10月 « 2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

かりぐらし恋愛 感想

2019年 10月20日 15:00 (日)

どうもです!まさんです。

SWAN SONG、CROSS † CHANNEL、
君の名残は静かに揺れて、さくら、もゆ。…

最近はシナリオが重めの作品をたくさんプレイしました。

頭カラッポにして楽しめる作品やりたい…。
ということで次に上記作品クリア後にプレイする作品を
かりぐらし恋愛』に決めました。
aderfrergred.jpg

今作は下手なシリアスを入れず、
ヒロインの家での生活にフォーカスしていたのが好印象。

各家庭の個性も非常に強かったですが、
ヒロインの魅力をほとんどつぶすことなく
掛け合いの良いアクセントになっていました。

序盤からヒロインの家に転がり込める作品は貴重。
設定の勝利ですね。信頼のASaプロクオリティでした。

桜木橋 理兎

krgrsrnai (3)

唯一の正統派ヒロイン。
過去に男の子と間違われていたという設定もベタ。

一人暮らしのため、家族との絡みがないので
個別のイチャつきがひどかった印象(褒め言葉ですw

デートのために時間をかけて準備したり、家事を頑張っていたり等
何気ないシーンに魅力が詰まった良い意味で癖のない娘でした。

他のヒロインルートで嫉妬しちゃって強気になる姿が可愛いので、
理兎は2番目以降、可能であれば最後に攻略する方がオススメです。

キャラデザは断トツ、CV歩サラさんの補正も相まって、
一番好きなヒロイン&ルートです。

荒波 杏

krgrsrnai (2)
杏姉のCGは上以外すべてエロいやつです。

エロゲでした。(そりゃそう
エロさはぶっちぎり。

エロいだけでなく、女子会など掛け合いが面白いイベントも多く、
一番頭をカラッポにして楽しめたルートかもしれません。

乳だけ女と他のヒロインに言われながらも、
杏姉自身おっぱいがでかいことを強みと自認して
乳でかアピールしまくる姿は潔くてVery Good。

姉キャラだけど、だらしがないというスタイルをずっと貫いて
ぐーたら生活を描き切って物語が終わったのもGood
杏姉にはあのままでいてほしい(汚部屋で寝そべるCG好きマン

CV花澤さくらさんを詳しく知らなかったのですが、
まぐわい演技が非常に上手かったです。

新妻 ひより

krgrsrnai (4)

共通、各ヒロインルートでも目立つ万能キャラ。

基本的にギャグ、おバカキャラですが、
親や友人に対して思いやりのある優しい娘でした。

ひよりの告白シーンや2人が付き合った後、
どの家にもひよりがついてまわる展開が面白かったです。
あとHシーンはだいたい爆笑してました。

そして妻と子、共に好きなノリのキャラクターだったので、
個別も楽しく読み進められました。
家族の絆も描かれていた心温まる話でしたね。

ひよりとみよりさん、拓真とのやりとりは全て好きです。

拓真が家に来て、ひより以上に喜ぶみよりさんが可愛すぎる。
女手一つであんな良い娘を育てたみよりさんにはずっと幸せでいてほしい。

新しい家族を迎え入れる結末は予想通りだったけど、ちょっと泣けた。

世計 絢花

krgrsrnai (1)
絢花が眼鏡かけてるCG、立ち絵全部すき

家庭としても個人としても1番ぶっとんでました。

ムッツリロリ巨乳眼鏡妹…属性が多く、キャラとしては相当強いのですが、
エンディングまでこっそり恋愛する展開と、
拓真に対しての態度が悪く、癖がありすぎる家族により
絢花の良さを活かしきれなかった惜しいルートでした。

終盤はそれが全く気にならないぐらい絢花が可愛かったです。
あのまま突き抜けてたらたぶん1番好きなヒロインになっていたかも…。

最後は拓真を認めようとする描写があったのは救いでした。

大学に入って大人っぽくなった絢花がドストライクすぎて
エピローグの先の話を見たすぎて悶えたのはここだけの話です。

プレイ時間 16:06

コメントの投稿

非公開コメント