07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

天気の子 感想

2019年 07月22日 12:00 (月)

どうも~まさんです!
今、話題の天気の子を観に行ってきたので感想を記していきます。
fsdgsghg (1)fsdgsghg (2)

新海誠監督の前作『君の名は。』を強く意識した作品だと感じたので、
かなりこの作品を引き合いに出した感想となります。

ネタバレガンガンしてます。

それでは良かった点気になった点をそれぞれまとめていきます。

良かった点

圧倒的な映像美

雨粒の決め細やかさや、東京独特の雰囲気等、
圧倒的な映像美に息を呑みました。
ビル一周するとこすごい(こなみ)

あと、これは本当に個人的な話ですが、
この青空に約束を聖地巡礼に行った際に乗船したさるびあ丸が
序盤に出てきて、ひとりでテンション上がってました。また行きたい
20181009_211711.jpg

最後の決断の代償がしっかり描かれていた

天気を晴らす仕事でたくさんの人を笑顔にしてきた帆高と陽菜(凪くんも)ですが、
最後は天気よりも互いの幸せを取ったのは、物語として面白いと感じました。

天気が狂うことでどんな影響があるのかを十分に知っている2人が
天気を狂わせてでも一緒にいたい。という決断を下したのは個人的にはGOOD。
多の幸せより個の幸せよりをとる展開は新鮮でした。

その影響で東京は3年間も雨が降り続き、
土地が一部、水没する被害が出ている生々しい描写、
決断の代償をしっかり描いていたのは好印象でした。

気になった点

主人公、帆高の動機が意味不明

まず地元、家に対しての強い拒絶。
これは後に回収されるのだろうと思いながら
観ていたのですが、全く回収されません。

最終的に帆高は実家に戻るのですが
『実家に戻った僕は息を潜め、なんとか卒業まで持ちこたえた。』
みたいな語りだけですんなり終わったのは、ちょっとひっかかりました。
なんかあったんちゃうんか・・・。

大雨でイヤッホオオオオウ!!って船の上で喜んでた理由、
本物の拳銃かもしれない凶器をお守りとしてずっと持っていたのも謎。

個人的にはあまり好きになれなかったというか、ハマらなかったです。

ボーカル曲があまり映画に合っていないように感じた

RADWINPSの音楽と映画とのシンクロは
君の名は。の方が遥かに高かったように思いました。
 
スパークルやなんでもないやが流れ出した時のような
鳥肌ぶわあああああっ とくるあの感覚は、天気の子では感じられませんでした。

BGMは良かったのですが、
ボーカル曲はあまり映画に合っていなかったように思います。

この要素に関しては君の名は。と比較すると凄まじい差があるように感じました。

まとめ

僕の中で『君の名は。』を100とすると、『天気の子』は75ぐらいです。

ただ、色々言いましたが良作だと思います。

物語に没頭できた2時間だったので、おすすめはしたいです。
いろいろ言われてた演技についても、そこまで気になりませんでした。
夏美さん全然良かったですよ。

そして今作は万人受けする創りじゃないからこそ、
ぶっ刺さる人にはとことん刺さる話だと思います。

新海誠監督の作品は映画館で観てナンボだと思うので
気になる方は、ぜひぜひ観てみてください。

コメントの投稿

非公開コメント