06月 « 2017年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

ChuShinGura 46+1 武士の鼓動 幕末/本編後編 感想

2017年 03月05日 21:30 (日)

最終決戦までタイムスリップで身を隠していた話が
本編で明かされていなかったのでそこの補完が幕府編です。
また本編後の話も少し駄べります。

インレの次回作は幕府編に登場する新撰組サイドの
ストーリーらしいので最新作の予習にもなります。オトクなFDですね。
新撰組はこの作品内では悪役扱いだったので
幕末尽忠報国烈士伝 MIBUROによる深い掘り下げに期待しています。
aborasi (1)

ちなみにキャラは斎藤一と沖田総司がお気に入り。
イサリンとヒジリンはかっこいいので新撰組サイドにもみんな魅力がありました。
MIBUROで敵となるかもしれない桂小五郎もめちゃくちゃ良いキャラだったので
発売が楽しみです。沖田総司の病気もどうするんだろう・・・。

又次郎さんや菅野さんの話等、見どころは多く
新撰組との最終決戦は本編込みでも屈指の熱さでした。

特に数右衛門VS総司の戦いは燃えましたね。
三連突きによる敗北から三連突き回避による勝利はかっこよすぎた。
3回分避けるCGがしっかり用意されてるのもGood
geuiegd.jpg

本編で数右衛門さんの真剣な戦闘シーンは少なかったので
幕末編での大活躍は嬉しかったです。
まず新撰組の面子は数右衛門さんクラスの腕前じゃないと
太刀打ちできない強敵。ハイレベルな戦いが熱かったですね。

本編後のストーリーは直刃がヒロイン達とちょっと引いてしまうぐらい
Hしまくってたw本編後ストーリーは完全にイチャコラ抜きゲ。

でも最後に本編ループで関係を持った5人から1人を選ぶ展開は
全部綺麗にまとまっており、すっきりとした〆で好印象でした。
特に右衛門七ルートが良かったです。
莉桜ちゃんの件を回収して現世に戻った直刃に託す右衛門七の
健気さに目頭が熱くなりました。

ChuShinGura 46+1の面白いところはやっぱり直刃がループして
どんどん強くなり未来を変える所にあると思っていましたが
このFDはループ要素がなくても十分面白かったです。
本編攻略後に気にいったら即買いしても後悔しない出来のFDだと感じました。

プレイ時間 29:12
スポンサーサイト

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 刃・忠勇義烈編

2017年 02月06日 00:00 (月)

今回が最終章なので待ちに待った黒幕との最終決戦。
長かったChuSinGura46+1のストーリーが遂に幕を閉じます。

最終章のメインヒロインは右衛門七ですが
良いシーンは小夜が持っていくことが多かった為
これまでのヒロインよりも見せ場が少なかった気がしましたね。

でも春河あかりさんのほわわ~んとした声好きなので
たくさん聴けて満足ですw

黒幕に対しては出てきても「誰やねん」って感想しかなかった。
あとエロい、かわいい、赫夜改心攻略ルートFDはよ
dfyuyujop.jpg

シルエットがちょっと似てるからって阿久里様疑ってすいません!
見た目なら阿久里様一番好きです。ぐう聖、マジ天使マジリスペクト!(手のひら返し

実はモブキャラとしてあなた達に接近していたのよ!ってドヤ顔で
語ってるシーンもしっくりこなかったので谷間しか見てなかった。
正直小物感がすごくて黒幕としては役不足な気がしましたね。あとかわいいよ

