02月 « 2017年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

We Are X 感想

2017年 03月26日 12:00 (日)

3月25日の夜、横浜ブルグ13にWe Are Xを観に行ってきたので
感想を駄べります。
1490488291777.jpg

まず驚いたのがそこそこ広い会場でも満員だったこと。
全国上映されてる筈なのに毎度満員とはX JAPANの人気ぶりが伺えますね。

ちなみに俺がX JAPANをよく聴くようになった時期はI.Vリリース(2008年)
辺りからですね。曲はJADEやENDLESS RAINが好きです。

映画の感想ですがX JAPANのこれまでのヒストリーを辿った
ドキュメンタリーのような内容できっと号泣するんだろうなと
思いながら観に行きましたが予想とは良い意味で違うものでした。

これまでのX JAPANの伝説をテンポよくめとめられていたので
あっという間に感じた時間でした。だいたいは知ってることでしたが
YOSHIKIとToshIの昔話で盛り上がるやりとりを入れてくれたり
新鮮な箇所もあって大満足の内容でした。

最初の爆音JADEでうおおおお!とテンションがぶち上がり
声出そうになったのはここだけの話ですw

そしてHIDEさんもいたX JAPANを生で見てみたかったと
改めて思った映画でもありました。ルックスやギター、
時代の先を行くようなスタイルの他にもX、ファンとの
向き合い方込みでカッコいい人だなぁって感じました。

TAIJIさんは相当やんちゃしてたけど実力が半端ない人なんだろうなって
画面越しで楽器ド素人の主でも分かりました。

号泣ってほど泣いたわけではないのですが確かな感動があった
胸が熱くなるような良映画でしたね。
よーし!WORLD TOUR 2017 ~WE ARE X~横浜公演行くぞ!
スポンサーサイト

劇場版 艦これ 感想

2017年 01月08日 00:00 (日)

かなり前の話になりますが劇場版 艦これを観に行ったので
簡単にではありますが記憶を頼りに感想を残しておきたい。

1483766955249.jpg

期待も不安もある状態で観に行きましたが思ったより面白かったです。
いろいろとグダグダだったアニメ艦これの反省を活かしつつ
上手く〆まで持っていった映画だと感じたので見て損はない出来だと思う。

▼良かった点

戦闘がかっこいい
 →冒頭戦闘はテンション上がりましたw
 TV版よりも動きが激しく緊張感もありました。
 一撃が重くダメージ表現も進化しています。
 
艦娘同士の良いやりとりが多かった
→加賀さんと瑞鶴とのやりとりは特にグッときた。

TV版以上に艦娘の扱いが丁寧だった
 →とりあえず原作台詞言わせたり二次創作ネタ等で
 不自然だと感じた場面が映画にはありませんでした。
 妖精さんの扱いにはちょっと感動したぐらいです。

▼気になった点

終盤展開がよく分からなかった
 →悲しみや恨みを背負うもう一人の深海棲艦吹雪を受け入れた瞬間に
 いきなり解決してエンディング。
 
エピローグでの如月帰還は蛇足感があった
 →また会おうねと約束して如月が沈む⇒ED⇒再会で〆でしたが
 急すぎてあまり感動できなかったし少しなげやりな印象を受けた。

深海棲艦の設定
 →映画でこの設定を明かして如月も帰還したとなると
 アニメ艦これの世界で出来ることはほとんどやったと思う。
 2期はどうなるのか検討もつきませんが誰も沈ませずに
 深海棲艦撲滅を目指す話は見てみたいものです。

ここからは映画関係ない話。
エミフルで映画見たら大抵やよい軒行きますw
1483766983368.jpg

やよいの卵焼きが甘くて好きですね。
安価なポテト等のオプションと比べると高価ですが
無性に食べたくなるときがあります。

昼食後は寒空の下、親友と雑談。いつもの良き流れですw
横浜行く前の愛媛最後の遊びになりましたが良い思い出ができました。

2017年はFateやガルパン等の期待作が控えているので映画に行く機会は多そう。
電車乗って行くからには映画はもちろんグルメも楽しみたいです。

planetarian~星の人~ 感想

2016年 10月30日 00:00 (日)

planetarian~星の人~ 10月27日、28日に観に行ってきました!
1477570325014.jpg

すごく感動しました。

本当は27日だけ観に行くつもりだったのですがあまりに感動したので
key好きの親友を即誘って翌日の愛媛上映最終日最終上映を見届けてきました。

半分ぐらい配信アニメと同じ内容でしたがストーリーに
上手く組み込まれているので未視聴でも楽しめると思います。

まず配信アニメ部分でもウルッときたのに新作パートでさらに泣かせにくるのずるいw

シスター型アンドロイド(ロボットの神様?)が星の人を天国へ送るシーンは
メモリーカードを入れてほしのゆめみ復活みたいな良い意味で
予想を裏切る展開には感動しましたよ。

