10月 « 2020年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

恋愛×ロワイアル 感想

2020年 11月29日 14:30 (日)

お疲れ様です~
おすすめのアサプロ作品はかりぐらし恋愛のまさんです。

恋愛×ロワイアルをクリアしたので感想を記していきます。

良かった点

各ヒロインの強みがはっきりしていた

公式サイトにも書かれている通り、
各ヒロインの強みを活かした主人公へのアプローチ、
軽快な掛け合いが面白かったです。
yudcasdasd.jpg

メインヒロイン級の扱いだった由奈ちゃんも
癖のない正統派っぽい毒舌キャラで
全ヒロイン好きになれた作品になりましたね。
僕はまりちゃん!

天ヶ峰 蓮菜ルート

主人公の元カノである由奈の後輩で
由奈がトップを走るユニット『グロリア*スノウ』のナンバー2。

こう見ると主人公との接点が浅いキャラですが
グロリア*スノウの活動や由奈との因縁を上手く絡めて
由奈と蓮菜の成長物語に落とし込んだのはお見事。

由奈のことを忘れられない主人公のために
身を引こうとする蓮菜ちゃんの健気さはちょっと泣けました。

ストーリーの尺も長めで、グロリア*スノウの絆も
しっかりと描かれていたので読後感が良かったです。

Hシーン数が多い

メインヒロインは5回以上のシーン回想があり、
花丸まりちゃんは他ヒロインの追随を許さない7回。
ヤバみがわよいちょまるでした。

サブヒロインや某ぐらし恋愛で見たことあるような
男かと思いきや女だった(CV.歩サラ)のHシーンも完備しており
サブキャラの扱いはかなり良い作品でしたね。

育代ちゃん√は急展開すぎて笑いましたが面白かったのでOKです。

お気に入りボイス機能

ついに来たか…!!

アサプロやSMEEなどの萌えギャグ要素強めのメーカーに
欲しいと思っていた機能なのでこれは本当に嬉しい。
今後のアサプロ作品にも実装されると思うと涙が止まらない

全メーカー実装してくれ(過激

気になった点

主人公が好きになれなかった

好意に答えられない理由をうやむやにすることや
個別ルートでも別ヒロインにデレるところなど
ヒロインの好意に誠実ではない行動が目立ちました。

他キャラのお膳立てがないと動かない受け身な姿勢、
ヒロインに対しての物言い、特にまりちゃん関係はひどい。

『顔が無理』は幼馴染でも言っちゃいけないライン超えてると思うの

まとめ

やっぱりシリアスな作品が続いた後の萌えギャグ作品は染みる…
焼肉後にアイスクリーム食べるような贅沢です。
幸せな時間を過ごせました。

またASa Projectの新作を気長に待とうと思います。

プレイ時間 18:10


恋愛×ロワイアル 初回版【Amazon.co.jpオリジナルDLCカード特典付き】

B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4 感想

2020年 11月22日 18:30 (日)

お疲れ様です。
推しアルバムはACTIONのまさんです。

B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-
Day4に参加したので感想等を記していきます。

開演前に…

Zepp Hanedaに行って現地ライブ開演前感を味わってきました。
bzderew (2)
bzderew (1)
bzderew (3)

平日の午後3時頃でもBroの方がちらほらいたので
休日はそこそこ賑わってそうですね。

想像以上にB'z仕様だったのでテンション上がりました。

会場を歩きながらB'zとの出会いを語る動画も撮ったのでよければどうぞ
※WildなWindの日だったので聞き取りづらい部分があるかもしれません。


ライブ当日はごちそうを用意しました。
うまいものを食べながらB'zを見る。これぞ人生の快楽。
DSC_5675.jpg
DSC_5673.jpg

シャリがうまいね

セットリスト

01. ARIGATO
02. Fever
03. SPLASH!
04. 永遠の翼
05. ゆるぎないものひとつ
06. DIVE
07. パーフェクトライフ
08. MY LONELY TOWN
09. OCEAN
10. BURN -フメツノフェイス-
11. イチブトゼンブ
12. 衝動
13. BANZAI
14. 愛のバクダン
15. いつかまたここで

