12月 « 2017年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!- 1/29感想

2017年 01月31日 18:00 (火)

1月29日 THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017
765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-
 に行ってきました!
hydfrf9ouf.png

イベント本編の感想を駄べる前に前日あったことや
765アイマスについても残しておきたいので感想だけ見たいって方が
いらっしゃいましたら少しだけスクロールをお願いしますね

まずアイマスライブはLV、現地含め初めてになります。
765PROの知識はアニメとOFAのみだったので予習必須。
デレマスやミリライ等の曲を除いても約250曲あるらしいです。
新規曲が多く披露されるという前情報が無ければ即死でしたねw

イベント前日に一緒に参戦する友人が愛媛からやってきたので
専門学校勢の仲間と一緒に飲みへ。
1485782622114.jpg
1485782629778.jpg

やっぱり飲み雑談は最高ですね。また落ち着いたら飲みたいものです。

本番は明日なのでお酒は控えめにしておこうって思っていたものの
気がつけば20時半過ぎ入店から7時間半ぐらい経ったでしょうか。
イベント前日の帰宅が早朝4時という大誤算かましてしまいました。ピャーww

5時間ほど寝てイベント当日。
会場に向かう前に寿司食って英気を養う。
1485783797952.jpg
1485783805492.jpg

イベント前後はやっぱ美味いもの入れとくに限りますねw
モチベも最高峰になったところで千駄ヶ谷へ向かう!

開場30分前には到着しましたが駅周辺は当然ながらP達がわんさかいましたね。
駐車場にはアイマス痛車が並んでおり、画像で見るより迫力あって
かっこよかったです。お金あるなぁ・・・(遠い目

会場付近にはフラワースタンドもたくさんあったので開場前も退屈せず楽しめました。
1485783885826.jpg
1485783840470.jpg
1485783865544.jpg
1485783850681.jpg

あっという間に開場。アリーナCの前側でしたがステージとの距離は
結構近くて演者もはっきり見えるそこそこの良席でした。

1485783898608.jpg

隣の方がアクティブに名刺を渡してきてくれたりアイマスイベントならではの
交流があったことも印象深いです。P名刺を首からぶら下げている方も
多かったので非常に周りとのコミュニケーションが盛んなイベントだと感じました。

ではでは本編の感想へ参ります(w゜ヮ゜w)/

▼セットリスト、イベントの流れ

1.団結2010
 Producer’s Voice
 朗読劇
2.アルティメットアイズ
3.ザ・ライブ革命でSHOW!
4.Miracle Night
5.僕たちのResistance
6.アマテラス
7.紅白応援V
8.Happy
9.THE IDOLM@STER

▼感想

とにかく楽しかった! の一言に尽きます。

まず声優さん達が登場する前、モニターに今イベントに関わった会社のロゴが
表示されたのですがこれをなぜか会場全体が読み上げるww

グッドスマイルカンパニー!!ブシロード!ナムコー!!foo!等のコールが
すごい盛り上がってて本編が始まる前から楽しかったですwww

CG春香が場の雰囲気を温めてから団結2010。
それぞれのアイドルの良さがこれでもかって程詰まってる曲で
サビもめちゃくちゃ盛り上がるので団結は1曲目向けですね。

全員が揃わないと絶対に歌えない曲だと思うので聴けて嬉しかったです。

ちなみに俺は萩原雪歩Pなので個別に挨拶してるときは
特にあずみんに対して叫んでたなぁ。初めて生で見ましたがくっそ可愛かったです。

Producer’s Voiceはアンケートについて語っていましたが
演者が良い意味で好き放題やっていて内容が頭に入ってこないww
赤羽根Pは愛されキャラでした。かっこいい~↑

朗読劇は長年一緒にやってるメンバーだからこそできる無茶振り祭りw
スベシャルゲストみのりん登場やアドリブ殴り合い、キングPPAP等の名シーンが
多々ありましたが個人的MVPはあずといあずみん。
雪歩Pだからね、しょうがないね

雪歩(CVあずみん)「くるっと回って…にゃん♪」→ワイ「あ゙あ゙あ゙あ゙」
相手は死ぬ。


みんなのかっこいい、あざとい台詞がたくさん聴けたので楽しかったですw
殴り合える関係(?)って良いよね・・・ねっw

あっという間にイベントも後半戦。お待ちかねのライブです。

玲音(茅原実里さん)のアルティメットアイズはとにかく上手い。かっこいい。
多忙の中、あそこまでパフォーマンスを仕上げてきてたのは本当すごい。
帰宅後、原曲聴きましたがCD音源よりもライブの方が上手く感じた。

Miracle Night、僕たちのResistance、アマテラスの新曲ラッシュは
しっかりと予習してきたので披露されて安心しました。

Miracle Nightは音の圧がすごくて生で聴いてより好きになりましたね。
カウントとサビのWow wow wo~!が楽しくてライブ映えする曲だなぁと歓心。
僕たちのResistanceは歌はもちろんダンスも激しくて燃えました。
アマテラスは可愛くてかつコールが盛り上がってGOODでしたね。

