03月 « 2021年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

シン・エヴァンゲリオン劇場版 感想

2021年 03月13日 16:00 (土)

お疲れ様です。エヴァではアスカ派のまさんです。
すべてのエヴァンゲリオンにさよならしてきたのでいろいろ書きます(雑導入
evasin (2)

映画感想

こんな時、なんて書けばいいか分からないの…。
ってぐらい何から書けばいいか分からなくなる映画でした。

とりあえず考察ではなく映画を見て感じたこと、
感想を記していこうと思います。

旧劇も含めて綺麗に終わったなぁ…。

エヴァは見終わった後のモヤモヤ感や感想を言い合うこと、
考察を楽しむコンテンツだと思っていたので、
清々しい気分で劇場を後にできるとは思ってなかったです。

序盤はすべてを壊してしまったと自分を責めて塞ぎこむシンジが
トウジやケンスケ、レイのそっくりさん達と村で生活することで
少しずつ元気を取り戻していきます。

シンジくんがエヴァに乗ると決意する頃には成長しすぎて
感情移入できないレベルまでメンタル強度がカンストします。

エヴァに乗るシーンのミサトさんで号泣。
僕の中でのシンエヴァのピークはミサトさんが2回持っていったと思っています。
ヒロインはアスカ派だけどエヴァ全体でいうならミサトさん1番が好き。

シンジくんがエヴァに乗ってからはクライマックスまであっという間でした。
ユーミンの曲が流れるシーンも強く印象に残りましたね。

終盤、ゲンドウが過去を語った後、
シンジくんが『父さんは~したかったのか』という
視聴者に分かりやすい台詞が出てきたので
最後まで置いてけぼりにならずに見れました。

心象風景を電車のシーンで描いていたのも
状況が汲み取りやすくて良かったです。
過去一、視聴者に優しいエヴァだった気がします。

結末について

エヴァが必要なくなった現実世界でマリとシンジが駆け出す
最後のシーンもじ~んときました。宇多田ヒカルの歌合いすぎ。
『さらば 全てのエヴァンゲリオン。』というキャッチコピー通りの結末でした。
宇部新川駅に行ってみたくなりましたね。

マリエンドにも納得しています。
アスカがシンジに『好きだった』と伝えて『スッキリした!』と
言うシーンでアスカエンドは無いことを確信しました。
エヴァの登場人物は皆、大人になったんですね。

僕は2018年からエヴァを追い始めた層なので、
エヴァに深い思い入れがある訳ではありませんが、
この映画を見て、エヴァの世界から解き放たれた感というか
フィクションもいいけど、現実を頑張って生きろよ』と言われた気がしました。

とりあえず僕は映画の後、つけ麺食べに行きました。
美味しかったです。
evasin (1)

考察サイトをいろいろ巡った後、
もう1度見たくなったら2週目行こうと思います。

ARIA The CREPUSCOLOの感想と日記

2021年 03月06日 15:00 (土)

お疲れ様です~
2021年の生きがいはARIA、サクラノ刻、オルタのアニメ化のまさんです。

待ちに待ったARIA The CREPUSCOLOを観てきたので映画の感想と
その日にあったことを記していきます。
ARIASWS (1)

映画の話

待ちに待ったARIAの公開日。
近所の湘南劇場に朝一で駆け込みました。

前回のAVVENIREが上映された頃は
愛媛に住んでいる都合で公開日に見られなかったので、
今回の映画は絶対に最速で見ると決めていました。

製作陣の変更点があってもARIAはARIAでしたね。
あの素敵な世界観は変わらぬままでした。

後輩組がいるからこそ活きてくる話だったので
そりゃもう胸がいっぱいマスクは涙でまんぱいに…。

CREPUSCOLOはオレンジプラネットに焦点が当たっていて
アテナさんがアリスちゃんに、アリスちゃんがアーニャちゃんに
それぞれ感じていることがそのまま繋がる話だったので
『わたしたち似ているのかも…ね』の一言に破壊力がありました。

原作、魔女ベファーナの話や回想シーンが入るのも自然で、
綺麗に話がまとまっていたと思います。文句なしの2億点満点。
あまんちゅ!要素を少し混ぜてる遊び心も面白いです。

カンツォーネのシーンは劇場で見るべし。
映画館がコンサートホールになりました。
音楽にかなりの尺を使っていたのもオレンジプラネット組らしい構成で
良かったと思います。ルーミスエテルネも泣いたがその後もぶわあああああ
アリスちゃん歌が明らかに上手くなっている事にも感動しました。

