07月 « 2019年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 感想

2019年 08月01日 19:00 (木)

お疲れさまです~まさんです!

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ないを観てきたので感想を記します。
ayfyfu (1)ayfyfu (2)

いやぁ…やられましたね。
僕の中では、今年一の映画になりました。

ここまで映画の世界にのめり込めたのは久しぶりです。
緩急がはっきりした手に汗握る作品でした。

年末の『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』がなければ
良作だらけの2019年映画トップを、僕の中で独走していたかもしれません。

実はというと、アニメ青ブタ全話視聴後は、
『面白いけど、絶賛するほどでは…』という印象を持っており、
そこまで期待をせずにこの映画を観に行ったんです。

ですが映画は本当にドストライクな話で、
めちゃくちゃ良い意味で期待を裏切ってくれました。
そりゃ青ブタ人気でるわ…と納得させられた90分間でした。

ヒロインが魅力的でどちらも違うベクトルで強いのはもちろん、
主人公の咲太が、迷いながらも最後はちゃんと答えを出すのも良い。


誰かが命を差し出さないと助からない状況、
咲太も、翔子さんも、麻衣さんも自分の命を差し出そうとする。

僕はどちらかというと牧之原翔子さん派ですが、
やはり咲太は、麻衣さんとくっついてほしいと思います。

ですが映画での翔子さんの健気すぎる姿を見ると、
翔子さんは絶対に生きていてほしい、
幸せになってほしいという想いも強くなります。


中盤、翔子さんが犠牲になることを阻止するため
咲太が犠牲になるのはなんとなく予想ができたのですが、
まさか麻衣さんが跳ねられるとは思っておらず、
あまりの急展開に頭が追いつきませんでした。

あえてBGMを流さないシーンが続くなか、
爆音の衝突音と共に、麻衣さんが跳ねられたので
二重の意味でびっくりしましたね。

その後の展開はそれ以上に絶望的で、
この映画は、とにかく緊迫感が凄かったです。

辛くて先の読めない展開が続くので、
どうかBAD ENDで終わらないよう祈るように観ていたのを思い出します。


最後に咲太が出した答え、そして結末…どちらも僕は花丸満点評価です。

あの大団円がいいんですよ。


麻衣さんの心臓病の患った少女を演じた映画が大ヒットして
心臓移植ドナーが増えたことや過去を改変しようとするシーン等…

大団円を迎える為の伏線は、きちんと張っていたように感じますし
あれが僕が見たかった理想の結末だったのでマイナスな印象は何もないです。


涙したり、絶望したり、微笑ましくなったり…感情が起伏しすぎて
序盤を一部忘れてしまったので、近々もう1回観に行きたいです。
神奈川劇場のほとんどで上映終了してるのが悩みどころ…。

あと一眼カメラを抱えて江ノ島にも行こうと思います。