ライブパートはどの曲も盛り上がりましたが会場が
一番声出てたのはたぶん紅白応援Vだろうなぁ。
ファイト!ファイト!赤組ファイト!!
控えめに言って超楽しかったですw
間違いなく翌日声枯れの原因は紅白応援Vでしょうが後悔はない。

ザ・ライブ革命でSHOW!、Happy!、THE IDOLM@STERはお決まりですね!
今後も長く歌われる曲になりそうです。

ライブパート終盤のMCは本当にみんなが765プロ、アイマスという
コンテンツそのものが好きってことが伝わってウルッときました。

歌だけのライブがしたい!ってミンゴスの叫びや
キングの30年でも続けてたいね。ってMC等
みんなが涙ながらにアイマスへの愛を話す姿を見て
そりゃこれだけのPがついてくるわけだわ・・・と
アイマスの原点である765プロの底力を感じました。

非常に良い経験ができたので参加して良かったです。

満足感を胸に友人と感想駄べりながら電車乗り換えるとそこには・・・
1485783906347.jpg

そりゃ撮るよねw
デレステの広告いろんな所で見るなぁ
デレは5thもあるのでSSAや幕張は予定合えば参加したい。

そして晩飯はチゲ味噌ラーメンセット!
1485783911623.jpg

やっぱライブ後飯はいつも以上に美味しく感じる・・・。最高の一日でした!
宣言通り765プロでライブだけのイベントがあれば今回のPミーティング以上に
予習をしっかりして参加できたらいいなと思います。

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 仇花・宿怨編

2017年 01月28日 00:00 (土)

大団円かと思われた3章から衝撃の展開。
これまでの忠臣蔵とは一味違うお話でした。

4章のヒロインは清水一学(現世では一魅)
直刃同様、現世からループしてきたもうひとりの人物。
hduidde.jpg

実は一学さんは忠臣蔵の中でも五本の指に入るぐらい
好きなキャラクターでしたのでメインヒロインなのは嬉しかった。

赤穂浪士は忠義に厚くてなんだかかっこいいみたいなイメージを
大きく変えてくるストーリーになっているのも驚きでしたね。

一魅の周りであった不幸も実際にありそうな問題で感情移入しやすかった。
これまでは吉良を討ち取るという目的の統一したストーリーでしたが
今回は「吉良こそが正義!」と語る清水一学がメインヒロインなので
これまで味方だった内蔵助達と戦う展開もあります。

吉良は正義!赤穂浪士は悪だ!というのも極端な気はしますが
吉良家側からみるとそういった見方もできるのかもなと
一魅の意見に頷ける部分もありました。

これまでとは全く別視点の忠臣蔵が見られる4章は興味深く
製作陣が伝えたいことやこだわりが感じられて好印象。

でも1~3章に比べると盛り上がりには欠けたかな。
煮え切らない終わり方、胸糞悪い展開等
進めるのがかなりしんどい話でもありました。

平左衛門は正直自業自得だと思ってしまいますが
お初ちゃんは気の毒すぎる。

唯一の友人を失った悲しみや揺らぎをかき消すように
一魅が「一人の小娘の命がなんだというの・・・」という台詞を
連呼するのも見ていてキツいものがありました。

忠臣蔵物語の闇に触れたストーリーでしたね。
一魅いわく次のループで黒幕が炙り出せるとのことだったので
次が最後のループ、最終決着の章になります。

プレイ時間 59:57

Aster 感想

2017年 01月25日 00:00 (水)

Asterをクリアしたので感想を残します。
jdfiror.jpg

プレイして良かったと心から思える傑作でした。
まずAsterを薦めてくれた友人2名に感謝。

珍しいマルチ主人公のゲームでしたがこの複数の物語があるからこそ
ここまで評価されている作品なんだなぁと感じましたね。
泣きゲーとしてそこそこ名前が通っている作品なのも納得。

それでは簡単に個々ルートの感想を駄べります。

柚月沙耶

恋愛に奥手な二人がゆ~っくりくっ付いていく展開(なんとこれだけでプレイ8時間!
恥ずかしそうにイチャコラするかわいいカップルです。

そして着実に主人公ヒロのバイト先や学校の人間関係も充実していきます。

そんな順風満帆かと思われた日々が突然終わりました。
沙耶が事故死。
衝撃の展開からOPムービーが流れたので君が望む永遠を思い出しましたよ。

しかもニクいことに沙耶が死んでしまったことを沙希が電話でヒロに
伝えるシーンの演出が凝ってて強く印象に残ってます。

OPを見た後はタイトル画面に戻され沙耶でも沙希でもない3名のルートを
攻略しないと先へ進めないという鬼畜仕様。Ruskさんやってくれましたね…

小田巻雛

沙耶が亡くなった事故のもうひとりの被害者。
こちらも可愛らしいカップルで日常シーンも全く苦じゃありませんでした。

失明してしまっても周りに心配をかけないよう無理やり明るくふるまう雛と
絶望してしまった京次の想いのすれ違いは辛い。

でも雛を一生支えていくと決めた京次はもうブレない主人公に
変わって見ていて気持ちが良かったです。
絵本のストーリーを楽しそうに話す京次とやれやれと思いつつも
楽しそうに話を聴く雛は幸せそうでした。