この映画で特に驚いたのはアテナさんです。
サトリナさんが川上さんのアテナさんに近い演技をしていて
違和感なくアテナさんの声を聞けました。
アテナさんはアテナさんのままだった…。
サトリナさんには感謝しかない。

帰ってパンフレットを読むとサトリナさんのインタビューで
川上さんのアテナさんへの思い、苦労も含めて書かれていたので
さらに胸がいっぱいになりました。

OP、EDの安野希世乃さんの曲も良かったですね。
元々ソロやワルキューレ曲を聴いていて好きということもあり
帰って即曲を買うぐらいにはハマりました。
特にEDのechoesすき。あの後姿のムービーはシンプルながら泣く。

ED後は驚きすぎて涙引っ込みましたw

僕はARIA The ORIGINATION 第05話
その おもいでのクローバーは...が1番思い入れの強い回と言っても
過言ではないので姫屋に焦点が当たったBENEDIZIONEも必ず観に行きます。

2021年の生きがいがひとつ終わったと思いきや
生きがいがまたひとつ増えました。

ありがとうございました。
ARIASWS (3)

パンフレットは内容濃すぎるのでオススメです。
映画の話を漫画で読めます。

日記

映画見て心ぽかぽかになった後は行きつけのつけ麺を食べました。
ARIASWS (2)

ARIA見た補正でいつもの1.3倍うまい。珠補正入る

帰宅した後は勢いで動画撮りました。


語彙力は映画館に置いてきた

喋りながら弁当食べようと思っていたのですが
喋るのに夢中で動画撮り終えるまで一切手をつけなかったです。
ARIAの感想語る会やりたい。

弁当は後で美味しくいただきました。
hfhwffzsf515.jpg

鶏笑のチキン南蛮は神。

でっかい幸せな1日でした。

GET OVER -JAM Project THE MOVIE-を観に行った日の話

2021年 03月04日 15:30 (木)

お疲れ様です~
明日のARIAが待ちきれないまさんです。

先月、JAM Projectの密着ドキュメンタリー映画
GET OVERを観てきたので映画の感想と日記を記します。
reerfJAM (6)

行ける場所には行ける内に行っておこう
と思える良い映画でした。早く現地でGONG鳴らしたい

現状のコロナだけでなく、突然の病気や災害で
今日あるものが明日なくなるかもしれない
ことを
強く意識させられる構成になっていました。

JAMの活動だけでなく、ソロに対しても深堀していて
この映画を通じて初めて知ったことも多かったです。
特に奥井さんの過去は驚きましたね。

圧倒的な声量や音域を持つ遠藤さんが
福山さんの美しい声を羨ましいと感じていたことや
JAMの一員として歌うやアニソンを歌うことに
葛藤があったことを話している姿も印象的でした。

この手のドキュメンタリー映画は需要あると思うので
ほかのアーティストでも見てみたいと思いました。

映画を見た後はしゃぶ葉食べに行きました。
reerfJAM (2)
reerfJAM (3)
reerfJAM (4)

これで1人2500円は最高。
特にワッフルがもっちりしてて美味しかったです。
寿司はシャリがでかいので腹に溜まりました。

腹が裂けそうなぐらい食べたのでみなとみらいを散歩。
reerfJAM (5)

次に観る映画はARIA The CREPUSCOLO
今年一楽しみな映画なので、この日のために仕事や作業頑張ろうと思います。

劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編 感想

2020年 11月18日 18:30 (水)

お疲れ様です~
鬼滅だと伊之助とカナヲが好きなまさんです。

今更ながら鬼滅の刃 無限列車編を見てきたので感想を記します。
25466fffdfew.jpg

いつも通り、特に語りたい点だけをピックアップしていきます。

戦闘シーンが凄すぎる

さすがufotable
めっちゃ動きますし音の拘りも凄かったです。

魘夢の夢から覚めてからは最後まで戦闘シーンです。
ここからは体感5分で終わります。

魘夢vsの連携戦も見ごたえがありましたが
猗窩座vs煉獄のドラゴンボールみたいな
スピード感のある戦闘もたまらなかったです。

竈門炭治郎の幸せな夢

ここも非常に良かったし胸が締め付けられるようでした。

炭治郎がこの世界は夢であることに気付いて
家を飛び出し、その背中を家族が追いかけるシーンは
目を背けたくなるほどに辛かったです。

ずっと望んでいた幸せな日々(夢)から覚めるため
自らの首を切り続けられる炭治郎はメンタル異次元だと思う。
炭治郎の心が綺麗過ぎて結核の青年が改心するのも良かった。