涙を流せるゆめみも人もいる天国へ、星の人がたどり着くハッピーエンド。
永年の想いが報われたゆめみと星の人との再会シーンには号泣。
本当の花束を涙ながらに渡すゆめみの姿にはそりゃ胸打たれたよ・・・ ( ;∀;)
gdhfa[faf

このイメージイラストも視聴後はより涙腺にくるものがあります。

老人となった元屑屋は星の人としての役目を次の世代へと伝えて生涯を終える。
分かりやすく感動も大きいストーリーでした。

星の人になると決めた3人の子供たちの今後については描かれません。
いつかメモリーカードでゆめみの記憶を受け継ぐロボットが多くの人に星の話を
聴かせられる日がくることを信じられるような〆。何も思い残すことはないです。

あとここまで上映後に誰も席をたたない作品は初めてw
余韻がじわ~っときます。外に出たら星を見ようと空を見上げちゃいましたw

やっぱりLiaさんのクリアな歌声は涙腺にきますね。
エンディングで流れる「星の舟」は脳裏に星空が浮かぶような
綺麗で優しい曲。planetarianの世界に合っていて劇場の大きい音に包まれているようでした。

key作品は自分の中で特別なんだなぁって改めて感じましたね。
AIRって作品に触れていなければ深夜アニメやAVGにここまで夢中になることは
たぶんなかったと思います。もうゴールしてもいいよねってフレーズはすごく有名ですね。

久々に映画のパンフレットも買いました。
自分の中で長く記憶に残りそうな特別な映画になったのは違いないです。
1477737578449.jpg

今年は素晴らしいアニメ映画が揃っていますがplanetarianが一番感動しました。
思い出深いメーカーの名作に出会えて本当に良かったです。

▼上映後について

ここからは映画感想関係ない話になりますw
夜にスシロー予約していたのですが映画後も時間がかなり余っていた為ゲーセンへ

今はびっくりするぐらいラブライブ!サンシャイン!!の商品置いてますね。心躍りましたよ
特にちかっちのでかっちぬいぐるみは魅力ある。このシリーズかわいいよなぁ
hfhfwqrq.jpg

スペースのある部屋に引っ越したら揃えたいです。
今のうちに推してるダイヤさんだけは買っておくって択もアリかもしれない。

映画感想駄弁りまくりながらゲーセン巡ってるとあっという間に予約の時間。
高校時代の仲間とスシロー現地で合流後に入店。
1477737591680.jpg
1477737619382.jpg

やっぱ寿司が一番好きな食べ物だなぁ。
28日は、はまちが白くてツヤッとしてるものが多くて美味しかった。
美味しいものを食べながらまったり雑談してるときが本当に幸せです。

飯食った後は久々にボーリング行きました。
01477737d608172.jpg

何枚か写真撮ったのですが全て画像ブレブレw
ボーリングなんて久しぶりでしたがめっちゃ楽しいですね。

真ん中に投げてるつもりでも左に曲がっていく癖があることや
場所取りやボール選びでスコアが大きく変わる発見もあって
いろいろ勉強になりました。スコアに一喜一憂して盛り上がるのも楽しいです。

夜に行くとディスコみたいにズンチャ♪ドンドン♪みたいな音楽が延々と流れて
照明もチカチカと派手で凝っている感じだったのでいつもと違うぞ!?とテンション上がりましたw

映画はもちろん遊びも充実した2日間を過ごせて満足感でいっぱいです。
来月辺りにまた行きたいものですね。

君の名は。感想

2016年 09月24日 00:00 (土)

君の名は。観に行ってきましたので感想を駄べりたい。
1474545734850.jpg

まず上映40分前に集合して席を取ったのに2つまとまった席が
余っておらず友人と別々の席に座るしかないほど超満員。
23年間映画に数十回行きましたがこんなことは初めてですw

客層はカップル4割:女学生3割:男学生2割:おれら1割みたいな感じで
女性の方が多かったですね。あと全体的に若かった。
主は23歳ですがあの中なら間違いなく年上側の層になりますね。
カップルを除けばほぼ高校~大学生ぐらいの年齢層に見えました。

周辺からかっぱえびせんの香りがしたり本編上映前の告知で
福士蒼汰君が出てきてキャーンイケメーン💕みたいな声が聴こえてきて
俺の場違い感半端なかったのですがいざはじまると一気に引き込まれました。

絶賛されてるけどそんなにおもろいのか~?ぐらいの気持ちで
行ってみましたがすごく良かったと思います。
ここからは作品の簡単な感想まとめ
個人的な意見になりますのでゆる~い感じで見てやってください