沙耶ルート後に開放される3ルートの中では頭ひとつ抜けて面白かったです。

山吹美幸

事件のきっかけになった人物。加害者側の話になります。
美幸が母の死のことで父と喧嘩してしまい、その勢いで道路に
飛び出してそれを避けた車が沙耶と雛に衝突。

人を殺してしまったと自分を責め続ける美幸は自殺を図りますが
主人公の正人(雛の兄)が止めます。
罪を償う為に死ぬなんて親父さん泣くわ

最後は2人で目を治せるような医者になること、
罪を背負って「生きる」ことを決めたのは良い〆だった。

姫萩はるな

事故を起こした運転手が主人公睦月の母。
母親も事故で亡くなってしまい、あげくには人殺しの息子と責められてしまう被害者。

母の生徒であったはるなさんがいじめられている睦月を支えていじめを解決。
最後は家族を超えて恋人になります。

ただいじめ解決やピアノのシーンは良かったものの他ルートに比べパンチが足りない。
本編はそこそこ楽しめましたがAfterは恋人になるまでが長すぎてちょっと退屈でした。

ただシーン回想は全キャラ中一番多いので優遇はされてると思う。

柚月沙希

ついに開放された沙希ルート。
事故直後の話なので主人公ヒロは沙耶の死を受け入れられず
ずっと塞ぎこんでしまいそれをなんとかしようと動く沙希にも冷たく当たってしまいます。

気を利かせた沙希との約束もヒロはうざがって破ってしまい
それがきっかけでお互いの怒りが爆発します。

沙希の「いい加減にしてよ!」「あんたに…何が分かるのよ!!」と
これまで我慢していた、辛かった想いを爆発させるシーンは凄まじかった。
沙希CV青山ゆかりさんの迫真の名演技はただただ感動しましたね。

ヒロがこれまで出せなかった涙を流し「弁当に100点をつけてやりたかった…」
辺りの台詞にも泣かされました。

奇跡なんて起こらないのがAsterの良いところでもあり、残酷なところでもある。
雛ルートでもそうでしたが決して目が見えるようになったり
沙耶が生き返ったりすることもない。時間を戻すこともできない。
安易にご都合展開に持っていかないAsterだからこそ死生観や
不幸から幸せになることに重みが出る。

少しずつ昔のような明るさを取り戻していくヒロは
自分を支えてくれた沙希に惹かれていき、
約束をきっかけに恋人になるのも感慨深くニクい話です。

ここまで長かっただけに感動は大きく、ヒロと沙希には
心から幸せになってほしいと感じました。

Aster

上記4キャラのAfterまでプレイした後に開放。
沙耶が沙希に残した言葉、ヒロと沙希のその後が描かれます。

30分かからないぐらいでAsterルートはクリアできますが、
全ルート中一番感動しました。

しあわせになってね 沙耶が残した最期の約束。
そして 3人で流星群を見る というもうひとつの約束。

2つの約束を果たす奇跡のようなルートを最後にもってくるとは・・・。
完全にやられました。間違いなく傑作といえます。

雪が星の様に降り注ぐ中、2人はしあわせになると誓い〆。
最後のテキスト「それは沙耶から祝福という名の_奇跡 だった。」は鳥肌立った。

エンディングの夢を見る夢がこれがまた良い曲です。
「ただ歩いてく 残された幸せ拾っていくように」ってサビ歌詞が特に好き。
不幸のどん底に落とされても、幸せになるため前に進むしかないという
Asterを通して感じたメッセージと重なり、またウルッとさせられました。

Asterで一番感動したところはオールクリア後のタイトル画面
efaer4f.jpg

まだまだ未プレイの良シナリオゲーがあることが分かったので
よりAVGのモチベが上がり、良い刺激を受けました。

しかし気になった点もいくつかあったのでまとめておきます。

・文字被り、誤字脱字がかなりある。
・日常パートは一部退屈に感じてしまい中だるみはあった。
・オートモードが遅すぎる。(最速に設定しても遅い

Aster製作会社であるRuskさんが解散してしまったことが悔やまれます。
今の綺麗な画質や充実したシステムでAsterクラスの作品が出せれば
美少女ゲーム業界で何かしらの賞を獲れるんじゃないかってぐらい
本当に良い作品だと思いました。

