08月 « 2019年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 横浜アリーナ公演感想

2019年 09月10日 20:00 (火)

どうも~速いクルマが好きなまさんです。

B'z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE- 
横浜アリーナ公演(7/9)に参加した日のことを記していきます。

ライブ前の駄べり

開演前にいろいろ食べたので、サクッと記事に残します。
ライブデイはチートデイ。

お昼⇒スシロー
tdytoiop.jpg

おやつ⇒幸せのパンケーキ
stgubz (1)

ライブ直前⇒ねぎし
stgubz (2)

横浜アリーナ最寄の新横浜はアクセスだけでなく、グルメも優秀なので
ライブ以外にも楽しみがあって大好きな会場です。音響もいいしね

さっとツアートラックを撮って入場。
stgubz (4)

ゲートが広いので入場もスムーズでした。
stgubz (3)
stgubz (5)

それではライブの感想に移ります!

セットリスト

1.マイニューラブ
2.MR. ARMOUR
3.WOLF
4.俺よカルマを生きろ
5.トワニワカク
6.今夜月の見える丘に
7.有頂天
8.ultra soul
9.恋鴉
10.ゴールデンルーキー
11.Rain & Dream
12.SICK
13.マジェスティック
14.裸足の女神
15.RED
16.イチブトゼンブ
17.Still Alive
18.デウス
19.兵、走る

アンコール
20.juice
21.さまよえる蒼い弾丸

ライブ感想

新生のB'zをこの目に焼き付けてきました!
今回は、特に印象に残った6曲にフォーカスしてまとめていきます。

WOLF

照明演出がド派手で、めっちゃくちゃライブ映えしてた1曲。

連続で遠吠えするとは思いませんでしたw アオアオアオーーン
イチブトゼンブのような、今後の定番曲になってほしいです。

今夜月の見える丘に

イントロで会場がざわめきました。

久々に『今夜月の見える丘に』を生で聴けて本当に嬉しかったです。
この曲を通じて、稲葉さんの調子の良さやパワフルさがよく分かりました。

サビの張り上げるところなんて声量が凄すぎて地響きしてましたよ。
寝なあああああああああいよおおおお(バリバリバリドドドドド!

Rain & Dream

いやぁ、かっこよすぎじゃないですかね…。
僕の中でのWhole Lotta NEW LOVEの最大風速はRain & Dreamのアウトロです。

TAK 対 YT…贅沢なギターバトルが見られました。
爆音ながらもクリーンな音が聴こえたので、
これは横アリ音響の恩恵を大いに受けていたシーンだと思います。

マジェスティック

NEW LOVEで1番好きな楽曲。
暖かい気持ちになりました。

ほとんどの方が座ってゆったり聴き入っていた
あの雰囲気が居心地よかったです。

この後の裸足の女神のイントロがNothin' But The Bluesにしか聴こえなくて
一瞬歓喜してしまったのはここだけの話ですw

兵、走る

新生B'zを象徴する曲が『兵、走る』かなと思っております。
日本の音楽シーン最前線を走ってきたB'zが一歩その先を目指す曲。

ストイックかつ謙虚なお二人の生き様が刻まれた1曲という印象があるので、
生で聴いて魂が震えたというか、僕も先へ進まないとな!って気持ちになりました。

心に小さな炎が着火されたような、そんな瞬間になりましたね。

さまよえる蒼い弾丸

テンションがとんでもなく上がりました。
C'monの東京ドーム公演で初めて聴いて鳥肌立った日が蘇りましたね。

B'zの楽曲の中でも特にアガるのはALL-OUT ATTACKと
BAD COMMUNICATION、さまよえる蒼い弾丸だと思っているので
この締め方は本当にかっこよくて、ハイテンションのまま横アリを後にしました。

サポートメンバーについて

今回のツアーからサポメンが一新されたということもあり、
ライブの空気感が今までと全然違いました。

今までは全員が一丸となって一緒にライブを創り上げる。
B'zもサポートメンバーも同じ方向を向いているイメージでした。

今回は『B'z VS.サポートメンバー』という印象を受けました。
お互いギラギラしてて、ライブで本気をぶつけあい高めあう。

今まで感じたことのないライブ感に終始圧倒されました。

新生サポメンは全員若いですが、
いざステージに立っている姿を見るとオーラがありました。
とんでもないゴールデンルーキーが現れたものです。

僕の推し(?)はSam Pomanti(キーボード)さんです。
MCは可愛らしい好青年って感じですが、
弾いてる時は雰囲気が変わります。


このメンバーで、もっといろんな曲をライブで聴いてみたいと思いました。
ドームツアー、気長に待ってます。