ライブ感想

Day4のアーカイブを見ながら書きました。
繰り返し見られるの最高ですね。

B'zとの出会いが2005年末ということもあり、
青春と共にある思い入れの強い曲だらけのセトリでした。

特に印象に残った曲をピックアップして記します。

ARIGATO

イントロから鳥肌立ちすぎてHINOTORIになった
このセトリを読めた兵はいるのだろうか…。

久々にこの曲を聞きましたが、
コロナの影響でなかなかライブができない世の中でも
無観客ライブへ一歩前に踏み出したB'zにピッタリの1曲目でした。

そこに誰もいなくても最高のパフォーマンスを見せてくれた
B'zにARIGATOを言いたい。正座で聴きました。

ゆるぎないものひとつ

この曲の間だけはポテトを食べる手が止まりました。
初めて買ったB'zのCDということもあり、
噛み締めるように聴きましたね。

サビの張り上げるところのキーが厳しそうでしたが
全力で歌う姿、ライブアレンジを通じて
より歌詞が心にスッと入ってきました。

絶望の真ん中を見つめましょうにハッとさせられましたね。
このフレーズは今歌ったからこそ刺さったのかもしれません。

稲葉さん自身も感極まってるように見えたような…。

開演前映像のピーはたぶんゆるぎないものひとつのことだと思います。
命の証を残そうとするその姿に胸を打たれました。

この後のDIVE前のイントロが完全にThe Wild Wind
思わず立ち上がったのはここだけの話です。

BANZAI

裏方のスタッスさんを巻き込んだBANZAIが素敵でした。
無観客配信ライブの利点を全開に活かした演出がСпасибо!

スタッフさんや一光さん、本当にお疲れ様でした。

いつかまたここで

まさかの曲が最後に来ました。

そりゃもう泣くしかないよね
特に2回目のやめないはもうね…。

後ろのスクリーンに過去のLIVEが映し出されたり
歌詞を表示する演出も凝っており、
完全に泣かせに来てます。えぇ泣きましたとも。


いつかまたZepp Hanedaでライブを演ることがあったら行きたいですね。
生きてればきっとまた会えるので明日からも頑張って生きようと思います。

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編 感想

2020年 11月18日 18:30 (水)

お疲れ様です~
鬼滅だと伊之助とカナヲが好きなまさんです。

今更ながら鬼滅の刃 無限列車編を見てきたので感想を記します。
25466fffdfew.jpg

いつも通り、特に語りたい点だけをピックアップしていきます。

戦闘シーンが凄すぎる

さすがufotable
めっちゃ動きますし音の拘りも凄かったです。

魘夢の夢から覚めてからは最後まで戦闘シーンです。
ここからは体感5分で終わります。

魘夢vsの連携戦も見ごたえがありましたが
猗窩座vs煉獄のドラゴンボールみたいな
スピード感のある戦闘もたまらなかったです。

竈門炭治郎の幸せな夢

ここも非常に良かったし胸が締め付けられるようでした。

炭治郎がこの世界は夢であることに気付いて
家を飛び出し、その背中を家族が追いかけるシーンは
目を背けたくなるほどに辛かったです。

ずっと望んでいた幸せな日々(夢)から覚めるため
自らの首を切り続けられる炭治郎はメンタル異次元だと思う。
炭治郎の心が綺麗過ぎて結核の青年が改心するのも良かった。

煉獄さんがかっこよすぎる

これに尽きます。
この映画のピークや見所は、大体煉獄さんが持っていった印象。

特に最後の言葉『胸を張って生きろ』辺りからは
ボロボロ泣かされました。

無限列車編のポスターやEDで描かれるイラストも
煉獄さんですが、それも納得できる内容でした。

余談

ここからは映画感想とは別の話です。

上映前に大好きなB'zのCMが流れて
一人でテンションぶち上がってました。
DAY4はリアタイ視聴できるので楽しみすぎます。

上映後はテンションが上がった3歳ぐらいのお子さんが
ぜんしゅうちゅう!みずのこきゅう~!って唱えてて和みました(*´ω`*)