プレイ時間 38:18

オートモードが他ゲームに比べてゆっくりだったので
クリックしながら進めたらたぶん20~25時間ぐらいのボリュームだと思います。

カプ・テテフについて駄べります

2017年 01月22日 00:00 (日)

ひっっっさびさのポケモン記事。(2ヶ月ぶりぐらいかな
着実にエロゲメインのブログになっている気がするので「お?ポケモンもしてんの」と
言われそうな勢いですが実はここ、ポケモン記事が一番多いんですw

さてポケバンク解禁、過去産使用可能なシーズン2がもうすぐ始まるので
どんなパーティで潜るかというのも既に決めており育成も完了しております。

今回はシーズン2でもお世話になりそうなカプ・テテフ について駄べります。
fhufq.png


まずカロスポケモンで一番最初に型を考えるのがなぜこのポケモンなのかというと
一番強い新ポケモンはテテフだと考えているからです。

テテフの強いとこ苦手なとこやシーズン2で使用したい型を考える。

◆強い

・C130エスパー技1.5倍の圧倒的火力。
 →C特化サイキネ無振りガブ 確定2発79.2%〜93.9%
 →C特化ショックずぶといB252ラッキー 確定2発75.6%〜88.9%
・覚える技が多く安易な受け出しを許さない
 →まずテテフを安心して受けられるポケモンはほぼいないと思う
arferw (1)←きあいだま、めざ地面
arferw (1)←10万ボルト
arferw (2)←きあいだま、めざ炎
aertt4.gif←サイコショック
appppap.gif←シャドーボール(厳しい

 交代されそうなポケモンにも大ダメージを入れることができます。
・バレパンかげうち等の強力な抜群先制技を防げる
・S95というそこそこの速さで上から殴れる相手が多い
・Dが高く特殊受けも可能
・かわいい

◆弱点

・B耐久が低めの為、上からの物理は苦手
 →耐久調整次第で不一致抜群技等を耐えられる
 絶妙な数値なので努力値振りは悩みますね。
・ガルドやグロスは相当厳しい。

◆育成している型
abigtetef.gif

控えめ H157(92) A B95 C200(252) D135 S136(164)

H 余り振り。乱数がかなりずらせます。
C んんwww最高火力以外ありえないw
S スカーフ最速130族抜き抜き/最速70族、準速80族抜き

シーズン2でテテフに何が撃たれるのか潜ってみないことには
はっきり分からないのでB方面の調整は様子見。
おそらくバシャのフレドラがとんでくるんだろうなぁ

サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/自由枠
エスパーZ/スカーフ/眼鏡/チョッキ/ラムで使用して
1番しっくりきたのを使っていこうと思います。

シーズン2は人口も増えてレートインフレが起こりそうな予感がするので
この波に乗り、最高レートを更新したいところです!SM目標は2100!

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 百科魁編

2017年 01月21日 00:00 (土)

一番好きな章です。綺麗にまとまっていました。
et7detee.jpg

3ループ目にもなると直刃は相当強くなってるので
ご城代や安兵衛さんとの時とは役割が変わり
剣を教える、ヒロインを守る側の立場になります。

松之丞好感度マックス状態から始まるのでこれまでの章とはまるで別人。
これまでツンツンしていた姿が見られずちょっとコレジャナイ感w
でも頑張って直刃を振り向かせようと慣れない誘惑をするシーンは可愛かったです。
テンポのいい序盤のギャグパートは結構長くて笑いましたねw

そして百科魁編は新八なしでは語れない
なんと3章初登場、しかも敵ポジションで人気ナンバー1キャラクターです。
sdfqdl.jpg

安兵衛さんクラスの腕を持ちながら直刃にお兄ちゃんと可愛い声で
甘えてくる姿にやられたプレーヤーも多い筈。さすがナンバーワン娘。
実は俺も新八は好きなキャラベスト3に入るぐらいには好きですw
小倉結衣さんの可愛らしい口調や怒り狂う演技がめちゃくちゃ良かった。
Hを最後までしてから直刃を殺すのも最高にCOOL

ですが3章のメインヒロインはやっぱり主税だなぁって再認識したシーンがあります。
精神崩壊から立ち直らせる健気な主税の姿には胸打たれましたよ。
300年前の時代から来て何度もこの時代へ来たと言う夢みたいな話を
疑わずにすぐ信じて一緒に未来を変えようとしたのは主税だけ。
直刃が初めて助けを求めた時、主税が言った「お任せを!」は心強かった。

そこからは2人が大きく成長して殿の雪辱を果たし、
元の世界へ戻った直刃も現世で前に歩き出す大団円。

主税と内蔵助の親子愛、主税の散り際、大岩の相合傘は泣いた。

この作品を神ゲーといわず何という。
中だるみなく綺麗に終わったので文句なしの100点満点あげたい。

これまでプレイした約180本のAVGの中でもトップクラスに面白かったです。
長い旅でしたがすごく感動したのでプレイして本当に良かった。

城や大岩を見に聖地巡礼に行きたくなりましたね。
いや~良い作品に出会えたわぁ。


・・・


・・・・・・

dtetyx.jpg

!!!???
って終わってないんかーい

正直3章が素晴らしい出来だったので最終章までこの勢いのまま
3章並、もしくはそれ以上のフィナーレまで駆け抜けてくれたら
これまでプレイしたAVGの中でも1番の作品になるかもしれない。

100点をあげられる作品を神ゲーとしていますがそれを超えるとなると
相対的にこれまで神ゲーとしていたゲームを100→99点にするので
自分の中での神ゲーは忠臣蔵だけになります。

まさかこんなすごい可能性を感じるゲームがあったとは…。
これだからエロゲギャルゲはやめられませんww

今後、加速するか失速するかで評価は大きく変わりそうですが
先が気になるのでどんな結末でも最後まで忠臣蔵を見届けたいです。

プレイ時間 50:14

2017年期待の新作エロゲについて駄べります。

2017年 01月18日 00:00 (水)

2017年始まったばかりですがめっちゃくちゃ楽しみなビッグタイトルが
数多く並んでいるので今年はエロゲ大豊作の予感がします。

気になる作品の中でも「これは絶対欲しい!」って作品のみ厳選して紹介。

サクラノ刻
aborasi (2)

最も欲しい新作エロゲ。前作サクラノ詩が凄まじい完成度だったので
その続編も良い作品になるだろうって期待しかない。
サクラノ詩で才能を開花させた御桜 稟とサクラノ刻に登場する生徒又は
直哉の対決も見られるのではないでしょうか。
天才に最後まで食らいついた長山香奈の今後も気になりますね。
前作キャラクターと戦う続編作品って熱い。楽しみです!

幕末尽忠報国烈士伝 MIBURO
aborasi (1)

忠臣蔵の次は新撰組。キービジュアルのオーラもすごい。
武士の鼓動ってFDに出てくるキャラクターが今作のメインらしいので
MIBURO発売までにプレイしておくつもりです。
これが良作だったらインレの歴史物は予約して全部発売日に買おう。

月に寄りそう乙女の作法2.1 E×S×PAR!!
aborasi (4)

待望のつり乙2続編。
エストの姉問題、パル子さんは続きありきの終わり方、朔莉の3P発言など
ちゃんと綺麗に終わったのがルミ姉ぐらいだった気がするのでそりゃ出るよなw
そして2.1のさらに続編の2.2でアトレかジャスティーヌ嬢の話やるんですよね(願望

ところで俺の大好きなディートリンデ様メインのFD発表はまだでしょうか(血涙

太陽の子
aborasi (5)

あくしろよ

美少女万華鏡 -罪と罰の少女-
aborasi (3)

最高級の絵、シーン回想の充実ぶり、そこそこ良いシナリオで低価格。
これまでの美少女万華鏡シリーズ4作全て価格以上に楽しませてもらいました。
篝ノ霧江以来の高圧的ヒロイン、主人公が男の娘。
面白くなりそうな要素しかないので予約して買います!

2017年 冬アニメについて駄べります

2017年 01月15日 00:00 (日)

さて!今年のアニメがどんどん放送開始されてますね。
2016年は15本ぐらいの新作アニメしか見ていなかったので
今年はより良い作品を求めて気になったアニメは積極的に見ていきたい。

それでは視聴予定の今期アニメをさくっと紹介。

CHAOS;CHILD
2017aniemwx (1)

今年の本命TVアニメ。複数エンディングがあるのでどのルートでいくのか
読めませんが原作ゲームの出来がめちゃくちゃ良かったので期待大。

セイレン
2017aniemwx (3)

アマガミのようなフェティシズムを感じるアニメは貴重。
今のところ十萌お姉ちゃんが気になるなぁ。

ガヴリールドロップアウト
2017aniemwx (2)

期待の癒し日常(?)枠はこれ。やっぱ疲れた体にはブヒアニメだよな!
キャラかわいくて製作が動画工房ときたら不安なく見れそうです。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
natuanime2016 (11)
2クールものの分割なので引き続き視聴。原作と展開を変えているので
プレイ済でも楽しめそうです。1期の勢いのまま駆け抜けて欲しい。

Rewrite 2ndシーズンMoon編/Terra編
2017aniemwx (4)

1stシーズン全滅エンドからの続編。どうやら原作でもこの章からが
本番って意見をよく聞くのでどんなストーリーになるのか気になります。

BanG Dream!
2017aniemwx (5)

前々から宣伝に気合いが入っているので気になってるコンテンツ。
キャストには歌唱力のある愛美さんや大橋彩香さんもいるので曲も楽しみ。
バンドリって単語きくとポケクラの血が騒ぎますw自分はカバドリが好きです

2016年 私的面白かったアニメTOP10

2017年 01月12日 00:00 (木)