強化された武士達や白い大蛇が現れたりしたものの
すぐに加勢や千鳥解放により赤穂浪士側が優勢になるので
緊張感にイマイチ欠けていた気がします。

吉良戦や眼帯を外した新八戦の方が遥かに燃えたかな。
でも立ち絵や演出はぐわんぐわん動いてすごかった。

全員生存ハッピーエンドで終わったので〆は良かったです。
chusinguracgsas.jpg

どんな結末でも赤穂浪士は死んでしまうと思っていたので
みんなが生き残る終わりを最後に持ってきてくれたのはご都合でも何でも嬉しかった。

殿の無念を晴らし武士として切腹する3章の終わり方が
綺麗で一番しっくりきましたが、生存EDもそれはそれでアリ。

ChuSinGura46+1は3章帰還エンドと5章全員生存エンドの
2つがあると個人的に勝手に受け止めてますw

刃・忠勇義烈編の幸せなエンディングは泣けました。
歌ってるのは新六役の海原エレナさんと聞いてびっくり。

蒼穹の歌詞が忠臣蔵そのまんまでじ~んときましたね。
歌い出しが「300年後の未来から来たと~♪」ですよ。
この作品のために書き下ろされたんだろうなぁ。

長い本編はこれで終わりですがインレの強いこだわりが
感じられる本当に楽しいゲームでした。終わってしまうのは寂しい。

今までプレイしたエロゲの中でも五本の指に入るぐらい
好きな作品になったので近い内にファンディスクも必ずプレイします!

プレイ時間 73:09

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 仇花・宿怨編

2017年 01月28日 00:00 (土)

大団円かと思われた3章から衝撃の展開。
これまでの忠臣蔵とは一味違うお話でした。

4章のヒロインは清水一学(現世では一魅)
直刃同様、現世からループしてきたもうひとりの人物。
hduidde.jpg

実は一学さんは忠臣蔵の中でも五本の指に入るぐらい
好きなキャラクターでしたのでメインヒロインなのは嬉しかった。

赤穂浪士は忠義に厚くてなんだかかっこいいみたいなイメージを
大きく変えてくるストーリーになっているのも驚きでしたね。

一魅の周りであった不幸も実際にありそうな問題で感情移入しやすかった。
これまでは吉良を討ち取るという目的の統一したストーリーでしたが
今回は「吉良こそが正義!」と語る清水一学がメインヒロインなので
これまで味方だった内蔵助達と戦う展開もあります。

吉良は正義!赤穂浪士は悪だ!というのも極端な気はしますが
吉良家側からみるとそういった見方もできるのかもなと
一魅の意見に頷ける部分もありました。

これまでとは全く別視点の忠臣蔵が見られる4章は興味深く
製作陣が伝えたいことやこだわりが感じられて好印象。

でも1~3章に比べると盛り上がりには欠けたかな。
煮え切らない終わり方、胸糞悪い展開等
進めるのがかなりしんどい話でもありました。

平左衛門は正直自業自得だと思ってしまいますが
お初ちゃんは気の毒すぎる。

唯一の友人を失った悲しみや揺らぎをかき消すように
一魅が「一人の小娘の命がなんだというの・・・」という台詞を
連呼するのも見ていてキツいものがありました。

忠臣蔵物語の闇に触れたストーリーでしたね。
一魅いわく次のループで黒幕が炙り出せるとのことだったので
次が最後のループ、最終決着の章になります。

プレイ時間 59:57

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 百科魁編

2017年 01月21日 00:00 (土)

一番好きな章です。綺麗にまとまっていました。
et7detee.jpg

3ループ目にもなると直刃は相当強くなってるので
ご城代や安兵衛さんとの時とは役割が変わり
剣を教える、ヒロインを守る側の立場になります。

松之丞好感度マックス状態から始まるのでこれまでの章とはまるで別人。
これまでツンツンしていた姿が見られずちょっとコレジャナイ感w
でも頑張って直刃を振り向かせようと慣れない誘惑をするシーンは可愛かったです。
テンポのいい序盤のギャグパートは結構長くて笑いましたねw

そして百科魁編は新八なしでは語れない
なんと3章初登場、しかも敵ポジションで人気ナンバー1キャラクターです。
sdfqdl.jpg

安兵衛さんクラスの腕を持ちながら直刃にお兄ちゃんと可愛い声で
甘えてくる姿にやられたプレーヤーも多い筈。さすがナンバーワン娘。
実は俺も新八は好きなキャラベスト3に入るぐらいには好きですw
小倉結衣さんの可愛らしい口調や怒り狂う演技がめちゃくちゃ良かった。
Hを最後までしてから直刃を殺すのも最高にCOOL

