05月 « 2018年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

リズと青い鳥 感想

2018年 05月03日 18:30 (木)

こんにちは!まさんと申します。
5月3日(木)横浜ブルグ13にてリズと青い鳥
観に行ってきたので感想を語ろうと思います。
1525331611750.jpg
1525331602582.jpg

入場特典
1525339637838.jpg

リズと青い鳥の印象について

とにかく繊細な作品という印象を受けました。
今作の元となる響け! ユーフォニアムはスポ魂青春物語+心理描写が
とても丁寧な作品という印象があったのですが
リズと青い鳥はその心理描写に強くフォーカスが当たっています。
約100分間、みぞれと希美の関係をず~っと描いています。

会話パートが少ないので体や表情でのサインを多用しており、
敢えて台詞数を少なくしている印象を受けました。
何週も見ないと、髪や脚のカットの意味に気付くことはすごく難しそうです。

言葉で上手く表現できそうにありませんが、
この作品独特の何ともいえない閉塞感を感じましたね。

表題曲としてのリズと青い鳥の物語はすごく分かりやすく描かれていたので
みぞれに感情移入がすごくし易い構成になっていたこともお見事。

鎧塚みぞれと傘木希美について

尊い。

・・・の一言に尽きるのですがそれ以外にも語りますw

まず、みぞれは希美が大好きで全てだというブレない姿勢で、とても好感が持てました。
ufgff.jpg

個人的にユーフォニアム内で一番好きなキャラクターになりましたね。
照れたり戸惑いながらもたまに見せる笑顔が可愛すぎる。

言葉にしたり、相手に伝えることが苦手な不器用さを持っている娘ですが
希美が全てという強い心の芯故の行動をいつも取っていたので、
良い意味で分かりやすい娘だと感じました。

みぞれは自分の事をずっとリズ(青い鳥を広い世界へ解き放つ)側の
人間だと思っていましたが、最後は希美の為にこれまで頑張ってきた音楽で
みぞれ自身が広い世界に羽ばたいていく。これがハッピーエンドじゃなくて何なのか。

希美は終盤までどんな思いでいるのか掴めず、不安定な感じがして心配になりました。
みぞれが音大を受けると聞いた時の行動で、あぁ最初から希美は
自分がリズであることを知っていて、青い鳥(みぞれ)を閉じ込めておきたいが故に
付かず離れず、でもみずれのピンチ(図書館のシーンとか)には駆けつける
ポジションを貫いていたことに気付きました。

最後の「みぞれのオーボエ大好き」はずるいですよ・・・。

希美はみぞれが大好きだけど、敢えてこの言葉を選んだのは
みぞれ(青い鳥)を広い空へ飛び立たせる為だからとしか考えられなかったです。
ハグ後、最後のいろんな感情を含んだような「ありがとう」は
みぞれ(青い鳥)との決別でもあったんだと思います。

いろいろ語る

▼剣崎梨々花について

みぞれを外の世界へ連れ出そうとして、作中で少しずつ
仲良くなっていく過程も見ていて微笑ましかったです。
重めのシーンが多い為、明るい梨々花の存在が
この映画のテンポを良くしている印象を受けました。

▼演奏シーンについて

映画館で鳥肌立ちました。脱帽。
直接、劇場に観に行くか家に良い音響環境を整えて
観ないと凄さが伝わらないと思います。
音だけでなく目線や息遣い等の描写も細かく描かれていました。

▼締めについて

おぉ終わりなのね・・・とちょっとびっくりしました。
確かに「リズと青い鳥」としての物語は終えたと思うのですが
その先をもう少し見てみたかったですね。卒業までとか(さすがに厳しいか)

EDのSongbirdsは凄く好みの曲でした。

▼その他雑記

・昔、実家であの小さいフグ買ってて懐かしくなりました・・・。
・一番笑えたシーンは大前久美子の気の抜けた挨拶。黒沢ともよ氏は天才。
・やはりポニテ先輩はぐう聖。デカリボン先輩も聖。
・高坂麗奈に対しては苦手意識があったのですが今回はGood Job!
・帰りにハッピーアイスクリーム買って帰りました(誰得情報)
1525338367038.jpg

リズと青い鳥、とても尊い映画でした。
観に行こうかと迷っている方がいたら、ぜひ劇場に足を運んでほしいです。

この世界の片隅に 感想

2018年 02月10日 18:00 (土)

こんにちは!まさんです。

映画「この世界の片隅に」を観に行ったので感想をまとめていきます。
hfhfwe.jpg

とはいっても感想の前にいろいろ駄べらせてねw

まずこの作品を観ようと思ったきっかけは面白い作品をたくさん知ってて
信頼できるブログ相互の方やリアルの知り合いからの強い薦めがあったからです。
薦めてくれた方には本当に感謝しています。この作品は極力、映画館で観るべきです。

1年以上前の作品なのでリバイバル上映扱いなのか
1100円とオトクな価格で観られたのもありがたい。
観てなくて興味のある方は今がチャンスです!

