWN ORCHESTRA
20. ナノ・セカンド
21. Touch off
22. 零HERE ~SE~
23. IMPACT
24. AFTER LIFE
25. Ø choir
26. 7日目の決意
27. MONDO PIECE
furesdxdfed.pngライブ感想

とにかくファン(Crew)の熱気が凄かったです。

UVERworld全体音量がかなり絞られていたこともあり、
聴こえてくる音の7割ぐらいはCrewの野太い歌声でした。

歌詞のカッコの部分、ラップも全部歌うもんだから恐れ入りました。
そこはTAKUYA∞の声を聞かせろやと言いたいところですが、
不思議と嫌な感じが全然しなかったです。男最高だなオイィ(煽りMC風

特に印象に残っているのは下記の6曲

Q.E.D.

一番衝撃を受けた曲かもしれません。
『今は好きに生きているけど、俺もお前と同じ場所に立っていた』
歌詞に繋がるMCからのQ.E.D.がかっこよすぎました。

在るべき形

感謝を伝えるMCの後、曲の始まりと同時に銀テが飛ぶ。
最後の曲のような演出を序盤に持ってくることで
次の曲が全く読めない構成になっていたのは面白いと感じました。

CORE PRIDE

演奏前に大歓声が上がり、トレンド入りを果たすほどの人気曲。
熱唱しているCrewが『どうしたってやっぱ一人の夜は~』から
ピタッと静かになったのもお見事。

CORE PRIDEから懐かしい曲が続いたのは本当にアツかったです。

PRAYING RUN

改めて習慣が人生を変えるんだなってことを痛感しました。
毎日10km走って結果を出しているTAKUYA∞が言う
『やってみりゃいいだろ』という言葉には、すごく力がありました。
僕もこの記事をあげたら、筋トレしようと思います。

7日目の決意

ピタッとCrewの声が止み、全員が聴き入っていました。
僕はTHE OVERや一滴の影響などが好きなので、
もっとこの手の楽曲をライブで聴いてみたいと感じました。

MONDO PIECE

自然と隣の方と肩を組み合いながら歌ってました。
あの一体感、すごく居心地がよかったですね。
UVERworldはもちろん、あの場にいた方々にも出会えてよかったです。

ライブ終演後、ステージ撮影OKだったのでパシャリ。
uverotm (4)

男祭りを通じて、心のどこかに火が着いたような感覚になりました。
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント