06月 « 2020年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

波乱の2020年を振り返り、今後の生き方を考える

2020年 06月26日 19:30 (金)

お疲れ様です。まさんです。
2020年に2回職を失いましたが元気にしてます。


退職日に撮影したので声のテンションが低めですが
身投げとかはしてないです。

這い上がる決意表明みたいな意味合いで動画撮りました。

今回は2回の退職を振り返り、
動画で触れなかった今後の働き方について記していきます。

【1回目】3月の退職について


1回目の退職はコロナの影響によるものです。

ITの客先常駐(SES)の仕事だったので、
3月に会社から案件を紹介されました。

それがPCを一切触らない夜勤の現場仕事、
自宅からとんでもなく遠い現場で給与面も落ちる案件を
提示されたため退職を決意しました。

僕は20歳の頃に夜勤の仕事で救急車デビューを
果たしたことがあり、絶対に夜勤の仕事はできないと
入社前に伝えてあったので実質強制退職です。

これは想像の話ですが、
コロナの影響で案件があまりにも少なかったため
IT関係ない職種に対しても営業をかけていたんだと思います。

この件をきっかけにSESからは足を洗うこととなりました。

【2回目】6月の退職について


2回目の退職は自己都合によるものです。

人間関係の問題とピリピリした社風の不一致により
精神的負担が大きく、長くは続けられないことを
肌で感じたため退職しました。

退職の判断が早すぎる気がしますが、
僕は2年ほど前に口が痙攣したり
平衡感覚を失って立てなくなったり、
幻覚や幻聴が出てしまう精神的な疾患を
持ってしまった過去があります。