遅くなりましたが毎年記事にしている面白かったアニメランキングを発表します。

実は2016年TVアニメを見た本数めちゃ少なかった・・・。
リゼロやこのすば等話題になったアニメもありましたがなぜか見ていないので
あくまでも自分が2016年に見たアニメのランキングになります。
未視聴の良作も多そう。

今年は良いアニメを求めてどんどん本数見ていきたいですね。

10位 三者三葉
無難に面白い日常枠だった。双葉ちゃんがかわいい

9位 WWW.WORKING!!
キャラ一新したもののワーキング独特なテンポの良い掛け合いは健在。

8位 テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
期待以上の出来だった2016年のダークホース枠。アリーシャが報われて良かった・・・。

7位 あまんちゅ!
天野こずえ先生原作アニメで期待大の癒し枠。良いアニメだったがいろいろと惜しかった。

6位 無彩限のファントム・ワールド
エロアニメ。設定内容も良く京アニクオリティで楽しめた。続編を密かに期待してる。

5位 Rewrite
BADENDで今期続編をやるそうなのでさらに評価上がる可能性高。オカ研のやりとり良い。

4位 planetarian ~ちいさなほしのゆめ~
名作。個人的に映画の方が好みだったのでこの評価ですが
短い時間の中で世界観も感動もある素敵な作品でした。

3位 NEW GAME!
2016anibesu (2)

失速は一切せず全話共通して面白かった。動画工房の底力を感じました。
キャラはみんな可愛らしく一生懸命で見ているだけで幸せな気持ちになりますw
大変だけど仕事にやりがいを感じて充実した日々を送る姿は眩しいってもんだ(遠い目

2位 ラブライブ! サンシャイン!!
2016anibesu (3)

2016年感想話してて1番楽しいアニメはラ!サ!でしたね。
今となっては‎μ'sと同じぐらいAqoursメンバーが好きです。
最終話がスッキリする〆ではなかったのでストーリーは惜しい出来でしたが
9話「未熟DREAMER」が2016年屈指の神回だと感じたのでこの順位にしました。
今年もダイヤさん、3年生組、AZALEA推していきます。続編はよ

1位 響け!ユーフォニアム2
2016anibesu (1)

コンクールの演奏も凄まじく音に対するこだわりやここまでやるかってぐらい
負の感情に視点が当たっている作品なので胃が痛くなるような重い展開もあります。
それでも心の底から見て良かった、迷いなく2016年の1番はユーフォニアムだなと思いました。
吹奏楽内だけでなく家族や友人含む人間関係も描いてうまくまとめていたのもすごい。
ちょっと興味ある、見てみたいって方は1期からの視聴を強くオススメします。

ちなみに一番好きなシーンは最後の「響け!ユーフォニアム」のところです。

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 江戸急進派編

2017年 01月09日 00:00 (月)

一番熱く燃える展開があったのは個人的に江戸急進派編かな。
2章のメインヒロインは堀部安兵衛さんです。
dbghgduigd.jpg

直刃も2週目ループ時点では安兵衛さんに迫る実力
手にしており行動力もあるので見ていて気持ちがいい。

2章は特に登場人物のパワーバランスが丁度良く戦いでも
どちらが勝つか分からない緊張感がありました。

結末を知っているからこそ未来を変えようと
独断で動く直刃はループものならではの面白さ。
主人公以外が1週目の記憶を失くしているのもお決まりですね。

やっぱ主人公がどんどん強くなっていくループものは好きです。

巻き上げで大逆転するシーンも多く1週目ご城代との修行が
しっかりと活きているのも好印象。

2章では安兵衛VS内蔵助というドリームマッチも見られるので
吉良邸討ち入りの盛り上がりは全章の中でもピカイチです。

この章で安兵衛さん、そして桐谷華さんの声に惚れる
かっこよすぎだろ・・・あとデレの破壊力が凄まじい

朝に弱いところや直刃への好意を素直にぶつける
良い意味で分かりやすく、まっすぐなキャラです。絶対人気出る。
武士道とは死ぬこととみつけたり

桐谷さんの低音ボイスが聴けるゲームを今探していますw

あと関係ない話ですが2章プレイしてる途中に友人と
やすべえってつけめん屋さんに行く機会があり運命感じました。
1483668305436.jpg

量もあって結構美味かったですまる

1章では見られなかった郡兵衛さんの生き様も掘り下げて
描かれているので一部キャラクターの印象も変わりました。
2章で初登場する孫太夫も面白くて良いキャラでしたねw

前章には登場しない吉良ではない黒幕の存在も匂わせた章。
そして2章で死んでしまった小平太が次ループの鍵になることも明かされ〆。

江戸急進派編もマンネリを感じることなく楽しめました。

プレイ時間 33:17

劇場版 艦これ 感想

2017年 01月08日 00:00 (日)

