07月 « 2016年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

このブログについて

2030年 01月01日 00:00 (火)

主にアニメ、ゲームを中心とした駄べりが多いです。
記事はネタバレ要素を含む事があるのでご注意ください。

どんな物が好きかの詳細は長くなりそうなので右のプロフィールに書いてます。

相互リンク、ポケモン対戦などはコメント欄にお願い致します。大歓迎です!!

3DSフレンドコード  0962 9676 1172

BW2最高レート1730 XY最高レート2009 ORAS最高レート2056

また好きなゲームやアニメの雑談などもブログを通してできるといいなぁと
思っているので気軽に拝見、コメントよろしくです(o^∇^o)ノ

ブログや配信,twitter等をしている方はURLも一緒にコメントいただけると嬉しいです。

※荒らし、詐欺等で気になったコメントは気付き次第返信せず即削除、拒否します。

Twitter もしているのでぜひどうぞ。
スポンサーサイト

JabbarwockyⅡ(素晴らしき日々) 感想

2016年 08月27日 07:28 (土)

素晴らしき日々ルートクリアしました!
dbjkhdfif.png

最高でした。クリア後に感じたスカッとした気持ちで記事を書いています。

由紀姉の最期シーンは素晴らしき日々ルートが特に感動しましたね。
水上由岐はこの作品で一番好きなキャラクターですがこのルートで別れを告げて
最後は悠木智守の人格が生き残り羽咲と生きていく結末の素晴らしき日々ルートがしっくりくる。

母親の真実を羽咲が語るシーンもここまで長かっただけにウルッときました…。
皆守と羽咲に関わる問題が全て解決したわけではないけどいい方向に向かった綺麗な〆。

この作品にはたくさんの哲学や伝えたいことがあったろうけど
自分の幸せに理由も理屈も必要ない幸福に生きろ
ってメッセージを受け取れたら十分だと思っています。

それぐらいクリアまでの30分ぐらいにこの作品で伝えたいことのまとめというか
とにかく名言と名シーンラッシュです。ここまで見てきたからこその説得力、重みもありました。

哲学等詳しい方は他にもっと受け取れるメッセージや謎があったかもしれませんが
あまりその手の知識がなかったとしても物語の完成度が高いので楽しめると思います。
中盤までは嫌いだったキャラが実は主人公だったって展開も面白かった。

ピアノを弾く3人のCGが揃い、あぁ…もうすぐ終わるんだなぁというなんともいえない想い。
最後に空気力学少女と少年の詩が流れた瞬間の清々しい気持ちが忘れられないです。

50時間程かけて「素晴らしき日々」をプレイして電波やグロ、ホラー、いじめ、レイプ等
見ているのが苦痛な描写が多々ありましたがそれでもプレイしてよかったと断言できます。

クリアすると真っ暗なトンネルを抜けて晴天の空を見たような清々しさと
俺も幸福に生きようって大きな活力をこのゲームからもらえました。

マイナスポイントはあるけどとにかく素晴らしいゲームだったっていう感情論なのですが
自分の中で素晴らしき日々は神ゲーって評価になります。
とにかく記憶に残るゲームになりました。

がしかし!あくまでも現段階での評価ですね。
まだ1ルート残っているみたいなのでまだまだ油断はできない。
ラストルート次第ではこの評価が覆る可能性もあります。
逆にこれまでプレイした最高評価の神ゲーを超えてくるかもしれません。

個人的にこの「素晴らしき日々」ルートが大団円で満足しているので
これ以上何をするのか想像もつきません。たぶんざくろか音無の話かな?
終わってしまうのは寂しい気もしますがここまできたら見届けるしかない。

さてさて、素晴らしき日々エンディングの感想記事なのでこの言葉で締めさせていただきます。

人よ、幸福に生きよ!

プレイ時間 47:51

健康と労働観について

2016年 08月25日 00:00 (木)

「持論」駄べりです。

ざっくりとした内容ではありますが自分が持っている仕事への考え方や
人生で何が一番大切か、たまには真面目に駄べりたいと思います。

追記にてご紹介。需要なくても駄べりますw

あくまでも主個人の持論や価値観の話になるのでなるほどこういうのもあるのかってぐらいの
ゆる~い感じで見ていただけると嬉しいです。

当たり前のことを駄弁ってるだけですがもしよければどうぞ
ちょいと愚痴あり注意

続きを読む

JabbarwockyⅡ(向日葵の坂道) 感想

2016年 08月23日 00:00 (火)

向日葵の坂道 クリアしました!
bduiife.jpg

爽やかに終わったなぁ…。

水上 由岐が消えず羽咲、智守にも見えて、卓司人格だけ消え去った
トンデモご都合展開もいいところかもしれません。

でもね…じ~んとはきました。3人で向日葵の丘で四葉のクローバー探してるだけなのにね
2人、いや3人か(?)にとってこんな「素晴らしき日々」が訪れる〆を見られて良かった。
俺はこんな終わり方があっても全然いいと思います。

すば日々らしからぬ、かなりハッピーな〆

俺はなんというかご都合過ぎる話はあんまり…ってタイプなのですが
話を読み終えた達成感でそんな問題は俺の中で吹っ飛んでますw

今回は羽咲にとってもBADな結果ではないのも良しです。
由岐が消えずにずっとこんな日々が続いていくような〆。
EDで流れたひまわりも綺麗で見入りました。

たぶん2,3章の分岐ルートのように救いのある話が今回クリアした√だと思うので
まだ油断はできませんがとにかく楽しみです。

プレイ時間 46:29

Which Dreamed It(5章) 感想

2016年 08月20日 00:00 (土)

5章は羽咲ちゃん視点での物語。
二時間弱でクリアできる控えめなボリュームですが内容は濃かった。
ndjrejrr.png

4章で行った複線回収をさらに深く掘り下げた章がWhich Dreamed Itで
羽咲ちゃん視点だからこそできる答え合わせがあって面白かったです。

特に鏡(ぬいぐるみ)が犯し尽くされ殺害されるシーンは衝撃でした。
2章では惨たらしく腹立たしい描写だった筈なのに5章ではもはやギャグシーンとも
とれてしまうほど滑稽でした。洗えば元通りだと抵抗した鏡の台詞を思い出しますよ。

あの初見殺しの黒影もまさか羽咲ちゃんだったとはなぁ…。

鏡 = うさぎのぬいぐるみ
司 = 羽咲 でありもちろん元ネタはらき☆すた。隠す気ナシの名前ですw
もし司(羽咲)がレイプされていたらと思うとゾッとします。

この章では智守はもちろんマスターや木村さんもかっこいいキャラしてました。
5章は完全に熱血妹ゲーと化してた気がしますw

ひとつの出来事、事件を多重人格とその周りの人間の視点で
ここまで描ききるってすかぢさんすげぇなって簡単な言葉でしか感想が表せないのが
もどかしいところですが素晴らしき日々も次で最終章。

ここまでプレイするのに精神を遣った作品もありません。
特別な思い入れのある一作になったのは間違いないので全√必ずクリアします。

プレイ時間 43:20