あと映画を見る際はだいたいみなとみらいか川崎なのですが
最近はグルメ欲も強いので映画後に海鮮丼でも食べようと思い、
今回は茅ヶ崎のイオンシネマまで行ってきました。
1518245772203.jpg

実家の近所にイオンがあったから愛媛を思い出すなぁ・・・

朝に行ってきたので席はあまり埋まっておらず
プレミアムシートとやらのド真ん中を陣取りました。

さて!楽しみに待っていた映画を観終わった後ですが・・・

何も考えられない

じわ~っと何分も何時間も掛けて映画の内容や余韻が
フラッシュバックしてくるような不思議な感覚を
今も味わいながら記事を書いています。

「戦争はダメだ」とか「周りの人を大事にしよう」みたいな
メッセージを伝えたい映画なのかと思って観に行きましたが
少し違っているような気がしました。

個人的に一番この映画から感じたのは人の強さ

一番近くに居てほしい人が常に危険に晒されて、
右手も失い大好きだった絵を描くのが難しくなり、
目の前で晴美ちゃんが亡くなってしまって責められて
周りの人間や自分も傷つきながら、それでも戦争に勝つことを
信じて待っていたにも関わらず敗戦してしまい
今では想像もつかないような厳しい環境の中でも、
この映画の主人公のすず達は、それでも強く生きている。

「居場所」というのもこの作品のとても大事な要素だと思っていて
居場所があるってだけで人はこうも強く、変われるんだなと感じました。

食事や料理、買出し、洗濯などの描写が
とても多くすずの周りの生活の変化が
これでもかというぐらい色濃く描かれていたので
すずの生活を中心に物語が創られていたのも
その時代の情景がイメージしやすくて良かったです。

言葉では上手く伝えられる気がしませんが
とにかく日常シーンのひとつひとつが尊く、心が震えた。
むごいシーンも多々ありますが、それでも心が震えた。

径子さんとのシーンと最後の女の子とのシーンは泣き過ぎましたね。
すずが家の火を必死に消そうとするシーンも強烈に頭に残っています。
初めてすずと周作が衝突するシーン、すずが「居場所」を見つけるシーン
心に刺さるシーンは観る人の環境や気持ちによって大きく変わりそうです。

ハッピーエンドではないかもしれないけどバッドエンドでもない。
でもすず達はきっと幸せになってくれる。そう思えた〆でした。
エンディングでその後を描いてくれたのも未来に希望が持てて救われました。

優しいタッチの絵も作風にマッチした音楽もとても素晴らしい映画です。
主人公すずを演じたのんさんの演技はハマリすぎてて恐ろしかった。
キャラクターにちゃんと魂が宿っているというか、
すずの声はのんさん以外にありえるのかってぐらいベストマッチでしたね。

繰り返しにはなりますが興味があればぜひ劇場に足を運んでほしいです。
今なら1100円で観られますしね。

観終わった後、トイレで鏡見たら目が真っ赤だったのは自分でちょっと引いたw

ハンカチは持っておきましょう。

ここからは映画とは関係ない話になりますが上映後は海鮮丼食べに行きました。
1518245756570.jpg
1518245765332.jpg

めちゃくちゃ美味しかったです。
とくに鰤(ブリ)がプリップリでしたよブリだけにね

大好物が盛られたどんぶりは見ているだけで目の保養。
なにより白飯が普通に食べられていることにじ~んとくるものがありました。

「この世界の片隅に」に関わった方、薦めてくれた方

ありがとうございました。

ラブライブ!サンシャイン!! TVアニメ2期!みんなで上映会!!(10~13話)を観に行った日の話

2018年 01月02日 09:00 (火)

今年もシャイニーな年にしましょう!Aqoursおみくじはあいにゃ引いた@まさんです。
ラブライブ!サンシャイン!! 2期最後の上映会を観に行った
12月30日の話を記事にします。
1514787137883.jpg

18時にみずあめくん(blog)と東京駅集合!
1514710278617.jpg

LV劇場は新宿バルト9なのにも関わらず
なぜ東京駅に集合したのかというと・・・
1514710296720.jpg

そう、μ'sの名曲Snow halationの聖地を一目見るためです。

スノハレはラブライブにどっぷりハマるきっかけになった思い出深い1曲であり
ラブライブ楽曲の中で最も好きな曲です。
最終回を見届ける前にこの聖地に立った瞬間、不思議と誇らしい気持ちになりました。

さあ!聖地巡礼後は夕食の場所を探します。
東京駅付近はラーメンストリートなどもあり
飲食店探しに困ることはなさそうですがあまりにも人が多すぎる。
どこも行列で入店が困難だった為、新宿に向かうことにしました。