喋れない状態に戻ったらその時は死という
考えで生きているので、身の危険を感じたら
即退散すると決めています。

今後の働き方について


やっぱり僕は社会不適合者なんだなってことを
改めて痛感したので、これからどう働くか
しっかり考える必要があります。

…といっても2年前からやっている
本業+副業で収入源を分散させる方向で
これまでと変わらない生活をしていくつもりです。

僕の場合、企業で出世や昇給を狙うより、
副業収益をもっと増大、分散させる方向に
力を注いだ方が報われやすい気がします。

今年の2回退職を通じて、企業勤めで
のし上がる道は望み薄だと感じました。

しかし現段階で副業だけに振り切る選択をするのは無謀。
副収入は波がありすぎるので本業(保険)は必要です。

今後は本業を非正規にしてでも時間を確保し、
副業収益を増やす方向で
収入源を分割できるように動いていきます。

1.本業

自宅(横浜)近くの会社から内定を貰ったので
これからは今まで以上に副業時間を確保できる筈。
満員電車移動は精神すり減らすだけなのでカットするが吉。

ここで確実に生活費を稼ぎつつ健康保険組合にも加入します。

副業の状況次第で働くペースを調整。
現時点では週4がベストな気がします。

これは持論ですがどんな状況でも労働時間を
お金に変える仕事は本業ひとつに絞るべきです。

2.副業

2年前、精神疾患になったことをきっかけに開始。
今後、最優先で強化していきたい領域です。

副業である程度の収入を得るまで1年半掛かりましたが
今は副業だけでもギリギリ生活していけない(いけないんかい)
ぐらいの額は月に稼げるようになりました。

ここは継続しつつ、増益または分散できるよう考えます。

長期間ひとつの会社に勤めるの無理だな…とか
自分はそのうちニートになるだろうって思考の方は
心の底から副業を薦めたいです。

3.趣味副業

1.2があるのでこの領域でお金は稼げなくてもOK
この領域ではやりたいことしかやりません。

趣味や体験、伝えたいことを資産になる可能性があるものに繋げます。
Youtubeやブログなどがそれに該当します。

このブログは意地でも収益化せぬ。趣味で金は稼がぬ…
みたいな謎の思考を持っていましたが、
今回の退職ラッシュを通じて、そのプライドに別れを告げました。

先月から当ブログにもAmazonアソシエイトを実装。
二諭吉ほどの売上が出て目ん玉ぶっ飛びました。

今やるべきこと


就活は終わりました。

退職の相談をする前から別会社の面接を受けていたので、
その一発目で決まって良かったです。

就業開始は7月下旬からになります。

ただこのご時世、コロナの影響による
短期切りもありえるので油断は禁物。

今やるべきことは徹底した体調管理。
保険証がないので病気したら詰みます。

あとは今後のために固定費を見直すことですね。
固定費が高いと環境を変えるリスクが上がります。

近々、格安simに移行しようと思います。

こんなこと書いた後で何なのですが
本業以外の仕事は全部自宅なので良いチェアには投資したい。
さすがに今20万のアーロンチェア買うのは厳しいので
3,4万ぐらいのゲーミングチェアを買うことにします。


2020年は予定通りにいかないことばかりですが
お互いなんとかやっていきましょう。

どうして副業をするのか

2020年 01月03日 18:00 (金)

どもです~まさんです。

2020年になったことですし、
今まで書いたことない方向性の記事を書こうと思います。

この記事は1年ちょい前から始めた自己投資や副業の内容ではなく、
『なぜ副業をするのか』について僕の考えを綴った記事です。

なぜ副業するのか

どこに勤めていても安定はないと思っているからです。

・終身雇用を信じていない、してもらう気もない
・年金が支給されると思っていない
・ぼーっとしてる時間より有益
・通勤電車が嫌過ぎる
・新しい夢ができた
・リストラされた方を何人も見てきた
・将来への不安の払拭…

 つまり自己防衛、国なんてあてにしちゃだめよ


副業する理由は挙げればキリがないです。

それに僕は1年半ほど前に精神疾患を患ってしまって
今でもたま~に症状が出たりもします。

大きなストレスもなく平均収入を確保できる環境にいる
今だからこそ、自分で稼ぐスキルを身につけないと
将来何もできなくなって詰むかも…と思っています。

心の底から会社勤めに向いてないことを自覚したので
何かを変えないといけないと思って始めたのが投資と副業です。

心構えについて

来年、仕事を失っているかもしれない。
だったら副業等の自己投資は絶対に早いほうがいいです。

今いる会社がどうなるかなんて分かりませんが
例えば2025年、減給やリストラをされたとしたら
僕は去年と同じ行動を起こすと思います。

今の自分の状況を客観的に見て危機感を持つ
ことが自己投資や副業をする上での行動に繋がります。

副業は8ヶ月無給でしたが、
絶対に将来のためになると思いながらやっていたので苦ではなかったです。

僕自身、スペックが鬼低いことを自覚しているので、
早く動いて何もしていない層を少しでもリードするしかないです。

凡人だからこそ学習と経験の量で勝負していくしかないと割り切りました。

自己投資、習慣化について

自分の能力に自信がないとか、
今のスキルでは転職できたとしても収入落ちるかも…って
気持ちがあるなら収入に繋がる自己投資はおすすめです。

何やればいいかわかんねぇ…って場合は
まずルーティンを作ることから始めてみるのがいいと思います。

09:00~09:30 話練習(持病対策)
10:00~10:45 トレーニング
11:00~13:00 プログラミング
16:30~17:00 広告
21:30~22:30 株、投資


みたいな感じで空きそうな時間をみつけて
カレンダーアプリ上に自己投資予定をぶちこんで、
この時間だけは是が非でもそれをやる!調べる!まとめる!

作ったルーティン以外の時間はフリーです。
出かけようが孵化作業に没頭しようが
エロゲであへあへしてようが自由です。
生活にメリハリができてとても良い(語彙

なかなか続かないと言われている家トレが
2年以上続いているのも上記のような管理のお陰です。

やるかやらないか考えてる時間を生まず
モチベーションに左右されない習慣化がバリバリ最強No.1

2020年は去年以上によく学び、よく遊びます。
そして2021年に収穫が得られるよう精進していこうと思います。

後退を失くさないと前に進めない

2019年 05月01日 00:00 (水)

どうも!まさんです!