▼良かった点

作画
 ⇒すごすぎる。
 俺が今まで見てきたアニメの中でもトップクラスに絵が綺麗なのは間違いない
 特に山頂で2人が会うシーンと彗星が流れるシーンはあまりの美麗さに息を呑みました。

ストーリー
 ⇒結構理解しやすいストーリーかつ魅せ方が上手いと感じたのでこれは幅広い層に
 人気出るわなと納得。カップルで行きたくなる気持ちもわかります(T∇T)
 笑えるシーンもありキャラも魅力的。俺ももし入れ替わってたらモミモミするわww
 深夜アニメ好きな俺もすごく楽しめました。

音楽
 ⇒音楽が作品の雰囲気を引き立たせたり場を大きく盛り上げていました。
 RADWIMPSの前前前世が有名ですが他3曲もシーンにマッチしていて良かった。
 個人的にエンディングのなんでもないやがすごく印象深いです。

瀧と三葉の関係が良い
 ⇒最初は喧嘩しつつもお互いうまくやっていこうって関係からお互いを意識するところまでの
 持っていきかたがすごく上手かったと思う。
 あえて奥寺先輩の口から瀧が三葉を好きなことを言わせたのも「俺、好きかも」みたいな
 単純な描写でなかったのはGOOD。
 三葉が髪を切るところも間接的に瀧くんを意識していることが分かって良かった。

〆が良かった
 ⇒俺が一番感動したシーンは一番最後です。君、あなたの名前は・・・!は泣きました。
 一番感動、印象に残ったシーンが〆だったので観終わった後気分よく帰れましたね。

また観に行きたいと思わせる出来だった
 ⇒君の名は。がこんな凄まじい動員数や興行収入を誇っているのは
 間違いなくリピーターの多さも絡んでいると思います。これは2回目も行きたいわ。
 
▼気になった点

終盤の親父が心動かされ住民を避難させるシーンが見たかった
 ⇒この展開はカットして後日談にするには惜しい描写だったように感じる。

ファンタジー要素が強い
 ⇒これは全然マイナスなことではないのですが思った以上にファンタジーでびっくりしましたw
 ちっちぇえことは気にすんな!それワカチコワ(ry・・・古いか
 涙の理由や奥寺先輩の動向等、謎も残ります。
 観に行った人と感想だべりだけでなく考察したりするのも楽しそうですね。

メディアの持ち上げ
 ⇒とあるTVや書き込みでポスト宮崎駿とよく見かけましたがすごく違和感を感じました。
 素晴らしい映画なのは間違いないが期待値や評価を変な方向に上げすぎてる気がした。

▼まとめ

いや~良いものを観させていただきました!
カップル層が多いもんだから恋愛要素強めなのかと思いきや
ファンタジーや人の縁、いろんな要素が詰まってて良かったです。
興味あるけどロードショーや円盤出るまで待とうかなって迷いある方は
可能であれば劇場であの迫力と感動を味わって欲しいです。

君の名は。といい聲の形といい今年の映画は素晴らしい作品が多くて大満足です!

映画後は友人とSUSHI🍣食いに行きました。
1474545728688.jpg
1474545722908.jpg

やっぱ寿司は最高ですね。大好物。
この世の終わりの日は寿司食べたい
作品補正込みでより美味しかったです。
最近えび軍艦ブームがきている。スシローいったらぜひどうぞ

次に行く新作映画はたぶんplanetarian~星の人~になりそう。
アニメも良い出来だったので非常に楽しみです。

映画『聲の形』 感想

2016年 09月18日 11:00 (日)

9/17愛媛最速で映画『聲の形』を観に行ってきましたので感想等を駄べります。
1474155731061.jpg

本当に心動かされました。

今年一番感動したアニメかもしれない。


見た直後はもうなんて言ったらいいか分からず「とにかくすごかった、良かった」と
充実感で胸がいっぱいになりました。ひっさびさにアニメでボロ泣きしましたわ…。

初日ということもあり会場は満員。ほぼ全員泣いてたんじゃないかな。
グス・・・グス・・・ズズッみたいな声がいたるところから聞こえてきましたww

▼良かった点

生々しいほどのいじめ展開や複雑な人間関係をあそこまで描ききった
 ⇒将也と西宮さんの話メインかと思いきや登場人物全員が重要だと感じた。
 まずこの作品はいじめは辞めようとか障害があることは悪いことじゃないということよりも
 「本音で対話すること」の難しさや重要さを伝えたかったんじゃないかって印象を受けた。
 被害者加害者の心のマイナスな感情や人間関係のこじれがリアルに描かれています。