ですが3章のメインヒロインはやっぱり主税だなぁって再認識したシーンがあります。
精神崩壊から立ち直らせる健気な主税の姿には胸打たれましたよ。
300年前の時代から来て何度もこの時代へ来たと言う夢みたいな話を
疑わずにすぐ信じて一緒に未来を変えようとしたのは主税だけ。
直刃が初めて助けを求めた時、主税が言った「お任せを!」は心強かった。

そこからは2人が大きく成長して殿の雪辱を果たし、
元の世界へ戻った直刃も現世で前に歩き出す大団円。

主税と内蔵助の親子愛、主税の散り際、大岩の相合傘は泣いた。

この作品を神ゲーといわず何という。
中だるみなく綺麗に終わったので文句なしの100点満点あげたい。

これまでプレイした約180本のAVGの中でもトップクラスに面白かったです。
長い旅でしたがすごく感動したのでプレイして本当に良かった。

城や大岩を見に聖地巡礼に行きたくなりましたね。
いや~良い作品に出会えたわぁ。


・・・


・・・・・・

dtetyx.jpg

!!!???
って終わってないんかーい

正直3章が素晴らしい出来だったので最終章までこの勢いのまま
3章並、もしくはそれ以上のフィナーレまで駆け抜けてくれたら
これまでプレイしたAVGの中でも1番の作品になるかもしれない。

100点をあげられる作品を神ゲーとしていますがそれを超えるとなると
相対的にこれまで神ゲーとしていたゲームを100→99点にするので
自分の中での神ゲーは忠臣蔵だけになります。

まさかこんなすごい可能性を感じるゲームがあったとは…。
これだからエロゲギャルゲはやめられませんww

今後、加速するか失速するかで評価は大きく変わりそうですが
先が気になるのでどんな結末でも最後まで忠臣蔵を見届けたいです。

プレイ時間 50:14

ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1- 江戸急進派編

2017年 01月09日 00:00 (月)

一番熱く燃える展開があったのは個人的に江戸急進派編かな。
2章のメインヒロインは堀部安兵衛さんです。
dbghgduigd.jpg

直刃も2週目ループ時点では安兵衛さんに迫る実力
手にしており行動力もあるので見ていて気持ちがいい。

2章は特に登場人物のパワーバランスが丁度良く戦いでも
どちらが勝つか分からない緊張感がありました。

結末を知っているからこそ未来を変えようと
独断で動く直刃はループものならではの面白さ。
主人公以外が1週目の記憶を失くしているのもお決まりですね。

やっぱ主人公がどんどん強くなっていくループものは好きです。

巻き上げで大逆転するシーンも多く1週目ご城代との修行が
しっかりと活きているのも好印象。

2章では安兵衛VS内蔵助というドリームマッチも見られるので
吉良邸討ち入りの盛り上がりは全章の中でもピカイチです。

この章で安兵衛さん、そして桐谷華さんの声に惚れる
かっこよすぎだろ・・・あとデレの破壊力が凄まじい

朝に弱いところや直刃への好意を素直にぶつける
良い意味で分かりやすく、まっすぐなキャラです。絶対人気出る。
武士道とは死ぬこととみつけたり

桐谷さんの低音ボイスが聴けるゲームを今探していますw

あと関係ない話ですが2章プレイしてる途中に友人と
やすべえってつけめん屋さんに行く機会があり運命感じました。
1483668305436.jpg

量もあって結構美味かったですまる

1章では見られなかった郡兵衛さんの生き様も掘り下げて
描かれているので一部キャラクターの印象も変わりました。
2章で初登場する孫太夫も面白くて良いキャラでしたねw

前章には登場しない吉良ではない黒幕の存在も匂わせた章。
そして2章で死んでしまった小平太が次ループの鍵になることも明かされ〆。

江戸急進派編もマンネリを感じることなく楽しめました。

プレイ時間 33:17