03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

MUSICUS! 感想

2021年 03月25日 15:00 (木)

お疲れ様です。
バンドをやるような青春を送りたかったまさんです。

クラウドファンディングで132,302,525円を集めた伝説の作品
MUSICUS!をクリアしたので良かった点と気になった点を記します。
hiwohrgo.jpg

良かった点

個別√が全て面白かった

どのルートも中だるみなく楽しめました。

個別√ごとに主人公 馨の音楽への向き合い方や
人生に対する意識が違っていたのも面白い。

すごく短くまとめると下記のような印象を受けました。

弥子√:音楽を思い出にして社会で生きていく
めぐる√:音楽と今この瞬間を楽しむ!
澄√:是清の呪いに囚われ、一人で音楽を作る
三日月√:是清の呪いに囚われ、仲間と音楽を作る


シナリオが瀬戸口廉也氏なので、
どれも読んでるうちに惹きこまれるテキストでしたね。

プレイした攻略順は弥子→めぐる→澄→三日月
三日月を最後にすること以外は特に意識せずに
攻略しましたがこれがベストな順番だったと思います。

選択肢の使い方が上手い

音楽や人生について問われた時に
選択肢が出てきてルートが分岐します。

選択肢のほとんどが音楽に関してのマインドに関わる部分かつ
どちらも正しいと思う(答えのない)選択肢が多かったので
出てくるたびにう~むと唸ってました。

音楽とどう向き合うか、
どんな音楽がやりたいのか、
自分が楽しむことを優先するか、
お客様第一にクオリティを追求するのか、
誰の為に音楽をやるか

…などの考え方ひとつで、後に主人公だけでなく
バンド全員の人生が大きく変化するので
音楽 = 人生と言っていい作品だと思います。

当たり前の話ですが、人生は考え方と選択で大体決まることを
MUSICUS!を通して再認識しました。

Magic Hour

MUSICUS!の評価を底上げしたのはこの曲の存在が大きい。
AVG楽曲で鳥肌立ったのは久々でしたね。

ひまなつのさくらとことりが流れたときのような感動というか
あぁ…この物語は大団円を迎えたんだなというカタルシスを感じました。

物語の背景、曲単体の良さ、気合の入った演出が相まって
最高に良かったです。AVG楽曲で今年一の衝撃を受けました。
jfepowfrerwe.jpg

気になった点

システム面が弱すぎる

ぶっちゃけ1億3000万集めたとか抜きにしても
このシステムはひどすぎる。

2019年発売でシーンジャンプ、ボイス継続設定もなく
必要最低限のものしか揃えていないのは
システム面を軽視しているとしか思えなかったです。

印象に残る曲が少ない

『Magic Hour』と『ぐらぐら』は抜群に良かったのですが、
それ以外の曲はほとんど印象に残りませんでした。

クリア後、劇中歌を改めて聴いてみましたが
大半は個人的に好みではなかったです。

全体の聴きやすさ、バランスの良さで言えば
学園バンドのNIGHT SCHOOLERSが1番まである。

三日月は歌唱力が高いというテキストがよく出てきたり、
曲を聴いてキャラクターが心を揺さぶられたりする描写に
あまり共感できませんでした。

テキストの表現と実際に流れる曲にギャップを感じましたね。

まとめ

気になった点はありましたが最後のMagic Hour聴いたら全部飛びました。
これがロックの力か…。

読後感が良く、最後まで夢中でプレイできたので
MUSICUS!に出会えてよかったです。

コンシューマ版ではふーちゃんを攻略させてくださ

プレイ時間 29:04


MUSICUS!

CARNIVAL 感想

2021年 01月22日 18:00 (金)

お疲れ様です。
キラ☆キラでは鹿之助エンドが好きなまさんです。

CARNIVALをクリアしたので語りたい点をピンポイントで記していきます。
erghdgcnval.jpg

物語の構成について

主人公とメインヒロインの3視点を使って
物語のピースを埋めていく構成は秀逸。

序盤(シナリオ1)は気になるところが多々ありました。
(以下シナリオ1を1と略す。2,3も同様)

『そこからは記憶がない。』の一言で急に時間が飛んだり、
残虐な主人公を受け入れる人間が多すぎたり、
まともそうな警官の高杉百恵がやべーやつだったり、
終わり方も唐突な印象を受けました。

そこを大体補完するのが2,3になります。

1で時間が飛んだ間に何があったのかが2で明かされ、
理沙は何を思ったのか、過去に何があったのかが3で明かされます。

1をプレイして特に謎だと感じたのは理紗の行動です。

なぜ殺人やレイプをした主人公を受け入れているのか、
逃亡直後に飛び降りようとしたのか…
上記を3の理紗視点から紐解いたのはGOOD

1で物語の大筋は大体把握できるため
その後の展開に驚きはなかったものの、
2,3はキャラの心理描写に重きを置いているので
物語の補完として中だるみなくプレイすることができました。

