FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

【※閲覧注意】みずあめくんのこと

2018年 09月03日 20:20 (月)

こんにちは。まさんです。

9月2日の夜から3日までのことを何かしら形にしておきたくて
記事にします。みずあめくんのことです。

重い話なので閲覧注意としており、上手く言葉にできず読みづらい文章と
なっているかもしれませんがご了承いただければ幸いです。

続きを読む

【※閲覧注意】今の正直な思いを記事に残します。

2018年 06月14日 18:30 (木)

主がブログを始めた頃からずっと仲良くしている
みずあめくん(Twitter / Blog)という人がいました。

これまで主のブログを見てくれた方だと分かるかもしれませんが
ラブライブ関係のイベント記事にて結構な頻度で出てくるあの人です。

Aqoursの1~3rdライブ、ファンミーティング、上映会、
沼津旅行、ポケモンオフ会、終電まで2人で呑んだり、
SAOやコードギアスの映画を観に行ったりしました。

なぜこの記事を書くに至ったのかといいますと、
主とみずあめくんがとても楽しみにしていた
ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rdLive!があったのです。

やっとの思いで現地当選した埼玉公演は6月9日(土)と6月10日(日)でした。

6月9日(土)公演はみずあめくんと最高に楽しみました。ブログ記事にもしました。

6月10日(日)公演はみずあめくんが体調不良で主ひとりで行くことになりました。
Twitterのダイレクトメールでそのやりとりを行ったのですが、
みずあめくんは申し訳なさそうで悔しそうな印象でした。

主は正直に「ドゥーム公演もあるし、これからですよ!
初日にみずあめくんと行けてよかったよ!」ということを伝えました。

これが主とみずあめくんとの最後のやりとりになりました。







6月11日(月)みずあめくんは亡くなったようです。






6月13日(水)の深夜に、ブログを通じてこのことを知りました。
これといった証拠、ニュースになったわけでもないようなので
本当かどうかは分かりません。確かめる術もありません。

みずあめくんとはTwitterダイレクトメールぐらいしか連絡手段がないので
たくさん「大丈夫か?、体調悪いのか?、来週のAqours 3rdLive!の
ライブビューイングはどうする・・・」等のダイレクトメールを送りました。

しかし、6月10日以降のダイレクトメールは一向に既読になりません。

みずあめくんは、かなりTwitterを触っている頻度が多く、
1日に1回も呟かないという日は珍しいです。

ですが、それだけで死を納得しろというのは無理な話です。

みずあめくんから直接、これからの人生どうすればよいかという
悩みを6月9日に聞いていたので、一度、ネット関係のつながりを全て断って
再スタートを切ろうとしていたとしても、なんら不思議な話ではないです。

真相は分かりません。

ただ、どちらにしてもみずあめくんと会うことはもうないのだろう、
というのは分かりました。

みずあめくんは趣味話だけではなく、自分がどんな価値観を持って
生きているか等の深い話もできる大事な人です。

そして主は初期のブログ勢に対して特別な感情をもっているので
自分の心中の大きなピースが外されたような、そんな感情です。

この件は主にとってあまりに重く、みずあめくんと共に楽しんだ
ポケモンやラブライブを全部捨て去ることも考えましたが、できませんでした。

みずあめくんとの出逢いには心からの感謝しかないです。
絶対に自分にとってマイナスな消し去りたい過去にしたくない。

みずあめくんの分もいろんなことを2倍も1000倍も楽しんでやろうと思います。
いつか主が同じところに行った時、山ほど土産話を聞かせてやります。
もし生きて再スタートを切っていた場合でも、最高だったぞー!って
記事を書き続けて、いつかどこかでみずあめくんが読む日がくればいいと思います。

3rdLIVE最高だったよなぁ!と朝まで飲み明かす日がくることを楽しみにしています。

かげがえのない日々を過ごせました。

ありがとう。


あとがき

この記事を更新した6月14日(木)に神田明神へ行ってきました。
DSC_0085.jpg

不思議と行かなければという気持ちになったんです。
参拝中、自分の思いの丈を吐いて、この記事を完成させました。

やりきれないまとまらない思いをここまでブログにぶちまけたのは
初めての経験なので読みづらい文章になっているかもしれませんが、
最後まで読んでくれてありがとうございます。

当たり前の事ですが、大事な人にはちゃんと会った方がいいということを
改めて知ったので、どこかの連休で主は一度、故郷の松山(愛媛)に帰ろうと思います。