煉獄さんがかっこよすぎる

これに尽きます。
この映画のピークや見所は、大体煉獄さんが持っていった印象。

特に最後の言葉『胸を張って生きろ』辺りからは
ボロボロ泣かされました。

無限列車編のポスターやEDで描かれるイラストも
煉獄さんですが、それも納得できる内容でした。

余談

ここからは映画感想とは別の話です。

上映前に大好きなB'zのCMが流れて
一人でテンションぶち上がってました。
DAY4はリアタイ視聴できるので楽しみすぎます。

上映後はテンションが上がった3歳ぐらいのお子さんが
ぜんしゅうちゅう!みずのこきゅう~!って唱えてて和みました(*´ω`*)

オムレツとハンバーグ食って帰宅。
mkiemttf (1)

家でもふわとろオムレツ食べられるよう精進します。

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 感想

2020年 09月19日 17:00 (土)

お疲れ様です。
近所のインドカレー屋からしか手紙が届かないまさんです。

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンを見たので感想をまとめます。
vaiore.jpg

アニメ本編の見返し、番外編が素晴らしかったこともあり
この映画の期待値はとんでもなく高いものでしたが
そのハードルを軽々と越えてきました。

良かった点

「伝えたいことはできる内に伝えておいたほうが良い」

 ヴァイオレットが序盤に言っていた言葉が一貫している映画でした。

 思い返してみると作品全体を通してこの言葉が一貫しているので
 ヴァイオレット・エヴァーガーデンのテーマであり
 伝えたいメッセージそのものなのかもしれませんね。

 当たり前なことだけど忘れちゃいけないことだと思います。

 久しぶりに親に電話することにしました。

ユリスくん周りの話

 リュカくんとの電話、家族への手紙はボロボロ泣いた。
 たぶん2回見ても10回見てもボロ泣きすると思う。

 「『あいしてる』を教えてくれた人、生きてたんだね。良かった…」

 ユリスくんは最後の瞬間までヴァイオレットのことを
 気にかけていたのもすごく印象に残っています。

 ギルベルトと会えるかもしれない状況の中でも
 ユリスとの指切りの約束を優先しようとする
 ヴァイオレットの姿にも胸を打たれました。

ディートフリートとホッジンズ社長

 視聴者が思ったことを代弁してくれるような台詞が多く、
 この映画でさらに好きになった2人です。

 「大バカ野郎!」と
 「麻袋に入れてヴァイオレットの前に放り出してやりたいわ!」
 は本当にその通りでスカッとしました。

 ヴァイオレットがいなくなった後、
 ホッジンズ社長がホロリと涙を流すシーンは
 娘が嫁に出て寂しさを感じる父親のようで
 もらい泣きしちゃいましたね。
 
ヴァイオレット・エヴァーガーデンの未来まで描き切った

 流れる時代の中で変わっていくもの。
 手紙だって例外ではなく、時代と共に
 人を繋ぐ主な手段は手紙から電話へと変化していきます。

 伝える手段が変わっても
 そこにある想いはいつの時代も同じ
なんですね。

 劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンは
 そんな未来まで描いて幕を閉じます。

気になった点

一点だけありますが、マイナスポイントではないです。

ギルベルト少佐

 穏やかな日常を過ごしてほしいと思いながらも
 戦争に駆り出してしまった過去を悔やむ余り、
 ヴァイオレットは不幸な子だったと決め付けているのは
 かなり不快に感じました。

 今まで登場したギルベルトはヴァイオレットにとっての
 優しくて強い少佐の姿でしか登場していないため
 きっと劇場版での優しすぎて不器用すぎる少佐が
 本当のギルベルトなんだと思います。

 劇場版で弱い部分を描いたからこそラストシーンと
 兄弟のやりとりの感動はとんでもなく大きいものになりました。

 最後は手紙を通じて心を動かすのもこの作品らしくて良いですね。

本当に素晴らしいグランドフィナーレでした。
この作品に思い残すことはありません。
hibrdfe.jpg

ちなみに入場特典はヴァイオレット・エヴァーガーデンIfでした。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンに関わったすべての方々、お疲れ様でした。
この作品との出会いをくれて、本当にありがとうございました。


【Amazon.co.jp限定】『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』主題歌「WILL」


伝説の超蛇足

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンに感動しすぎて
湘南の映画館でう〇こ流し忘れた人は†悔い改めて†