心に残るシーンが多々あった
 ⇒俺は母親のシーンに胸を打たれたなぁ
 いじめによる西宮さんの補聴器代等の慰謝料で将也の母が変わりに170万を払い、
 将也が自殺しようとした前に返したお金を死ぬのを辞めないならこんなお金燃やすと
 必死に自殺を止めようとした母の姿に涙が溢れました。結局燃やしちゃうのはクスッともきた。
 大金を払い耳を傷つけても子の前で笑顔を見せる姿も涙なしでは見れなかった。

 西宮さんの母が将也の母にむかって土下座するシーンも心に残っています。
 その後の植野をぶん殴るシーン込みですごく印象深いです。
 あとね…特典のスペシャルブックはずるいですよ(T∇T)
 しかめっ面でケーキ食べるシーンめっちゃ嬉しかったんじゃないですか。

 実は映画『聲の形』は母親ふたりに一番泣かされました。

 告白や自殺、いじめや将也が自分の殻を破るシーンはもちろん
 将也が大怪我した後に西宮さんと再会するシーンもすごく感動しましたね。

声優陣の演技
 ⇒特に入野自由さん・早見沙織さんがすんごかった。
 これは実際に見てもらわないとすごさが伝えられる気がしないぐらいです。
 入野自由さんの叫びでも語りでもスーッと入ってくる渾身の演技
 早見沙織さんはとにかくすごすぎるとしか言えない。ぜひ観て感じてほしいです。

京アニ
 ⇒今作は特に原作の雰囲気を大事にしようというのが伝わる出来で
 いつもとは違う雰囲気だけど京アニって分かる絶妙なバランスがお見事でした。
 作画に関しては一切不安なく観に行ったのですがその期待を軽々超えてきました。
 西宮さんの表情に関してのこだわりもすごく感じたなぁ。

永束くん
 ⇒本当に大好きなキャラクターになりました。
 いざこざがあっても最後まで将也を親友だと信じ続けたブレないかっこいいヤツです!

重いテーマだけどクスッと笑えるシーンもある
 ⇒告白のシーンは「たまこラブストーリー」を思い出しますねw
 好きを月と間違えるところはゆづると一緒にクスリときました。
 ところどころほっこりともできるシーンもあります。

2時間という尺で綺麗にまとまっていた
 ⇒自殺や人間関係のこじれ、幼少期の罪等様々な問題がありますが
 綺麗にまとまってた印象。2時間という尺でできることは全部やった感じがします。

▼登場人物について

ここまでリアルに人の綺麗なとこ醜いとこを描いたからこそ好きな、嫌いなキャラクターが
それぞれ出てきそうな作品です。ぼくはゆづるきゅんに浴衣着て欲しいオタク(^q^)ww
ゆづるがすんごく可愛くて良いキャラだった。相当出番も多く悠木碧さんの演技も良かったです。

今回いろんな意味でやりすぎな植野ですが実はあんまり嫌いじゃないんですよね。
確かに性格が良いとはいえないけど嫌いになれないタイプ。
最後まで西宮さんの耳が聞こえないとか関係なく自分の感情を素直にぶつけたのは
植野ぐらいだし最後の照れながら手話をするシーンにまたウルッともさせられた。

どちらかというと川井と小学校の先生のほうが人として苦手で怖かったなぁ。
でも最後はみんながこれから仲良く人間関係を築いていくのかなって希望のある〆で良かった。

また西宮さんは耳が聞こえないからみんなで支えていこうね みたいな単純な
物語じゃなかったのも良かったと思う。

どちらかというと幼少期を通じて自分が犯してしまった罪に対する罪悪感や
タイトル通り口から発せられる声だけではない『聲の形』にスポットが
当たっていると感じたので数少ないこの手のジャンルに深く踏み込んだ挑戦作とも感じました。

個人的に間違いなく傑作といえます。
気になるな、観てみたいなって方はぜひぜひ劇場に足を運んで欲しいです。

▼鑑賞後

ここからは映画感想ほぼ関係ないですww
餃子の王将にて昼食。

1474155704416.jpg
1474155712218.jpg

うんめぇ・・・やっぱ良い作品に触れた後の飯は最高です。
いつも思うけど中華店のからあげってほんと美味しいよね。
いつか進撃のポテトも頼んでみたいものですw

飯後は数時間感想等、親友と雑談して解散。
この日は影山ヒロノブさんのライブもあり非常に濃い一日でした。
実は影山さんも同じ日に愛媛で「君の名は。」観に行ってたらしいです。
といっても衣山では見かけなかったのでエミフルとかかもしれないですね

改めて映画『聲の形』 素晴らしい映画でした。
18日にこの記事を書きましたが余韻が全く抜けないw
また円盤、行けそうなら映画館で観てみたいものです。