主人公の行動の裏付け

なぜ三沢を殺害したのか、志村の妹を巻き込んだのか、
理紗の母親、警官までもレイプする理由…。

復習心、家庭環境による影響、他人からの拒絶、
追い込まれた状況による自己防衛…
様々な背景があるので主人公の行動には説得力がありました。

行動だけを切り取ればそりゃ狂気的な行動なのですが
すべて主人公の心理描写を通じて裏付けが描かれていたので
主人公は狂っているというよりは苦しんでいる印象を受けました。

渡会泉√

最後までプレイすると主人公には理沙がしっくりくるのですが
渡会さんと逃げる結末もそれはそれで好きです。
ZSSGKWNE.jpg

渡会さんの考え方、行動の振り切り方、
個別ルートの展開がすごく好みでした。

今後の生活や武との折り合いをどうつけるのか気になりましたが、
渡会さんと一緒にいることで、ずっと木村学でいられて
ギャンブルも大勝ちするというトンデモ展開。

これまで犯した罪や理紗のことを考えるとハッピーエンドとは
言えないのかもしれませんが、刹那的で美しい締めでした。

3のリストカットやキリスト教の話を通じて
理紗の罪や2人の対比だけでなく、
渡会さんが学に付いていった理由も腑に落ちて
より渡会さんを好きになりましたね。

没入感が凄かった

キラ☆キラ、SWAN SONG…
これまでの瀬戸口シナリオ作品も夢中でプレイしましたが
没入感でいえばCARNIVALが抜けていました。

ボリュームは控えめですが圧倒的にテンポが良く、
無駄のない作りだったといえます。

最後に…

人を選ぶであろうサイコ陵辱ノベルでしたが
不思議と読後感が良かったです。

続編の小説はいつか読もうと思います。
中古で4万かぁ…誰か読ませて(他力本願)

瀬戸口廉也さんの作品をもっとやりたいと感じたので
次はMUSICUS!プレイします。

プレイ時間 12:49


CARNIVAL

※パッケージ版はプレミアがついていて価格が高騰しているので、
ダウンロード版の購入がおすすめです。

FANZA GAME遊び放題 無料体験した感想

2021年 01月13日 19:00 (水)

お疲れ様です。
2021年に外出した回数は3回のまさんです。

今更ですがエロゲ遊び放題のFANZA GAME
7日間の無料体験があったので入ってみることにしました。

エロゲ遊び放題を体験してみて
良かった点、気になった点があったのでまとめていきます。
【動画版↓】


良かった点

遊べるタイトルが多い

2021年1月時点で3,163タイトルが遊び放題です。
よくまぁこれだけ揃えたなと…。

全部揃えようと思ったら恐らく100万円は
軽く超えるであろう数のエロゲが月2,980円で
いくらでも遊べるのは良い時代になったものです。

有名メーカーの作品も押さえている

遊び放題では下記のような有名メーカー作品が揃っています。

・アリスソフト
・ゆずソフト
・オーガスト
・ASa Project
・ソフトハウスキャラ
・エルフ
・エウシュリー


…などの大手を押さえたラインナップ。
価格が高騰しているプレミア作品、
巣作りドラゴンも押さえていてテンション上がりました。

場所を取らない

エロゲの箱はでかいので収納スペースが必要不可欠。

実家に住んでいた頃は屋根裏、ダンボール、本棚の裏に
隠したりしたものですがこのサービスに加入していれば
収納を考える必要が一切ないです。

10年前に出会いたかった…。

気になった点

起動が遅い

ゲーム起動にはDMM GAME PLAYERが必要となり、

ゲームアイコンクリック
  ↓
DMM GAME PLAYERが起動(5秒前後)
  ↓ 
ゲームが起動


…という流れになるのでパッケージやDL版で
購入したゲームよりは起動が遅いです。

ゲームする度にDMM GAME PLAYERのページが
強制的に開かれる仕様なのも鬱陶しく感じました。

遊べるタイトルが古めで偏っている

新作ゲームは遊び放題に含まれません。
新しくても2~3年前のタイトルが揃っている印象です。

古いロープライス抜きゲーがかなりの数を占めているので
ラインナップを確認して入会するのが吉かと思います。

オンライン環境が必須である

気になった点というよりは注意点です。

当たり前ですが遊び放題はネット環境を通じた
DMMのサービスなのでオフラインでは遊べません。

まとめ

良かった点も気になった点もある遊び放題ですが
遊び放題は非常に良いサービスだと思います。

時間がしっかり確保できて、
遊び放題の中にプレイしたい作品が複数あるなら

月額2,980円は破格 だと思います。

状況が整ったら僕も課金するつもりです。

今回は積みゲと新作が控えている状況のため、
7日間の体験期間中に退会しましたが、
ランスシリーズをプレイする際にお世話になります。

さくらの雲*スカアレットの恋 感想

2020年 12月19日 17:00 (土)

お疲れ様です~
しゃぶしゃぶした肉にきゃべつ巻いて
塩ダレつけて食べるのが好きなまさんです。

きゃべつそふとのさくらの雲*スカアレットの恋
クリアしたので感想を記していきます。

さくらの雲*スカアレットの恋

良かった点

伏線回収とミスリード

見事でした。

特にメリッサの正体元号の件は驚きましたね。

親不孝のパラドックスで明かされる
怒涛の伏線回収も気持ちよかったですし
歪みの元はなんだったのか明かされるシーンも
確かにそれは歴史の『歪み』だわなと府に落ちたので
非常に練られた設定だと感じました。