オムレツとハンバーグ食って帰宅。
mkiemttf (1)

家でもふわとろオムレツ食べられるよう精進します。

白昼夢の青写真 感想

2020年 11月14日 18:00 (土)

お疲れ様です。
シナリオゲーが続いてるのでゆるい作品がやりたいまさんです。

白昼夢の青写真をクリアしたので
章毎に感想をまとめていきます。

各章感想

CASE-1

教師と女生徒との不倫、生々しいお話でした。
aosyasircs (4)

主人公(有島芳)が波多野凛に惹かれる理由は大いに分かるのですが
波多野凛が主人公に惹かれるのはよく分からなかったです。

しかし凛が先生の1番であることに異様に拘ったり
アルバイトを経験して慣れない料理を振舞う姿は
主人公が有島じゃないと引き出せなかった彼女の
魅力だと思うので設定とキャラがマッチしていて良かったです。

絶望した有島が自らの人生を終わらせようとする
シャワーシーンはゾクゾクしたというか、
読んでいるだけで冷や汗かきました。

心理描写が丁寧で引き込まれる章でしたね。

あと波多野凛はHシーンや立ち絵がエロすぎる。
なんやあの色気は

CASE-2

立場が全く違う劇作家と女優が
演劇というひとつの目的に向かう中で恋に落ちる物語。
aosyasircs (1)

CASE-2はとにかく話が分かりやすい章でした。

この話では主人公とヒロインが恋人、仲間であり
お互いを高めあう関係として描かれていました。

シェイクスピアの脚本に足りないところをオリヴィアが指摘し、
オリヴィアの劇団全体をひとつにするために足りないところを
シェイクスピアが指摘して演劇を完成させていく。

演劇を仕上げる日々の中で劇団の絆が深まっていくのも良い。
酒場でのやり取りも面白くて、話のテンポもバツグンでした。

ただこれといって心に残ったシーンがなく、
締め方も唐突な印象を受けたので、
CASE1~3の中だと少し劣る評価になります。

ビンタしまくるオリヴィア様がもうちょい見たかった

CASE-3

ぶっちぎりで面白かった章です。
爽やかなボーイ・ミーツ・ガールものって印象。
aosyasircs (2)

ヒロインのすもも、主人公、サブキャラどれも魅力的。

全然タイプの違うカンナとすももの出会いを通じて
お互いの夢を見つける展開は見ていて気持ちの良いものでした。

違う夢を追う者同士だけど母への想いが行動の原動力になっているので
お互いに惹かれ合うのも腑に落ちました。

梓姫もすごく良いキャラしてます。
カンナ、すもも両者とも相性がよく、
散髪シーンや風呂、別れのシーンなど
彼女関連の好きなシーンがめちゃくちゃあります。

各々悩みながらも自分のやりたいことを貫いていく姿や
それをサポートしようとする姿を描く物語は
『よっしゃ自分もがんばろう!』って気持ちにさせてくれますね。

読み終えた後、清々しい気持ちになれました。
CASE-3をミドルプライスで出していたら
批評空間で90~95は付けてるレベル。

CASE-0

白昼夢の青写真が回収される最終章。
aosyasircs (3)