久々の『持論』記事!
最近、特に大事だと思うことを書きたいと思います。

タイトル通りの言葉を、僕は持論として持っています。
後退を失くさないと前に進めない

言い方を変えると、
「1歩進んで1歩下がると、結果はゼロ」だと思ってるってことです。


『後退を失くす』とは

例えばかっこいいカラダになりたくて、
めちゃくちゃ筋トレやランニングがんばってるのに
毎日好きなだけジャンクフードを食べていたら
目標を達成できるわけないですよね。

好きなだけジャンクフードを食べる『後退』を失くさないと、前には進めないわけです。

適切な努力をして前に進んでいるのに、後退している状態になります。
凄まじい努力をしていても、3歩進んで2,3歩下がっている。
後退があると、得られる結果はゼロに近づきます。

上記は極端な例ですが、見えづらい『後退』の例もあると思っています。

・ミスしたことをメモしたり等、対策をしない(同じミスを繰り返すリスクが高まる)
・さっき見たばかりのTwitterを無意識に開く(時間浪費)、
・寝る前にスマホを開く(睡眠の質、明日のパフォーマンス低下) などなど

1日を振り返ってみると自分を後退させてしまう要素はたくさんあります。

外部からの後退要員もあります。
ここの処理が1番難しい。

・行きたくもない会社の飲み会
・悪口が多い人や明らかに波長が合わない人
・好きでも嫌いでもないコミュニティの高頻度な誘い…などなど

これには一線引いて距離を置くか、完全に切ったほうが楽になります。

関係を切り離して、はじめて自分が消耗していたことに
気付くというケースが、ここ数年でいくつもありました。

イマイチ波長が合わない何かのコミュニティを抜けたり、
無理して付き合っていた誰かと縁を切ることで、
また新たな縁が生まれることだってあります。


目標、やりたいことがあるなら、
まずそれに対しての後退要員を洗い出して、
極力そぎ落としていくべきだと思います。


前進は困難、後退は簡単

ダイエットを例に話をしますと、僕の場合、
10kg痩せるのはめちゃくちゃ大変ですが、
10kg太るのはポテトにタルタルかけて食べまくればいいだけなので余裕です。

・1年禁煙したのに、付き合いで1回吸ったら、そこからまた吸い始めてしまった。
・資格試験の前日にあった飲み会を断れず、二日酔いで試験に臨んで落ちてしまった。

・・・というように一気に後退することはめちゃくちゃ容易です。

逆に、一気に前進することは、ほとんどの物事で不可能だと思います。
だからこそ一気に後退することだけは回避しなければなりません。

これは前進するための正しい方法なのかは分かりませんが、
僕はメンタルが激弱で、心が折れたら暴走することを自覚しているので、
減量時に時間制限付きのチートデイを設けて、減量を諦めてドカ食い・・・
という最悪な状況を回避するようにしています。


人生に無駄なことはない?

さっき言ったことに反する『人生に無駄はない』って言葉は、
何かを成し遂げた後に、言うことなんじゃないかなと思います。

・たくさん失敗したけど後悔はない
・努力は裏切らない
・すべてに意味があった

上記のようなポジティブな言葉も同様です。

いきなり成功するのは稀な例だと思いますし、
失敗しまくって、その度に修正して、再挑戦した先に何かを得たので、
その結果、「人生に無駄なことはない」と言えるんだと思います。

どんなことがあっても『それはそれで良かった』みたいなことは、
老後に言えたらいいかなって考えでいます。


まとめ

僕が最近気付いたこと、そして言いたいことは、
『良い習慣を持っていて、正しい努力をしていても
自分を後退させるものがあったらほとんど前には進めない』ということです。


今回のテーマはちょっと考えれば、当たり前な内容だと思いますが、
僕は25歳になるまで意識できていなかったことなので記事にしました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

イベントはチャンス

2018年 08月27日 00:00 (月)