かなり前の話になりますが劇場版 艦これを観に行ったので
簡単にではありますが記憶を頼りに感想を残しておきたい。

1483766955249.jpg

期待も不安もある状態で観に行きましたが思ったより面白かったです。
いろいろとグダグダだったアニメ艦これの反省を活かしつつ
上手く〆まで持っていった映画だと感じたので見て損はない出来だと思う。

▼良かった点

戦闘がかっこいい
 →冒頭戦闘はテンション上がりましたw
 TV版よりも動きが激しく緊張感もありました。
 一撃が重くダメージ表現も進化しています。
 
艦娘同士の良いやりとりが多かった
→加賀さんと瑞鶴とのやりとりは特にグッときた。

TV版以上に艦娘の扱いが丁寧だった
 →とりあえず原作台詞言わせたり二次創作ネタ等で
 不自然だと感じた場面が映画にはありませんでした。
 妖精さんの扱いにはちょっと感動したぐらいです。

▼気になった点

終盤展開がよく分からなかった
 →悲しみや恨みを背負うもう一人の深海棲艦吹雪を受け入れた瞬間に
 いきなり解決してエンディング。
 
エピローグでの如月帰還は蛇足感があった
 →また会おうねと約束して如月が沈む⇒ED⇒再会で〆でしたが
 急すぎてあまり感動できなかったし少しなげやりな印象を受けた。

深海棲艦の設定
 →映画でこの設定を明かして如月も帰還したとなると
 アニメ艦これの世界で出来ることはほとんどやったと思う。
 2期はどうなるのか検討もつきませんが誰も沈ませずに
 深海棲艦撲滅を目指す話は見てみたいものです。

ここからは映画関係ない話。
エミフルで映画見たら大抵やよい軒行きますw
1483766983368.jpg

やよいの卵焼きが甘くて好きですね。
安価なポテト等のオプションと比べると高価ですが
無性に食べたくなるときがあります。

昼食後は寒空の下、親友と雑談。いつもの良き流れですw
横浜行く前の愛媛最後の遊びになりましたが良い思い出ができました。

2017年はFateやガルパン等の期待作が控えているので映画に行く機会は多そう。
電車乗って行くからには映画はもちろんグルメも楽しみたいです。

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 假名手本忠臣蔵編

2017年 01月07日 00:00 (土)

ブログ再開初記事はオフライン環境のお供だった忠臣蔵46+1の感想にします。
非常にボリュームのある作品なので章毎に記事にする予定です。

まず俺は忠臣蔵に関しての知識はすっからかんであり
歴史を題材にしたゲームに対してもそこまで関心はありませんでした。
よくNHKとかでドラマや特集やってたりしますが見たこともないです。

エロゲを買う前の判断材料として使わせていただくErogameScape
高評価(中央値87点/全アドベンチャーゲームの中で31位)だったので
そんなに評判いいならやってみるか。ぐらいの軽い気持ちでプレイ。

クリアしましたがこりゃ90点でも妥当だと思えるぐらい完成度の高いゲームでした。

それではまず1章假名手本忠臣蔵編の簡単な感想を。

dggqdqw.jpg

突然300年前にタイムスリップしてしまった主人公直刃が
假名手本忠臣蔵編で約2年間、作中ほぼ最強キャラの内蔵助の元で
数々の修行や場数を踏み武士として大きく成長する章。

シナリオ全クリした上でこの記事を書いていますが
主人公とヒロインの関係は一章が1番好みでした。

ご城代と直刃の信頼関係がゆっくり築かれていく過程がすごく良い。
つ○乙でもそうでしたがやっぱり愛のある主従関係はGOODだね。

熱い戦闘、面白い日常会話のバランスも絶妙で
あっという間の10時間。終盤は泣けます…。

実は1章メインヒロインの内蔵助が最初はちょっと苦手でした。
他キャラがなにかを提案しても「ならん」の一点張りでちょっと怖かった。

しかしそんなご城代も誰にも理解されずに一人で悩んだり
酒に頼ったり苛立ちを隠せない描写や何のために動いていたのかが
直刃との関係が深まるにつれて明かされていくので
いつのまにかご城代が大好きになっていましたw

あぁ~昼行灯殿をおんぶしてぇ
水やりしてる立ち絵が可愛くてお気に入りですw
hiruandon.jpg

殿の無念の死から2年間を丁寧に描いているので忠臣蔵の知識が皆無でも
物語の流れが理解できると思います。
歴史のストーリーにファンタジー要素を上手く織り交ぜていますが
そこまで気にならない程度のものです。

最後に殿の残した刀が輝き絶望的な状況からの大逆転は
読みやすい展開ではあったものの少年漫画的なノリで盛り上がりました。

直刃の唐突な死から時間が撒き戻り主人公がループすると分かった瞬間ワクワクしましたね。

プレイ時間 13:40

生存報告とブログ更新再開のお知らせ

2017年 01月06日 13:00 (金)

お久しぶりです!