CASE-0もこれまでの章とは違う世界の物語ですが
世界観が全く異なるCASE1~3がひとつになる構成は本当にお見事。

海斗と世凪の日々を濃く描いていた分、
遺伝性アルツハイマーを発症して記憶が失われ、
前頭葉を切除され、自我を失っていく世凪の姿が辛すぎる。

『どんな世凪も愛する』海斗の言葉通り、
記憶を無くしても自我を失っても、仮想世界の中でも
世凪のいない世界でも海斗は世凪のことを愛し、語り続けます。

世界のためになるかもしれない研究を中止し、
海斗と共に暮らすことを密かに願った世凪に負けないぐらい
海斗の世凪への愛の強さにも胸を打たれました。

そんな2人だからこそ、3つの物語の意味を明かす告白シーンや
世凪の世界にアクセスして凛、オリヴィア、すもも、世凪と話すシーン、
『私も、もう一度世凪に会いたい』と言う出雲にはボロボロ泣かされた。


感情を動かされたという意味ではCASE-0が頭ひとつ抜けていました。
最終章というだけあって気合を感じましたね。


しかし気になった点も多い章でした。

物語がスラスラ進んでいくテンポの良いCASE1~3とは違い
CASE0はゆ~っくり物語が進んでいきます。

海斗と世凪の日々を色濃く描くのは良いのですが
シャチや遊馬など物語のテンポを悪くする要因が
CASE-0には多すぎました。

特に遊馬の過去語りが長すぎる。

先が気になるのに冗長な回想シーンを
ダラダラと流されるのは正直萎えました。
入れるなとは言わないけどタイミングが悪すぎる。

エンディング後も惜しい。

救いのある話は大好きですが、
エンディング後に世凪が帰ってきて
Hしまくるエピローグにポカーンとなってしまった。

AVGは時間をかけて物語を楽しむものだと思っているので
余韻はめちゃくちゃ大事にしたいです。


いろいろ言いましたが非常に面白い作品でした。
全体通しての感想はTwitterで呟いた通りになります。

CASE-0が合えば95~100点を付けるのも頷ける力作だと思います。

プレイ時間 28:17


白昼夢の青写真

アインシュタインより愛を込めて 感想

2020年 11月11日 11:11 (水)

お疲れ様です~まさんです。
冬にオススメのラーメンは鬼金棒です。

アインシュタインより愛を込めて
クリアしたので感想を記していきます。
irefgfoer.png

良かった点

日常パートが面白い

行動力があって何でもズバズバ言う主人公なので
ヒロインとの掛け合いが面白かったです。

癖が凄い主人公ですが僕はハマりました。

フルHDによる美麗なCG

きみしま青先生のイラストが
フルHDで見られるのはGOOD

まだ解像度1280×720の作品が多いので
くっきり画質でエロゲできるのは嬉しいものです。

手堅いキャスティング

手堅く隙のないキャスティングだと思います。

久々にふーりんや風音さんの声を聞きましたが
安心感と安定感がバツグンでしたね。

月野きいろさんとロミの声もマッチしていましたし
恐らく新人の桜木ひなさんの柔らかい声質も好みでした。

気になった点

ボリューム不足

アイこめの前にプレイしたATRI(本編2200円)と
ほとんどボリュームに差がありませんでした。

プレイ時間が短くても、物語が綺麗にまとまっていたり
なにか他に光るものがあれば問題ないのですが、
アイこめにそういう要素は見出せなかったです。

フルプライスで売っているのであれば
佳純や忍ルート、父親やエピローグを
もう少し掘り下げてほしかったです。
特に忍の子供周りの話を見たかった。

パッケージヒロインのロミちゃんHシーンが
1個だけなのもイカンでしょ…。
GLOVETYがパイズリ好きなことは分かりました。

バトルシーンが単調

バトルが唐突すぎるし、戦っている描写も単調で合わなかったです。
終盤の決戦ですらCtrlに手が伸びそうなほど絶望的でした。

これまでプレイしてきたエロゲの戦闘シーンの中でもワーストレベル。
戦闘中に流れるBGMはかっこいいだけに惜しいです…。

描写不足

エピローグ端折りすぎだし
巫女とはなんだったのか…。
ロミの動向に関しても描写不足です。
アポロとはなんだったのか…いちごチョコか
僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもうのやつかな

考察前提の含みのある作品は好きですが
アイこめは考察しがいのある作品とは少し違う気がします。

最後に…

酷評の多い感想になってしまいましたが、
不思議と読後感は良い作品でした。

グランドのタイトル回収と新世界のαはすごく良かったと思います。
新世界のαはどっちのverも好きですがどちらかというとED派です。

プレイ時間 13:35


アインシュタインより愛を込めて【豪華限定版】

2020年秋アニメについて駄べります。

2020年 11月06日 18:30 (金)

お疲れ様です~特に楽しみなアニメは
マブラヴARIA The CREPUSCOLOのまさんです。

2020年秋アニメはリアタイ視聴しているものが多いので
ブログにざっくりとまとめていきます。

神様になった日
2020AKIANI (3)

野球、映画、ラーメン、麻雀など
相変わらずのだーまえ節全開作品。
現時点での掴みはそこそこ。

謎が多く急展開が目立ちますが
麻枝准さんのアニメは終盤の展開と
音楽に期待しているので
完走することは間違いないです。

麻枝准さんの原点回帰の答え、楽しみにしています。

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
2020AKIANI (5)

侑ちゃんの存在や作画、ソロ活動がメインといった
これまでのラブライブとは違う方向性を攻めているのが好印象。
シリーズ3作目になりますが二番煎じ感は全くないです。

アニメを見る前、実はかすみんしか知らなかったのですが
各キャラクターが魅力的に描かれているので今は全員分かります。

4話時点では優木せつ菜さんですね。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険
2020AKIANI (1)

ドラクエは詳しくないですが見て損はないと思います。

古き良き90年台の大冒険アニメを
令和の作画と演出でやっている感じ。

ドラクエのドの字も知らなくても、
話がわかりやすくテンポも良くて、
作画は劇場クオリティなので言う事なし。
やっぱ種崎敦美さんすげぇ…

アサルトリリィ BOUQUET
kujyjfy.jpg

完全にATRIの影響(主演が赤尾ひかるさんのため)で見始めた枠。

キャラは可愛いしバトルシーンはよく動くので
目新しさはないけど安定感はあるアニメだと思います。

スタァライトっぽい作画のストライクウィッチーズって印象。
あと脚の作画があまりにもムチってて独特です。

ご注文はうさぎですか? BLOOM
2020AKIANI (4)

頭カラッポにして見られる枠①

キャラがかわいい!以上!!

ほんわかな日常を描き続ける
良い意味でのマンネリ化が心地いいです。
ごちうさはサザエさん時空でやっていいと思うの

僕はチノちゃん!

魔王城でおやすみ
2020AKIANI (2)

頭カラッポにして見られる枠②

囚われのお姫様が安眠を追求するお話。
寝る前に見ると安眠できる気がする。

OPとEDがツボで今期アニメ主題歌の中で1番聴いてるかも。
ORESAMA主題歌のアニメは大体おもしろい。

無能なナナ
2020AKIANI (6)

車輪やG線で有名なるーすぼーい氏の漫画原作アニメ。

悪い意味でテンプレ尽くしの1話が苦痛でしたが
1話ラストからは面白い。
序盤の仕掛けは一人戦争、能力は車輪、心理戦はG線っぽい。

主人公の動機や物語の落としどころが気になりますね。
タイトルにも何か意味がありそう

安達としまむら
2020AKIANI (1)

尊い。
マイルドな百合要素や安達の人間関係の捉え方、
人間関係に対してドライに感じている心の声が聞こえる演出がツボ。

安達としまむらだけのシーンがもっと見たいですが
他キャラの介入による安達のリアクションがこの作品を面白くしているし、
その分2人になるシーンの尊みが増すと思うので、
絶妙なバランスがよく出来てるなぁと関心します。

今期のアニメで1番円盤が欲しい作品は?
と聞かれたら安達としまむらを挙げるかも。

動画にもまとめました。


今期は本当に豊作です。

アニメはまとめて見る派ですが、
学生時代のようにリアタイ視聴して
毎週楽しみにするのもいいものですね。