どうもです!まさんです。
久々の持論記事になります。

今回は主がイベントについてどんな考えを持っているかについて
駄べっていこうと思います。

なぜこのテーマで記事を書こうと思ったのかといいますと
会社の後輩と雑談していた際に、この話がタメになったと礼を言われ
嬉しかったため、記事にしてみようかと思った次第です。主は実に単純である

イベントはチャンス、結論からいうとイベントまでになにか目標を設定して、
それに向かって努力したらそのイベントが自分にとって特別なものになり、
より良い自分になれるよ!
ってことです。

イベント とは

ライブや旅行等の未来の楽しみな行事のことを
全部まとめて、この記事でイベントと呼んでいます。

なぜイベントはチャンスなのか

今、主にはAqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~公演当日の
11月17日までに腹筋を割る という目標があります。
fnohoizesd.jpg

イベントまでになにか目標を決めることのメリットは・・・

・先に楽しみがあることが確定しているのでモチベーションが保ちやすい
・イベントは一度しかないので目標期間の延期等、自分に言い訳ができない
・成長した状態で当日のイベントに臨む事ができる
・イベント本編だけでなく、それまで努力したこともかけがえのない思い出になる


上記のことが挙げられると思います。

特に2つ目の「自分に言い訳が出来ない状況を作る」ことは
目標を達成するためにめちゃくちゃ大事な要素です。
人の意志ってそんなに強いものじゃないので、〇月〇日までにこれ!って
目標と期間をはっきりさせないと、行動をなかなか起こせないと思うんですよね。

目標達成までの期間を決める際にイベントはもってこいです!
自分の場合、〇月までに〇〇するって目標は長続きしなかったです。

例えば9月までに5kg痩せると決めても、9月になにかあるわけじゃないですし
イマイチ気持ちが乗らず、10月に延期することも容易です。
努力の先には大きな楽しみがあったほうがいいです。

〇月〇日までに!って明確な日が決まっていて、それは一度しかないイベント。
出来る限り最高の自分で臨みたいものですよね。

イベントまでにダイエットしたり、筋トレしたり、資格試験に挑戦してみたり、
読書や勉強等を習慣にすると決めてみたり、バク転できるようになってみたり・・・
イベントは自分を成長させるチャンスになりえると思うんです。

そして4つ目の「努力したこともかけがえのない思い出になる」
いうことも声を大にして言いたいことです。

主が11/17までに腹筋を割ることができたとしたら、
4thLIVEは主にとって自分を成長させた、人生を変えたイベント
として、かけがえのない思い出結果を得ることができます。
ffgsdfgfg.jpg

では逆に、もし目標達成ができなかったらどうするの?という話ですが
それでもイベントまでにやれることをやったなら何かしらの結果を得ているはずです。

先程の例のようにイベントまでに5kg痩せると決めて、
3kgしか痩せられなかったとしたら、目標達成はできていなくても
間違いなく目標に近づいている状態ですよね。

3kg痩せたという結果を自分で掴んだんです。
頑張らなければよかった・・・とはならないと断言できます。

これまで頑張ってきた自分とイベントから得たエネルギーを
力にして再スタートを切るのもアリですしね。

主も11/17までにできることをやろうと思います。
よっしゃ今日は腹筋だ!!

拙い文章ではありますが最後まで読んでいただいて
本当にありがとうございました!
少しでも参考になれば幸いです。

健康と労働観について

2016年 08月25日 00:00 (木)

「持論」駄べりです。

ざっくりとした内容ではありますが自分が持っている仕事への考え方や
人生で何が一番大切か、たまには真面目に駄べりたいと思います。

追記にてご紹介。需要なくても駄べりますw

あくまでも主個人の持論や価値観の話になるのでなるほどこういうのもあるのかってぐらいの
ゆる~い感じで見ていただけると嬉しいです。

当たり前のことを駄弁ってるだけですがもしよければどうぞ
ちょいと愚痴あり注意

続きを読む