新宿で辛つけ麺と唐揚げずら!
1514710237029.jpg
1514710227733.jpg

大盛りにしましたが500グラムのつけ麺に慣れている身としては
ペロリと完食できる量でしたね。
胃袋も程よく満たされた状態で上映会を迎えることができました。

2017年12月30日23時頃。ラブライブサンシャイン2期は最終回を迎えました。
rasaiyuvdd.jpg
bdkffefw.jpg

大迫力の環境で最終回を見届けてきました。
大好きな作品だからこそ、物語を綺麗に締めてくれて良かったです。

もちろんアニメ本編に関して言いたいことは良くも悪くも山ほどありますが
精一杯輝こうとした軌跡を描いた締め方は絶賛したいです。

最終回上映後は下記の2年生組キャストが登壇されました。

誇らしげな表情の伊波杏樹さん
号泣している逢田梨香子さん
涙を我慢している斉藤朱夏さん

映画化発表はもちろん嬉しかったですが
それ以上に映画化発表があった瞬間に
涙が溢れ出したしゅかしゅーが印象深く、
貰い泣きしてしまいました。

ずっと泣いてたりきゃこと堂々としていたあんちゃんからも
感動と活力を貰えたので今年最後のイベントが上映会でよかったと思います。

あと劇場でのWATER BLUE NEW WORLDは圧巻でした。
ddsasefxdgd.jpg

フルと3rdLIVEの演出次第ではAqoursで一番好きな
未熟DREAMERに並ぶぐらい好きな曲になるかもしれません。

絶対に3rd LIVE当選して生で見るんだ・・・!

大満足の上映会が終わり新宿バルト9を出たのは23時半前。
俺は横浜付近に住んでいるので・・・

終電逃しました\(^o^)/

まぁ素晴らしい上映会だったので終電逃したぐらいたいした問題じゃない。
この時のテンションなら全てを赦せる気がします。アニメや音楽が持つ力ってすごい。

ありがたいことに終電逃してないみずあめくんが
朝まで付き合ってくれたので上映後も楽しい時間を過ごせました。
たぶん一人だったら磯丸水産で一晩中酒飲んでたと思いますw

せっかくだし神田明神に行こうって話になったので
新宿から御茶ノ水まで電車乗って目的地まで歩きました。
1514710737943.jpg
1514710214489.jpg
1514710202190.jpg

最終回を見届けた後に神田明神に来られたことは純粋に嬉しかったです。
来年の函館や3rdLIVEを含めたたくさんの素敵なご縁がありますように。

神田明神で参拝した後は暖かい飲み物が飲みたくなったので
ココア飲みつつポテトをつまみながら一晩語り合いました。
1514710722333.jpg

仕事やポケモンの話や深夜のテンションでダイヤちゃんしゅきしゅきぃ・・・って
リアルで言って笑ってたらあっという間に始発時間になりました。

2017年最後の大イベント、最高に楽しかったです!

ガールズ&パンツァー最終章・第1話 感想

2017年 12月10日 10:00 (日)

パンツァー・フォー!@まさんです。
タイトルのとおり早速、映画の感想を駄べっていきます。
1512836755660.jpg

ガルパンはいいぞ

以上です。・・・と言いたいところですがそれ言うだけなら
ツイッターでよくねって気がするのでもうちょい深堀りします。

特典色紙はまこさお。強い(確信)
1512836830863.jpg

内容の話をするとまずガルパンはやっぱり劇場映えするなって思いました。
全6章とボリュームのあるストーリーですが一切手を抜いていない
映画クオリティの作画。爆音も凄まじい迫力です。

そしてOPがくっそかっこいい。
佐咲紗花さんはグリザイアや日常をちょくちょく聴いてて
好きな歌手ですし映像とも合っててテンション上がりました。

今作で登場する新キャラクターが集うサメさんチームも
個性強めに描かれてて良かったと思いますw
みぽりんが肉弾戦も強いことが分かったシーンはお気に入り。

BC自由学園の戦術もお見事で偵察から既に戦いは
始まってたのかと驚かされましたね。マリー大物感あるよな。

気になる〆だったので次回もぜひ劇場で見たいですね。
とても良い映画でしたが気になったところもちゃんと書いておきたい。

まず無理矢理引き伸ばしてる感が半端じゃないですw

河嶋さんの留年阻止の為に戦うのはいいんだけど
その話を引っ張るなら6章まで分ける必要なくね?って思ったり
いい引きだったけどえっここで切るの?ってことを思いました。

でも1章の出来自体はとても良く、今後も期待できそうなので
2章以降も劇場でガルパンの結末を見届けようと思います。
ガルパンは劇場版が素晴らしい〆だったので
最終章は蛇足にならないか正直不安はあったのですが
1章でこの出来ならたぶん大丈夫だろうって気がしてます。

