06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

Summer Pockets REFLECTION BLUE 追加√感想

2020年 07月05日 18:20 (日)

お疲れ様です~まさんです。

Summer Pockets REFLECTION BLUEの追加√を
すべてクリアしたので感想を記していきます。

神山 識√

ぶええええええええええええええ!

の声量がすごすぎるおむすび小鬼娘。
スーパーカーの爆音エンジンみたいな迫力に
ヘッドホンゲーマーの僕は深夜に飛び上がりました。
smpoefr (2)

識ちゃんの魅力は何気ない掛け合いにあると思います。
子供と鬼ごっこしたり、優しい目に戸惑ったり、おむすびを語ったり…
サマポケには識ちゃんほどハイテンションなキャラがいないので
もっと鳥白島の人達と交流するシーンが見たかったです。

ストーリー自体の出来は悪くはないのですが、
パッケージヒロインの√としては弱い印象。

僕自身がサマポケの鬼の伝説や過去の話に
あまり関心が向かなかったからかもしれません。

最後の回想シーンは感動しましたが、
いまいちすっきりしない締めでした。

野村 美希√

のみきと鳥白島を好きになる古き良き√
こんにゃく(この青空に約束を)みがあるお話でした。
smpoefr (4)

90年代感のある話で先が読めましたが、
のみきが可愛いイベントが多く、読みやすいシナリオで
しっかり泣けたのでマイナスポイントは何もないです。

なぜこの島を守ろうとするのか、
何に悩んでいるのか…無印では見られなかった
彼女の弱い部分も知ることが出来て、
さらにのみきが好きになりました。

個人的にRBで1番株をあげたのはのみきです。

のみきは最後、鳥白島と一緒に生きていくと決めて
大好きな島で、親戚の人達を『待つ』という結末は
泣きはしなかったものの、爽やかな読了感がありました。

のみき√は1番最初にプレイするのが良いと思います。

加藤 うみ√

うみちゃんの子供ならではの悩みにフォーカスしたお話。
smpoefr (1)

Pocketで羽依里が蚊帳の外だったことが
すごく気になっていた身としては、うみちゃんと羽依里が
衝突して親子みたいな会話をしているだけでウルッときます。

無印で投げっぱなしだった羽依里の過去、
心の傷を解決する展開があったのも良かったです。

あまり扱いがよくない印象があったうみちゃんと羽依里に
救いがあるお話なので非常に満足度が高いです。
前もって無印をプレイしていて良かったと思える√でした。

綺麗にまとまっていましたし、締め方も良い。
うみちゃん√はアニメ向きな気がしました。気長に待ってます。

水織 静久√

RBが発表された時、いやいや静久パイセンは
紬√の親友ポジションにいてこそ輝くキャラなので
個別はなくてもいいんじゃ…と正直思っていました。
smpoefr (3)

ところがどっこい。蓋を開けてみると
サマポケ個別の中でも3本の指に入るレベルの神√でした。

3人の関係を崩さずに話が進んでいったのはもちろん
紬√とは違う切り口で3人の絆の深さを感じるお話でしたね。

とにかく紬が良い娘すぎる。
静久√の山場は紬がもっていきます。

問題が多すぎて、なかなか着地点が見えませんでしたが、
母親と話し合ったり、わざと静久に嫌われようとしたり
羽依里と静久が別れたり…それだけ盛り上がり所が多い√でした。

何よりエピローグが最高

最後のCGに関してはサマポケ全√の中でも屈指の破壊力です。

プレイ時間 22:04


Summer Pockets REFLECTION BLUE 初回限定版