08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時- 感想

2019年 08月23日 17:00 (金)

どうも~まさんです!

時計仕掛けのレイラインシリーズの2作目!
残影の夜が明ける時の感想を記していきます。
fdhddsde.jpg

1作目を遥かに超える完成度。
伏線回収、展開、新キャラクター、何もかもが秀逸な作品でした。

レイラインシリーズは主人公、攻略可ヒロインだけでなく
男性キャラやサブキャラにもしっかり見せ場を与えているのが良い。

今作初登場のハイジとルイが本当に良いキャラしてます。

ハイジ、ルイ視点で物語が進むパートがあるおかげで、
なぜ特査の敵となるのか、なぜここで手を組むのかが汲み取りやすかったです。
ルイに関してはレイライン男性キャラで1番ってぐらい好きになれました。

2作目は終盤で盛り上がりどころドーン!ってタイプの作品ですが
この2人がいたので序盤からダレずに進めることができましたね。

終盤の伏線回収は凄まじく、ここがレイラインシリーズのピーク
…といっても過言ではないです。

おまるが女体化するシーンが大事な伏線だったとは…。

そしてレイラインのメインヒロインはモー子しかいないと感じた作品でもありました。
僕はリト派なのですが、満琉と一番お似合いなのは憂緒だと思いますし、
憂緒の個別√だけ明らかに完成度が違いました。潔くてGOODだと思います。

プレイ時間 14:32

コメントの投稿

非公開コメント