それにしてもみぽりんは可愛いですね。
1512868675355.jpg

西住姉妹がほんと好きです。
今後の活躍も楽しみですね。

ラブライブ!サンシャイン!! みんなで上映会!!(5~9話)を観に行った日の話

2017年 12月03日 20:00 (日)

ダンスなう!はいどうも@まさんです。
タイトル通りラサ!上映回に行ってきた日の
話をいろいろと駄べっていきます。

12月2日は上映会の前にみずあめ(ライラプスぽけ)くんと
国際ロボット展を回る約束をしていたので
13時に東京ビッグサイト集合しました。
1512269130278.jpg

で か い

某イベントでは駅近くまで列が続いていると聞いたことがありますが
人ごみに酔う俺は無理ですしんでしまいます。
人はそこそこ多かったもののスムーズに入場できて感動でした。

まず驚いたのが施設の広さです。
個々のブースを真剣にまわったら3日ぐらい掛かっちゃいそう。
見慣れないものも多く「しゅごい・・・」としか言えなかったですw

あと昼食はビッグサイト内でいただきました。
1512269204343.jpg

みずあめくんがラーメン頼んでラーメンずらってツイートしてたから
エビチリ/油淋鶏/麻婆豆腐/チャーハン頼んで俺もラーメンずらってツイートした(沼)

ロボット展には家族連れが多く見受けられましたが
小さいうちからロボットやプログラミングに興味をもつ、
知っておくというのはすごく大事だなぁとしみじみ感じました。

すごーい!っていいながらいろんなロボットに興味を示す子供達が
たくさんいたのでほっこりしました。ロボットが好きなフレンズなんだね。

せっかくロボット展に行ったので撮ったものを一部乗せときます。
1512269157331.jpg
a1512269140319.jpg
1512269184164.jpg
1512269167112.jpg

撮影OKかNGか分からないロボットが多かった為、
写真の枚数は少なく、場所の雰囲気などが伝わりづらいかもしれませんが
たくさんのロボットが見られて良い刺激になる楽しい時間でした。

ITに関わるイベントに行くとアルゴリズム○ねって思いながらITパスポートや
基本情報勉強してた学生時代を思い出します・・・その気持ちは今でも変わっていません

さて!ロボット展を後にしたらLV劇場の川崎チネチッタへ向かいます。
まだ時間に余裕があったので劇場の近くのガストで早めの晩飯!
1512269221727.jpg

ラサ!やポケモンや仕事のこと駄べってたら
あっという間に開演の時間が近づいてまいりました!
a1512269214231.jpg
1512269230100.jpg

涙枯れたわ

やっぱ映画ってすげぇわと思った上映回でしたね。
7話「残された時間」に関しては初見時より心にきたぞ・・・。

廃校が気にかかってる筈なのに3年生にとっては
最後のラブライブだから絶対に優勝したいと
力強く宣言するルビィちゃんの姿に涙腺爆発した。
この回で流れる空も心も晴れるからは切ないけど頑張る活力をくれます。

入場特典のポストカードはこんな感じ
1512282275395.jpg

最新回9話「Awaken the power」については
何もかもが最高で驚きだらけの回でしたね。
ssnhakoda (2)

ラサ!の物語は話が進むに連れて終わりに向かっている筈なのに
あたらしいはじまりを強く感じさせる話でした。

新曲のAwaken the power、曲はもちろんですがカメラワーク最高すぎない!?

ルビりあが回転して歌うパート交代する演出も凄かったし
輝きを増す背景から聖良お姉さまが歌い出すところは
鳥肌立ちすぎて心臓跳ねて失神しそうでしたよ。
最高だと言うしかないです。

上映回キャストトークは1年生組が登壇されました。

全員がフリーダムすぎて進行役のふりりんが進行できないということが
多々発生していましたが普段から仲良さそうでふざけあっている感じが
出ていたので見ていてほっこりしたし楽しかったですね。

そしてまさかのスペシャルゲストはSaint Snowのおふたり。
このサプライズはあまりに予想外でした。

鹿角聖良お姉さまのCV:田野アサミ さんは落ち着いてる綺麗な方で
足にしっかり筋肉付いてていろんな意味で見惚れてました。
自声が聖良お姉さままんまでかっこよかったしとにかく美人です・・・。

鹿角理亞ちゃんのCV:佐藤日向 さんは最年少ということもあり
不慣れなんだろうなってとこもあったのですが「ラブライブ遊びじゃない!」と
「だんすなう!」などいろいろ小ネタ挟んで会場を沸かせていました。

そして重大発表・・・
ssnhakoda (1)

函館・・・行くかあぁ~!!!