キャラ全員が重要

さくレットはサブキャラ、敵キャラすべてが
物語の本筋に必要不可欠な存在になっています。

男性キャラが魅力的な作品は強い。

メリッサ√以降

さくレット解決編はここから始まった印象。
物語が一気に面白くなりましたね。

劇場版のコナンみたいにバタバタ事件が起こる中で
証拠を掴んで犯人を追い詰めるミステリー展開は燃えました。

所長

僕の中でさくレットは完全に所長ゲーです。
syotyoudwd2.jpg

司とくっつくのは所長以外に考えられないぐらい
最終章で完全に好きになりましたね。

カッコいいし可愛いしいつも被ってる帽子が
最後に活きてくる演出にも心を持っていかれました。

CV猫田みけさんの声と演技が所長にハマっていて
非常によかったです。まぐわい演技も上手い。

新人さんなのか別名義の方かは分かりませんが
来年、一気に出演本数が増えそう。

物語の結末

今までのルートでは過去に残りヒロインと幸せな日々を過ごしますが
所長√は唯一、主人公の司が未来へ帰る結末となります。

別れのシーンはこれまで積み上げてきた所長との日々を
色濃く描いているだけあってそりゃもう号泣しました。

未来に帰れるけど所長と幸せに過ごすことを選ぶのが
ベストな結末なのでは…と思いもしましたが、
エンディングとエピローグを見たら自分の中で
あの結末がさくレットの大団円だったと断言できます。

気になった点

後半まで物語が盛り上がらない

メリッサ√より前は盛り上がりに欠けました。
つまらなくはないのですが世界観、キャラ、掛け合いの
テンポの良さ、文章の読みやすさで乗り切った印象。

上記はさくレットに対しての期待値が高すぎたからかもしれません。

前半は設定の説明や伏線を考察させることに
力を入れているように見えましたね。

さくレットおもしれぇ!ってなるまでに20時間弱かかったので
透子、蓮ルートにもう少し盛り上がりどころを用意していても
良かったのではと思いました。

枝の意味や歴史の歪みとは何か前もって
説明してくれているので状況が掴みやすかったのはGOOD。

後半は文句なしの面白さですが
かなりスロースターターな作品です。

アララギ√がない

見た目の好みでいえば3本の指に入る。

主人公のことを名探偵呼びするのもツボでした。
34ho4fef.jpg

履いてないのか

物語の中で主人公と繋がるのは無理があるので
マイナスな要素ではないです。
FDが出るなら攻略させてほしいなぁと。

まとめ

さくレットを通じて冬茜トムさんのシナリオを
もっと読んでみたいと感じたので、
来年アメイジング・グレイスもプレイしたいと思います。

プレイ時間 37:10

ATRI -My Dear Moments- 感想

2020年 12月05日 12:00 (土)

お疲れ様です
ATRIの影響でアサルトリリィを見始めたまさんです。

ATRI -My Dear Moments-をクリアしたので感想を記していきます。

ロープライスでしたがシナリオゲーとしてもキャラゲーとしても
完成度が高く、ボリュームも程よい高性能ですから!な作品でした。

特に良かった点、語りたい点を記していきます。

アトリが可愛い

これに尽きます。
作品名になって彼女一人だけのパッケージにするだけあるわ…。

主人公や竜司などアトリを取り巻く人達が
より彼女の魅力を引き立てています。

夏生がアトリに恋するのもわかりますし、
アトリの感情が作り物と分かって
夏生がショックを受けるのも分かるので
感情移入がしやすく物語に没頭できました。

その後、本当のロボットとしてのアトリと夏生が少しずつ
新しい関係を築いていく過程が丁寧に描かれていたからこそ
2人の成長と終わりが来ることの切なさに泣かされました。

ありがちな設定の王道展開

だがそこがいい。

終焉が近い世界で繰り広げるロボットと人間の恋物語。
アトリとの出会いで主人公の夏生が世界の為に
立ち上がる決意をする成長物語でもあります。

夏生が最期を迎えるとき、アトリとの再会を果たす。
分かりやすい王道展開ですね。

最期まで夏生を支え続けたもう一人のヒロイン、
水菜萌についてもう少し色濃く書いてほしかったのですが、
あくまでこの物語の中心はアトリなので
そこまでマイナスポイントではないです。

破格のロープライス!

倍の価格設定でも誰も文句いわないであろう出来。
2000円で出すし…みたいな妥協を一切感じさせない
クオリティに大変好感が持てました。

システム面はお気に入りボイスやシーンジャンプ機能まで
ついており文句なしの充実ぶりです。

水の演出やコポコポ…とかピシャピシャといった音など
フルプライス作品以上に拘っている要素があったのもGOOD

サントラ付で7000円でも全然出せるレベルです。

今年一楽しめたマルコと銀河竜も短編作品だったので
今の僕には短編の方が肌にあってるのかも

プレイ時間 12:38


ATRI -My Dear Moments- Original Soundtrack(初回生産限定盤)