めまぐるしい横浜での日々もひと段落つき
待ちに待ったネット開通も完了したので更新再開。

毎日コスパ最高の鶏胸もやし食って元気に生きてます。
1483668338007.jpg

節約したい時はそこそこお腹にたまって200円切る
良たんぱく質の鶏胸もやしをぜひどうぞ

さて横浜での暮らしですが慣れるとか以前に
まだ都会に住んでいる実感がない

いろいろと大変なこともありますがなんだかんだ新しい日々を楽しんでます。

予定ついでにみなとみらいや秋葉原、お台場等
いろんなところに行って美味しいものも食べてきました。

秋葉原 神田
1483668285825.jpg
1483673667087.jpg
1483673686276.jpg
1483668316188.jpg

お台場
1483673375123.jpg
1483673418487.jpg
1483673392838.jpg

みなとみらい
1483668274590.jpg
1483673297231.jpg
1483673335903.jpg

池袋
1483673722786.jpg
1483673755179.jpg
1483673705795.jpg

移動費?知らない子ですね…。

12月1日~1月6日までネット環境がありませんでしたが
スマホとポケモンとエロゲをずっとしてたので
思ったより全然苦じゃない・・・と思っていましたが
通信制限がかかった12月下旬辺りは地獄でした。

デレステの起動すらできませんでしたよw
ず~っとこの画面。シンデレラフェスガチャも回せず…。
1483674014100.png

12月下旬はソシャゲ全てにさようならしました。
新年を迎えたことより通信量リセットの方が嬉しかったのはここだけの話ですw

ネットがない間は忠臣蔵46+1をずっとやってましたね。
pureiyotei (3)

ボリュームもあってやりがいのある近年稀に見るレベルの傑作でした。

なのでネット開通までにプレイしたゲームの話やまだまとめていない映画艦これの
感想などを今後どんどん更新していこうと思っています。

さてさて環境も整いブログを更新する時間は取れそうなので
愛媛にいた頃とほとんど変わらない頻度でやっていくつもりです。

今後もマイペースに更新していくのでお時間あればぜひ覗きにきてくださいな( ^∇^)ノ

あけましておめでとうございます!2016年のまとめと2017年のご挨拶

2017年 01月01日 00:00 (日)

あけましておめでとうございます!
そして黒澤ダイヤお姉ちゃんの誕生日ときました。
いや~めでたいですね
destiniyalonea.jpg

お久し振りです( ̄∇ ̄)v
横浜に引っ越して未だにネット環境がない
現状ではありますが新年の挨拶ぐらいは
ちゃんとしておこうと思い記事にしました。

スマホから記事書くのは初めてでしたが
PCの倍ぐらい時間かかりますね( ;∀;)

さてさて去年を振り返ります。
2016年は趣味が本当に充実した年でした。

▼アニメ

特に2016年の映画は凄かった。
話題作の「君の名は」はもちろん
聲の形、プラネタリアンも
心動かされる良い作品でした。

テレビアニメはワンクール安定して面白かった
ユーフォニアムやNEW GAME。
そしてラブライブ!サンシャイン!!の9話が
今年一の回
でしたね。

▼イベント

2016年もたくさんのイベントへ行きましたが
その中でも特に心に残り、今でも自分を支えてるのは
ラブライブ! μ's Final LoveLive!氷室京介さんのLAST GIGS
一生忘れられないであろう最高の思い出です。

どちらも大好きなアーティストの
ファイナルステージだったので生で見られて本当に良かった。
ブルーレイもここぞという時に見たいですね。

▼ゲーム

たぶんこれまで生きてきた中でも良い作品を
こんなに多くプレイできたのは2016年だけだと思う。

待望のポケモンの新作も発売されました。
今年もレートやフレ戦楽しみます。

そしてこれまで約180本アドベンチャーゲームを
プレイしてきましたがその中でも神ゲーと
言えるものは4本しかありませんでした。

しかし今年プレイして神ゲーだと感じた作品は
なんと2本。

素晴らしき日々 〜不連続存在〜
うたわれるもの 二人の白皇


今自分の中で神ゲー評価は6本ですね。

忠臣蔵46+1や乙女理論とその周辺も
神ゲーに迫る勢いがありました。

振り返ってみるとたくさん遊んだ楽しい1年でしたね。

◇2017年について

年も越したことですし、まず目標、抱負を決めたい。
2017年はシンプルに5つ!

1.元気にブログを続ける
2.出費を出来る限り抑え貯金する
3.摂生と筋トレで63kgまで体重を落とす
4.去年以上に多くの人と話す
5.サンムーンで最高レートを突破する


東京等でのイベント事も積極的に参加したいですね。
感想等も記事にするつもりです。

そして2017年はどう動くかで今後の道が
大きく変わる勝負の年だと思っています。

今年は趣味や仕事面等すべてひっくるめて
良い年にしてやりますよ!(`・∀・´)

2017年も元気に楽しく過ごしましょう!
ブログ共々今年もよろしくお願いします!