11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

映画「若おかみは小学生!」感想

2018年 12月08日 18:00 (土)

こんにちは、まさんです。

映画「若おかみは小学生!」を観に行ったので、
感想を記そうと思います。
fhguiwef.jpg

若おかみは小学生!について

TVシリーズ未視聴で原作小説も読んだことがなく、
どんな物語か全く知らない状態で視聴。

面白いアニメをたくさん知っている一部相互の方がこの映画を
大絶賛しており、興味本位で映画を観ることに決めました。

映画「若おかみは小学生!」感想

めっちゃくちゃ良かったです。

襟がずぶ濡れになるぐらいまで泣いてしまいました。
おっこちゃんの成長に涙する心温まるストーリーでしたね。

若おかみは小学生!の原作は児童文学で子供向けに
作られているため、ストーリーも分かりやすく、
TVシリーズや小説を読んでいなくても問題ない構成になっていました。

90分弱の映画の中におっこちゃんの成長だけでなく
それぞれの登場人物のドラマが詰まっていて
若おかみは小学生!のキャラクター、世界観がすごく好きになれました。

ファンタジー要素である幽霊も、この作品に自然に馴染んでいました。
おっこちゃんはもちろん、美陽ちゃん、グローリー様好き。みんなすき。

少しずつ両親が亡くなったことへの現実味が増していき、
これまで支えてくれた大切な友達(幽霊)も見えなくなっていく。
両親を事故死させてしまった人がお客様として春の屋に来る。

いろんなことが重なりすぎて見ているのが辛いシーンもありました。

グローリーさんが現れた瞬間、ありがとうグローリー様ああああ!ってなった。
両親の幻が自ら事故死を告げるシーン辺りからは永遠に泣いてました。

春の屋はどんなお客さまも受け入れるという作品の軸が
最後まで通っていたのも素晴らしかったです。

おっこちゃんが笑って「私は春の屋の若おかみです」と言ったシーンは
10回観たら100回泣くわ。劇場の皆さんここで鼻すすってた(グスッ…ウゥ)ぼくもです。
かっこよすぎるよ・・・もう立派な春の屋の若おかみだよ。

この作品は芸能人の方が数多く声優を務めているようですが
演技に違和感のある方はおらず、キャラにマッチしていたと思います。

おっこちゃん役の小林星蘭ちゃんの泣き演技は凄かった。
小林星蘭ちゃんが14歳ってマジか・・・。
寂しい感情がダイレクトに伝わってくる演技に心が震えましたね。

今年のアニメ映画はとんでもなく豊作です。
映画「若おかみは小学生!」、とても良い作品でした。

食だべり

ここからは映画関係ない話になりますw
1539581199846.jpg

上大岡のTOHOシネマズに行ったので、前々から気になっていたつけ麺屋
啜磨専科に行ってみることにしました!
1539581183779.jpg

つけ麺界で様々な賞を貰ったことのある有名店らしく、
13時半でもそこそこ待機列ができていましたね。

非常に中毒性のある塩つけ麺でした。
塩気が強いけど、あっさりしてて食べやすかったです。
スープ割りはゆずとあられが入って絶品でした。

晩はマックです。
1539581175207.jpg

久々にえびフィレオ食べましたがうまいですね。
370円はやや割高な気がしましたが、家の近くにあって
いつでも食べられるのはありがたいです。

毎回言ってるような気がしますが、ちゃんと摂生しないとなぁ・・・。

そして12月以降は、この世界の(さらにいくつもの)片隅に、DBブロリー、
ラブライブ!サンシャイン!!、Fate HF、コードギアス、ユーフォニアム
などの
映画が目白押しなのでとても楽しみです。